コンプレックスと歯ぎしり解消の嚙み合わせ調整 (185) - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

コンプレックスと歯ぎしり解消の嚙み合わせ調整 (185)

ある人から
「保守派の女性って、コンプレックスあんまりないよね」
と言われて驚愕した。

この世にコンプレックスのない女性はいない。

特に、綺麗にしている女性はだいたい自分のこと「ブス」だと思っている。

「私は美しく産まれたから、女性美を楽しんでいるのよ~」
なんて女性は殆どいないのだ。

だから綺麗に見えるようにメイクして、ヘアメイクして、綺麗な服着て努力している。
時代が時代なので、努力してダイエットして金を掛けて肌を磨いてコスメでメイクしたら誰でも美人になれる時代だ。最後は書こうアプリだ。

一番、自分に自信があるのはスッピンにTシャツで出かけてニコニコしている女性ではないか。

私のコンプレックスは、声と童顔だ。

顔が短いので童顔に見えるのだが、このままでは憧れの天海祐希みたいな大人顔には程遠い。

歯ぎしりで歯が折れてスプリントを使った顎関節の矯正をしてから、ちょっと顎が前に出てきたので、歯医者さんが「じゃあ、歯を継ぎ足して高さをだしましょう」ということになった。

昨日は、その歯を高くする治療だったけど、二時間半もかかったのだ。

歯を高くしてかみ合わせを調整して、最初に気が付いたのは口のなかが広い!!

その時に思ったのは、中国語のan と ang -ngの使い分けができないのは、口腔内が狭かったからかもとか帰り道考えていました。

そして、帰ってからずっと「アンアン」言っている。
エッチをしているわけではない。
単に、広い口腔内を利用した苦手な発音を練習しているだけだ。

-ngの音は舌を喉の奥に下げてgの音を鼻に抜くんだけど、口のなかが狭いとgが自然な感じに抜けない。

余す課題は鼻炎かな。
鼻炎のせいで、anの発音が必ず少し濁る。

そして、一人「アンアン」言っている。

walkとworkの発音も試しているけど、下顎を下げやすくなったので、発音が改良されたかも?
lとrの口の開け方が違うんだけど、歯が高い分だけ口が動かしやすくなっていることを発見。

発音と言えば、余談だけど先日「bad とbatの発音の聞き分けどうやるか知っている?」と聞かれて、「aの発音」と答えたら、「当たり」と言われた。

中国語のピンインやってからリスニングはよくなった気がする。
ただ、サンフランシスコの英語は未だに聞き取りにくいと思うことはよくある。(涙)

嚙み合わせ調整をして面長になった自分を楽しむより、ずっとngの発音やウォークを使い分けの練習をブツブツ言っている。

最大のコンプレックスはやっぱり英語かなw
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

手術と発音

いつも楽しく拝見しています。


>昨日は、その歯を高くする治療だったけど、二時間半もかかったのだ。
>歯を高くしてかみ合わせを調整して、最初に気が付いたのは口のなかが広い!!
>その時に思ったのは、中国語のan と ang -ngの使い分けができないのは、口腔内が狭かったからかもとか帰り道考えていました。


歯を高くしたら、偶然にも、中国語まで上達してしまったんですね!?
ラッキーでしたね!
思い出しましたが、英語教育が盛んな韓国では、逆に、英語上達を狙って、子供の「舌を長くする整形手術」が、流行ってるそうです。
すごいですね!


米紙「韓国では英語発音のため乳児の舌の手術も」
中央日報/中央日報 2002年04月01日18時18分
https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=25623
「国家的宗教となった英語教育のため、韓国では舌の手術まで行われている。」

米ロサンゼルスタイムズは、韓国社会の英語早期教育が過熱しており、「英語発音を良くする」として5歳未満の幼児の「舌と口腔底をつなぐ部分」(舌小帯)を1~2ミリ切開する手術が広まっていると、先月31日紹介した。

同紙は「韓国は英語『R』と『L』の発音がよくできないが、一部韓国人はを舌小帯を切開すれば、舌を伸ばすことができ、柔軟性を高めるため、正しく発音できると信じている」として手術の背景を伝えた。

生後6カ月の乳児に1日5時間ずつ英語ビデオを見せ、7歳の子供を英語塾に通わせるなど、英語教育熱にとりつかれた韓国の親たちが主に病院を訪ねているという。同手術はソウル江南(カンナム)地域で流行っており、230~400ドル(約3万~5万3000円)の費用も彼らにはわずかな金額に過ぎないと同紙は伝えた。

英語の発音は、「舌」より「耳」が大事?

余談ですけども、英語の発音が出来ないのは、「舌」のせいと言うより、「耳」――英語を聞き取れていない事が、原因のようです。


米紙「韓国では英語発音のため乳児の舌の手術も」
中央日報/中央日報 2002年04月01日18時18分
https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=25623

さらに同紙は「韓国人に『R』と『L』の発音がよくできないのは、韓国語自体がこの2つの音を区別しないためであり、手術で発音が良くなるわけではない」という専門家の意見を紹介した。



michのぶろぐ (ビックリだらけの韓国生活)
https://ameblo.jp/itsskinmich0929/entry-11333876075.html

先生は
そういう手術があるんですけどね、意味ないですよ。
韓国人の舌が問題なら英語圏で生まれ育った韓国人もみんな発音が悪いということになるけど、そうじゃないでしょう??

ジャパングリッシュとコングリッシュ

また余談で、失礼します。
ちまたでは、ニュースなどで、
「日本人は、英語が下手。」
「義務教育を含め、中学・高校と6年間も英語を勉強しているが、全くしゃべれない。」
「日本人は、『R』と『L』の区別が出来ない。」
(いわゆる「ジャパングリッシュ」日本語式英語)
と話題ですね。

そしてこの話題、なぜか、韓国内でも広まっているらしく、逆に、
「韓国人は、英語教育に熱心で、みんな英語が上手い。」
と言う、自慢に繋がっている様です。
韓国人留学生が、よく、
「日本人は、世界で一番、英語が下手だ。」
と、言ってくるのは、このためかもしれません。

ただ、なぜか、韓国人の英語も、本場のアメリカ人が聞き取れなかったりします。
彼らの英語を聞いてみると、いわゆる「コングリッシュ」(韓国語式英語)。
かなり難解な物も有ります。


コングリッシュの例

オベンジョス/アベンジャーズ
ホナルドゥ/ロナウド(サッカー選手)
エーベンリシュワッチ/アーバンリサーチ(ファッションブランド)
ペミリマトゥ/ファミリーマート
ドノチュ/ドーナッツ
ペックス/ファックス、
コピ/コーヒー
メットゥナルドゥ/マクドナルド
ヘンボゴ/ハンバーガー
プランス/フランス
ペンディ/フェンディ
ペラガモ/フェラガモ
ティパニ/ティファニー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
4位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター