FC2ブログ

憧れは憎しみに成り易く、友と成り難し (179)

採用で「貴方に憧れています」という人は雇わない方針だという話を起業家友達にすると、けっこう「俺も!!」という声が聞こえた。

彼も「憧れてます」と言ってきた人を採用したら、嫉妬されたり、対抗意識を燃やされたり、「思ったのと違った」と言ってやめていったそうだ。

憧れはトラブルの素である。

理由は、

憧れ=幻想

であって、そうやって憧れを抱いてくる人のなかには、自分の中の課題を憧れの人に解決してもらったり、夢をかなえてもらえるかもしれないという幻想を抱いている。

そして、いつしかは憧れの人のそばにいることで、努力せずにその人みたいになれる。

と思い始めるが、当然そうはならない。

そして、

憧れが憎しみに変わる瞬間がやってくる。

ある女性が業界で有名な女性の悪口を言ってまわっていて「あの女は美貌を盾に〇〇の愛人をやってきた」と吹聴しているんだけど、もともとそのお二方は一緒に仕事をしていたみたい。本人はあまり売れないままで、もう一方の人は爆発的に有名になった。無論、美貌ではなくて、その知性からだけど、いつしか憧れが嫉妬になったんだろうなと思う。

先日、女性の先輩が、「いま、SNSで私の悪口吹聴しているこの人、もともとは『憧れています。お友達になってください』と言ってきた人なんです」と漏らした。

自分で何かをやろうと努力せずに、うまくいっているように見える人にコバンザメして楽して登ろうとする人は大志がない。

大志がない人は、小さなことばかり目を奪われる。

誰が自分よりお金を多く持っている、
誰が自分よりもてはやされている
誰が自分より偉い人に重用されている

そんなのどうでもいいことに目を奪われて、「あの人が重用されているのは、〇〇の愛人だからだ!」とか、「美人だからだ」と言い始める。

他人のことは忘れて、自分が人生で何ができるか、社会に何を返せるのか、次世代に何を残すべきなのかを一生懸命に考えたら、そんなことは全く気にならなくなると思うけどね。

自分は天と地の間に生命を受けた大自然からのギフトで、自分自身が人生最高のパートナー。
自分はちっぽけな人間だけど、自分で自分のことを「ちっぽけ」と言っては大自然に失礼だよね。

自分自身を裏切らないように生きるのが自分というパートナーをこの世に与えてくれた大自然の気まぐれへの返礼だ思うよ。

だから、私は自虐ネタは使っても自己卑下はしない。
スポンサーサイト



コメント

タルボットのり子

まったく同感。私は60代(女)、大学卒業してからずっと働いてきた。起業も数回し何人もの人を雇った。今、自分が社会に何を返せるかという視点で模索している。あなたの飾らない真っ直ぐな言葉、どんどん発信して下さい。同性として応援してます。スパイ防止法、1日も早く出来ることを願!
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。