FC2ブログ

藤井氏がソースコードを持ち逃げし、一千万円の清算をしてくれない件について (205)

私が藤井君から一千万円を借りたというデマを流している人がいますが、
私と彼の間の借用書を見たことはありますか?

ないと思います。
何故ならば、お金を借りていないからです。

数年前の事件サマリーに詳しく書いているファーウェイスパイ事件の流れです。
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3597.html

まずは、藤井君との係争から始まります。

fc2blog_20190616070820199.jpg

まずは係争の中心となっている弊社のソースコード(エンコーダ)の話から。
弊社のソースコードは某大手カメラ企業にライセンスし、一製品に利用するごとに「約2000万円」のライセンス料を頂いております。

そのソースコードを販売したいということで、藤井君とは業務提携に関する契約を提携しました。

販売する際にソースコードのセールスポイントを勉強したいし、動産確認したいから見せて欲しいということで、私は彼のことを友達だと信じていたけど、ソースコード流出の懸念があるから一度お断りしました。

彼は「一千万円を保証金として預けるし、動作確認したらソースコードは返す」というふうに話していたので、そうしてくれるのかなと思いました。

それが、業務提携に関する契約書です。

彼は、その後連絡が途絶え、ある日、訴訟してきました。

金は「貸した金だから返せ」にゆがめられ、ソースコードは返すと一言も言ってきません。

この事件はいわば、家主が不動産を貸すときに借主に『保証金』を入れてもらったのに、借主が家に居座って「あれは貸した金だから返せ」と主張しているようなものです。

それを、「私が藤井氏から借金をした」と主張している人こそ、背乗りを救うための「デマ」を流しているといえます。

fc2blog_20190616070854dd2.jpg

彼は、証人尋問で、ソースコードを持っていることを認めています。
fc2blog_20190616070918383.jpg

深田「私どものソースコードというのは、いったいどこに行ったのでしょうか」
と聞いています。


fc2blog_20190616071012d7b.jpg

深田「そのソースコードは、今もデータはパソコンのなかにあるんですか」
藤井氏は、「今もあります」
と回答しています。

そして、その後、彼はソースコードを返還し、清算することはなかった。
現在も別訴が二件進行中ですが、彼が法廷に姿を現すことはありません。

ソースコードを返還し、弊社が被った損害を賠償したうえで清算してくれる日を待っています。

訴訟って、面白い仕組みになっていて、「対等」であることが重要です。
対等とは、「偽の訴訟」をして、他人の財産を奪おうとするインテリヤクザが横行しているので、「訴訟」するときは自分の財産を隠せないようにお互いの身元を確認するという意味で「戸籍」を取り寄せられるのです。

相手の身元を調べて、ウソの訴訟でこちらが被害を被った際には相手にも訴訟し返して損害を請求できるようにしないと「公正な裁判」ではなくなります。

それと、身分を偽る人もいるので「原告として適格であるか」という要件が満たせなくなり、原告不適格となる可能性があるからです。あるケースで、ある男の愛人が妻を装い家庭裁判所で離婚訴訟をして、裁判官を騙して離婚したケースがあります。本物の奥さんはビックリしたでしょうね。自分を名乗る愛人が「私は彼の妻ですが、離婚してもいいです」と証言して判決が出たのですから。

訴訟というプロセスで身分を偽ることは許されるべきではありません。
私は、彼に訴訟されて、戸籍を弁護士制度を通じて正式に取り寄せて、まず、彼がウェブサイトに乗せていた「山口県防府市生まれ」という話がウソだったということ、弊社のソースコードを返還せずに保証金だけを「あれは借金でソースコード関係ない。とにかく金だけ返せ」と請求する彼の身元がおかしいと思って調べ始めたのです。

因みに、私は藤井関連訴訟一件負けていますが、別の藤井関連では一件勝訴しています。
そして、あと二件が進行中です。

橋下徹さんは、どうしても背乗りを庇おうとしています。
「生体認証」は、既に中国が偽装も改ざんもできるツールを開発済みだし、ブロックチェーンはハッシュパワーを51%持てば改ざんできるので、中国は改ざんの為のデータセンターを持っています。

そもそも、藤井氏だけの言い分が正しくて、私の言い分がウソだし人権侵害しているというなら、私が被った被害を無視するのは公正な弁護士としておかしくないですか?

「若いねーちゃん、にーちゃん」
「廃刊は覚悟か」
なんて恫喝して、背乗りを庇うなんて、おかしいと思いませんか?

出生地情報は警察が捜査するときに一番取得する重要な情報です。
出生地は産まれた病院の場所の市区町村なので、そんなの差別の原因になるはずがありません。
そうすると、
橋下氏は「差別」を防止するためではくて、他の目的があるのではないでしょうか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>