FC2ブログ

偽日本人の日本国籍抹消の上申を法務大臣にしました。

先日、ある偽日本人を『スパイ』と呼んだことで刑事告訴されて、取り調べられ、現在は検察へ書類送致されています。私は、この国の正義を信じて偽日本人を告発しました。この国はウイルスもテロも、スパイも防げずに、全ての責任を国民に押し付けています。仮に日本で脱法テロが起こり、それを警察に通報すれば被害者が告訴され取り調べられるならば、私たちの国に未来はない。

私には、この人物が偽日本人である証拠がありますが警察はそれを「無視」しました。仕方がないので、これを法務大臣に送りました。

恐らく、この件は法務省によって闇に葬られると思います。

武漢肺炎の件を見て欲しい。この国は、事実を捻じ曲げ、真実を封じ込めたために対応が遅れました。

今こそ、皆さんのご協力が必要です。

この上申書を、一緒に法務大臣に送ってください。

フェイスブックメッセンジャーかDMに連絡を頂ければ資料を送ります。



上 申 書

 

令和2年2月14日

 

法務大臣 森 まさこ 殿

 

東京都●●●●●●●●●●●●●●●

浅田 麻衣子

 

 

第1 上申の趣旨

下記の者について同人の戸籍の抹消手続をして下さい。

 

●井●良

1984年(昭和59年)●月●日中国湖南省衡陽市 出生

本籍 山口県防府市●●●●●●●●●●●●●

住所 東京都新宿区●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

第2 上申の理由

1 呉思国(後の日本名「●井●良」のこと)は、1984年9月2日中国湖南省衝阻(陽)市で、父呉也凡、母肖芳蘇の子(男)として生まれた。出生時の国籍は、両親が中国籍であることから中国籍である。

2 呉思国の父呉也凡は、1953年●月●日中国湖南省口音で、父呉健華、母周建清の子として生まれた。出生時の国籍は、両親が中国籍であることから中国籍である。

3 呉健華は、日中国交回復(1972年)後の1974年、本名藤●治という日本人であるとして本籍地(山口県防府市●●●●●●●●●●●、1922年(大正11年)●●月●●日出生)のある防府市役所に連絡し、いわゆる中国在留邦人であることが判明した。

藤●治は、中国湖南省衝阻市に居住していた(藤●治が呉健華を名乗った経緯は不明である)。

藤●治は、中国在留邦人であると判明した後も中国湖南省衝阻市に居住し、1991年12月23日同地で死亡した。

4 ところが、1993年1月28日、亡藤●治の中国籍の配偶者周建清(1924年4月19日生)から在中国大使に、亡藤●治と中国の方式で1952年●月●●日婚姻した旨の届出がなされ、受理され、山口県防府市●●●●●●●●●に亡藤●治を筆頭者とする戸籍が編成された。しかし、この婚姻届の受理は死後の受理であり、民法739条、同741条に違反し無効である。

5 そして、前同日、藤●健●(前記呉也凡のこと)が、1953年7月7日、父亡藤●治、母周建清の長男として、中国湖南省永州市で出生したとする出生届が、在中国大使に母により届出され、同人は亡藤●治の戸籍に入籍した。

 また、藤●健●の弟藤●康文(呉亦凡)が、1955年12月27日、父亡藤●治、母周建清の次男として、中国湖南省衝陽市で出生したとする出生届が、在中国大使に母より届出がなされ、亡藤●治の戸籍に入籍した。

6 ●井●良(呉思国)は、1994年8月2日、父藤●健●、母肖芳蘇の長男として、1984年9月2日中国湖南省衝陽市で出生したとして父により届出がなされ、父藤●健●の戸籍(山口県防府市●●●●●●●●)に入籍した。

 その後、同人は2012年9月2日婚姻し、山口県防府市大●●●●●●●●●に同人を筆頭者として新戸籍が編成された(本件戸籍)。

7 中国の国籍法は、二重国籍を否定し(同法第3条)、「外国に居住している中国人で、自己の意思で外国籍を取得した者は、中国国籍を自動的に失う」(同法第9条)と規定しており、●井●良(呉思国)は、1994年8月2日、藤●健●の戸籍に入籍した時点で、自動的に中国国籍は失っている。

 藤●健●、藤井康文も同様である。

8 ところで、●井●良は、2010年頃呉思国の名前で中国国籍を有している。

呉思国の中国の戸籍である常住人口基本信息表(2018年11月29日現在)によれば、呉思国(●井●良と同一人物)は、1984年9月2日、父呉也凡、母肖芳蘇の子(男)として、湖南省衝阻市で出生した漢族で、籍貫(本籍地)日本となっている。

  中国の常住人口基本信息表は、出生時に登録され、その後幼少時は5年毎、その後は26歳、46歳に登録更新されることになっている。したがって、呉思国の現在の常住人口基本信息表は、同人が26歳(2010年頃)に作成されたものである。中国の常住人口基本信息表は、新規或いは、更新登録にせよ本人の意思で行われるものである。

先に述べた通り、呉思国は、本来日本籍の取得により自動的に中国籍を失っており、中国籍は抹消されるべきところ、これが抹消されずにそのまま残り、呉思国はこれを奇貨として流用したものと思われる。

いずれにしても●井●良が2010年頃「自己の志望で」中国国籍を有している変わりはない(尚、常住人口基本信息表は、公安局が所轄し、本人が公安局に出頭し、公安局が写真撮影をして作成する。代理人で手続することは認められていない。このことも、同人の意思で取得したことを裏付けるものである)。

9 ところで、国籍法第11条1項は、「日本国民は、自己の志望によって外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。」と定めている。つまり、外国籍を取得すればその時点で自動的に国籍を失うのである。●井●良についていえば、2010年頃、中国国籍を取得した時点で自動的に日本国籍を失っていたのである。

  したがって、●井●良は日本の国籍から抹消されるべきである。つまり、●井●良は国籍喪失届を提出すべきであり、同人が提出しない場合は、同人の戸籍は職権で抹消されるべきものであって戸籍の正確性を守るために放置されるべきではない。

 よって、上申に及んだ次第である。

 尚、●井●良の父藤●健●も1999年(同人46歳)頃、中国国籍を取得しており、同様である。藤●健●は、2005年頃から呉也凡の名で、中国景徳鎮セラミック大学の教授を務めている。

10.また、貴職におかれては、●井●良は、日本国籍を失ったことにより、中国人として別途在留資格を有しない限り、不法滞在となるので、速やかに出入国管理及び難民認定法により退去を求めるべきである。

以 上

 

 




上申1上申2上申3


スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。