FC2ブログ

未来のこと 8 自分らしく生きられる時代 (143)


今朝は英語の先生と話をした。

結婚と出産が先進国では減っているのは何故かという話から、私たちに自由が与えら過ぎた結果だと答えた。

 

少子化を止めるには16歳から20歳で一度結婚出産して、25,26歳頃に子育てひと段落させて、そこから大学に行って就職を擦ればいいと思うと言うと、彼女は爆笑していた。だって、子供を産んで育てるとか、体力のあるうちのほうが楽だし、19歳で子供を産んだ知人女性は今、起業家になってバリバリ仕事ができているのも子供が小学生になっているからだ。彼女の生き方は正直うらやましいですね。今の自分は、将来自分の子供にも会うことはないだろうし、孫が遊びに来てくれるという楽しみすらない。キャリアを途切れさせないためにはサッサと子供を産み、30歳を新卒として女性が労働市場に参入するという生き方もアリだろう。

 

先生は、「AIが台頭した後の未来は個々人の良さが活かせて、もっと個々人の才能を活かせる時代がやってくる」と主張したけど、私は否定した。

 

理由は、

1.この世界で才能は求められていない。言いなりになる人間が求められている。

2.この世界で個性は認められない。望まれた個性は称賛されるが、望まれていない個性はバッシングに遭うのが世の常だ。

3.昔のほうが、個性が認められていた。例えば、発達障害問題が言われているが、一昔前なら発達障害っぽい人は「天然ボケキャラ」として認められていたし、クビにもならなかった。遅刻しても「仕方ないな」で終わり。その分頑張れば認められたのだ。時間通り、平均的なパフォーマンスを求められる時代になったからこそ、能力のばらつきは「障害」呼ばわりされる。私からしたら、アスペルガーっぽい人は表裏が無くて決まったことを決まった通りにやるので付き合いやすいし、ADHD系の人は人たらし系が多くてうらやましいと思っている。

4.その一方で表現力の高い人は有名になって、食っていける時代になる。

5.殆どの人は他人から認められるほどの才能がない。(自分を含め)

6.逆に才能を使わずに楽しく生きていけるほうが大事。

と言ったら、先生が爆笑していた。

 

私からしたら、個性的な人を活かすよりも、大多数を占める普通の人が普通に生きていくことを考えるのが大事だと思う。普通の人の生活の品質が下がっていく未来を恐れるべきだ。

 

そもそも「個性」や「らしさ」は不思議なもので、それを強調しようとすると消えていく。

 

芸術をやっていると自由に描いた絵が没個性的なのに、デッサンでは各自の消しきれない個性が輝く。

 

時代のサイクルは早くなり、「個性」を発揮できる瞬間も短く、すぐに消費者に飽きられていく。

 

大企業に入った人以外は将来の見通しが立たないと嘆く。

自分自身もそうだ。

以前のように、「将来はこれで儲かる」という未来図は見えない。

AIにできないことに掛けるか、AIの世界を加速させるほうに掛けるか。

前者はいつでもできるが、今の経営者としてのポジション的には後者。

6年前に「中国は既に戦争を仕掛けている」、「スパイ事件は問題になる」くらいは感じたが、二十代の頃のように「何が儲かるのか」という部分が見えてこない。

 

自分は5年10年という長期投資でこれまで財産を築いてきたけど、今、何にかけるべきかが分からない。あるとすればムーアの法則の終焉と量子コンピューター時代の幕開けの、その隙間だけがチャンスだが半導体産業は台湾中国に牛耳られていて、妨害工作もすごいし、スパイ防止法はない。

 

地道にスパイ防止法啓もう活動をしながら、仕事をするしかない。

選択肢がなくなって戦略が一つしかないというのも、意外とこれが自分らしさなのだろうか。

 

どんなに制限されていても、人はいつでも自分らしい生き方しかできない。

なので、英語の先生の話は半分は既にかなっているともいえる。


ブレスト続く

スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。