FC2ブログ

台湾が握る米中戦争の鍵。TSMCがF35設計を握るナゾ

【シェアお願い】台湾が握る米中戦争の鍵。

TSMCがF35向けフライトコントローラー/ディスプレイシステムの供給を握っており、台湾が米中戦争において米国が勝つか中国が勝つかのカギを握るというプロパガンダが今朝から流れている。


一箭穿心とは、一刺しでとどめを刺すということ。

F35やJ31がどんなに素晴らしくとも、TSMCのチップ供給が止まれば米国も中国も兵器を完成させられない。米中戦争の行方は台湾様が握っているという自慢話だ。

TSMCの社長はモリスチャン、しかし、3割は焦佑鈞様が実質的に支配している。

そして、TSMCは単なる半導体ファウンドリ(製造工場)。
では、F35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの設計はどこから来たの?

そういえば、2003年にカイザーエレクトロニクスが陳水扁元台湾総統に対して、台湾で製造するはずのマイロジック社のチップサンプル製造工程で不適切な妨害が入って製品製造が遅れているから、適切な対応をして欲しいとお願いをされていましたね。

kaiser.png

そして、陳水扁元総統は、青幇を恐れて介入しなかった。

それどころか、台湾調査局に、中山科学院とマイロジック社のF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステム設計を捜査で押収して、そのまま設計資料は全て行方不明になった。

マイロジックで設計をしていたのは弊社のCTO。

CTOが米マイロジックで設計したF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの設計情報は台湾で消え、その後、FBIの保護に入ったCTOも消えた。

設計に関わる全てが消えたはずなのに、いまやTSMCがF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの重要サプライヤー?

そして、焦佑鈞は未だにCTOと私たちを追いまわす。

なにか、不思議なモノを感じますね。





スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。