戸籍謄本から分かる 藤井一良君の年表 (222) - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

戸籍謄本から分かる 藤井一良君の年表 (222)

藤井事件が分かりにくいとのことなので、家系図と年表作りました。


図かい藤井家系図


西暦                   戸籍と政府からの事実

                           

1922年           105             恒二とヤヨノの子供として藤井治が産まれる。

                           

1943年                         学徒出陣

1944年                         学徒出陣年齢が19歳まで引き下げ。文系も出陣で、治も中国へ

1945年                         終戦

 

1952年           624             中国の方式で周建清と呉健華が結婚

1953年           77     呉也凡誕生(健夫)

1955年   1227           呉亦凡誕生(康文)

1966年                         文化大革命が始まる

                           

1972年           925             日中国交正常化

1972年           1017           藤井治からの手紙が防府市役所に届く

                           

1974年                         藤井治帰国が厚生労働省資料で確認

1977年       文化大革命終わる

1984年           92  呉思国が呉也凡の息子として誕生。湖南省にて。母は肖芳蘇

                           

1991年           12月23日 藤井治死去

1992年   94  藤井健夫は第二妻凌潔平と結婚

1993年           624日 在中大使(当時は國廣道彦?)から防府市役所へ周建清と藤井治の婚姻届が送付される。(死後婚姻は合法)

同日藤井健夫の出生届を在中大使から江東区長が受付

1994年           1012           藤井一良の出生届を中野区長が受付

                           

1996年           藤井一良が小学校五年として日本の小学校に入学

2012年           92 藤井一良と中野文が結婚(中国戸籍では独身)

====

です。


呉健華が中華民国人というのは、中国の中国人弁護士から聞きました。

藤井君が呉健華が藤井治さんであるという反論があるなら、いつでも訂正しますので公的文書の提示求めます。


皆さん、お気づきかもしれませんが、藤井君はブログで一言も「呉健華は藤井治のことです」と言わずに、ビデオで見せて他の人に言わせています。

そして、藤井一良君は一言も「僕は呉思国です」と言いませんね。

何故でしょうか。


それは、呉思国と藤井一良が「同一人物である」という公的文書がないからです。


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター