FC2ブログ

【投資業界の逆指標】藤巻健史議員のポジトークに注目 (152)

伝説のトレーダー藤巻健史先生が、いつの間にか国会議員になってたと気が付いた今日この頃。

 ツイッター見ていると、「藤巻健史のような、ジョージソロスの投資アドバイザーになった人物こそ日銀幹部にふさわしい」というコメントがあったのでビックリしました。

 藤巻先生は、ギャグは面白いし、人柄もいいですが、課題が一つだけあります。 

私は二十歳から投資を始めて以来、「藤巻先生の話は一度も当たったことがない」という百発百中の逆指標として相場業界では、大変有難い存在として崇められています。 

二十年以上、藤巻先生が相場観について語ってきているのに、全く当たらないというのは、ある意味才能です。
あと、ジョージ・ソロスの投資アドバイザーになってますが、債券投資で失敗してすぐにクビになってます。(私は債券営業で利益を出し過ぎて、上司と利益の取り合いになってボーナス少なすぎて辞めました)

 わざわざITバブルが崩壊して資金が株から債券にシフトするタイミングで、「日本はダメだから国債は暴落する」というポジショントークに固執したのが仇になったようです。

相場にポジショントークは通じないので、政治の世界に入ったのかもしれませんが(;'∀')

そんな先生の話題の新作。
 

  
これまでの逆指標として強固な能力を発揮してきた彼の実績からすると、「日本は大丈夫で、仮想通貨はダメだ」という風に解釈できますね。「国際買うのを止めなければいいんだ」みたいなアドバイスです。

仮想通貨、別に反対しないけど、世界がデジタル通貨オンリーになって北朝鮮が電磁パルス攻撃した瞬間に、世界は大混乱で、やっぱり現物持っている人が強いみたいな話になりますよね。普通の記録媒体ですら、ちょっとしたことで記録が壊れるのに。

ITを勉強すればするほど、石板に刻印が最強の記録媒体だと思うようになりましたね(笑)
 


これ、リーマンショックの頃に出版された先生の著書です。

2004、5年頃からか日米金利差が開いて円売りがされていたのですが、それは「日本が危ない」から円売りがあったのではなくて、「日本が通貨として信用できるのに金利が安い」から円で借りて円売りドル買いがあった時代です。

なので、金融危機になると、円を返さないといけないから、円を買い戻し→円高みたいな局面でした。日本が危ない→日本の国債が売られて株も安くなり円も売られてトリプル安とはなりません。だって、日本国債買ってるのが日銀だって自分で言ってるのに、日銀はトレードしないから満期まで持ってますよね。

通貨は諸外国の金利と緩和量との相対的な力関係で動くので、日本だけを見ても仕方ないんですよね。





この本が出た頃は2002年ですが、これも強烈なポジショントークです。
元モルガン銀行支店長という肩書ですが、外資金融機関で出世するのは「相場観が当たる」人ではなくて「上司に徹底的にゴマする人」だということを私が知らなかった時代です。

ニューヨークで藤巻先生のこの本に出てくる秘書のシライさんにお会いしましたが、この本の通りのキャラの方で面白かったです。

藤巻先生は悪い人ではありませんし、面白い方だけど、全然相場の読みが当たらないんですよね。
普通のトレーダーだと相場ドテンするのに、信念曲げずにポジショントークを続けるところをみると相場師よりも政治家のほうがあってるのかもしれないですね。

為替ディーラーだった今井雅人議員のように、最後は福島瑞穂と一緒にモリカケやるようなことが無いように祈ります。(今井雅人氏が負けない為替ディーラーだったと言っても、銀行のカスタマーディーラーは右から左に注文流すだけなので、負けるわけないんですけどね!)

スポンサーサイト



コメント

-

雑談
古本屋で予測本みるけど当たらないですね
破滅論書く人は、毎年同じこと書いているのでいつかは当たりますね。
ホリエモンのフジ、ソニー買収計画は、
今のアップルだからすごいですね
日本の大きな問題は、これがわからなかったことですね。
最悪ソニーがライブドアを買収すべきだった。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

オズ

通貨は国力そのものなので、正直だし怖いですね。
約半世紀前、1£=1000円でした。スコッチは高値の花で、海外旅行のお土産でジョニ黒やジョニ赤を持ち帰リましたが、今や1£=140円、ジョニ赤など見向きもしなくなりました。
円は当面大丈夫でしょうが、経済面では経常赤字が常態化したらヤバいです。
其れより政治面で核ミサイルの恫喝に屈したり、少子化で自衛隊の求人難が顕著になったりすれば、中長期で円の減価はありえるでしょう。

-

No title
雑談つづき
ホリエモンのすごいところは、渋滞せずにライブドアのサイト運営してたところ当時akamaiに投資してて、すごい技術だと思っていた。虚業と言ってたマスコミは、腐ってると当時思っていた。

まだマスコミの強い時にたった一人で戦いを挑んだところを評価すべきだと思う。徒党を組まないとなにもできないネトウヨとリベラルより爽快感感じます。
電波オークションをいまだにできない政治家に未来はないと思う。遅かれ5Gで終了と思うので今はどうでもいいけど
彼の共産党とマスコミ対する考え方は、本を読むと共感できるとこあり、
心からロケット成功してほしいと思っています。
多分グローバリストで鎖国主義の自分とは、考え方は、違うと思いますが

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。