ジャパンディスプレイとパイオニアが危ない (101) - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

ジャパンディスプレイとパイオニアが危ない (101)

パイオニアの元エンジニアから、
「深田さん、パイオニアがファンドに買われて上場廃止になるのですが、どう思いますか?」
ときかれて、え、パイオニアが!?と思って慌ててみてみました。

2015年12月に転換社債発行の発表直後から、株価はダダ下がり。
なんだか、MSCB発行で潰れたエルピーダの二の舞を彷彿させるなぁと思いました。
MSCBは「転換価格修正条項付き転換社債型新株予約権付き社債」の略称で、株価に転換するときの価格が、株価が値下がりするに応じて転換価格を下げていくというシステム。

パイオニア株チャート 
パイオニアの場合は引受先が中国共産党と二人三脚してたドイツ銀行の関連会社、ドイツ証券。ここもモラルが低くて、数年前に金商法違反で逮捕者を出していた。

概要を見ていると、「120%ソフトコール条項付第1回無担保転換社債型新株予約権付社債」で、MSCBとは仕組みが違うはずなのに、転換社債を発行する数か月前から株の出来高が増えているのもちょっと怪しい気がするなと思いました。

今回の売却先はベアリング・プライベート・アジア・エクイティ(BPAE)ということですが、あの潰れたベアリング銀行の元関連会社みたいです。

が。

引受先のBPAE子会社Wolfcrest Limitedは昨年、8月に設立されたばかりで、住所は

Citco Fund Services (Ireland) Ltdと同じです。


たぶん、ペーパーカンパニーで、パイオニア株を安値で引き受けたら、そのまま中身はチャイナだったりするんじゃないのかなと自分のなかで憶測を呼びました。

しかも、パイオニアが身売りする理由があまり見当たらないんですよね。潰れた要因は300億円のソフトウェア開発であって、「それ必要だった?」という疑問が残る。そもそも無理せずに人員をある程度整理しておけば、十分再建を図るだけの余力があったのです。

裏ディールを感じますね。

パイオニアはそれなりに価値がある会社であることは事実ですが、単なるファンドが買収してもなんのうまみもシナジーもないんですよ。金融屋って金勘定しかできないので。技術系事業会社って、垂直統合系の買収じゃないとうま味がないと思います。

ドイツが噛んでる時点で、裏で中国動いているんじゃないのと思いますが、買収先が去年出来たばかりのペーパーカンパニーで、しかもその会社がいきなり1000億円近いお金を出すとか。

去年末にジャパンディスプレイに中国がアプローチしていましたが、パイオニアも実は有機ELディスプレイを作っている。この二つが取られちゃったら、日本からディスプレイを製造できる会社が、数えるだけになってしまい、公正な競争が保てなくなるでしょう。

しかも、パイオニアはカーナビで大手です。
再建は簡単なわけですし、地図情報が外資に握られてもいいのか?と疑問に思いますね。

しかし、日本には米国のようにCFIUS(対米外国投資審査委員会)がないので、日本政府はほったらかしで放置なんですよ。

パイオニアが外資に取られたら、シャープの二の舞のように仕事を失う人が社員だけでなく、下請けにまで波及します。そのことを、与党も野党もは全く持って無視なのでしょうか。

産業なくして、この国の経済発展はありえませんからね!

スポンサーサイト



コメント

この手の話はもどかしく、悩ましいですね。

地図は大問題

同社は、工場装着のカーナビや、100%出資の地図の子会社を通じて、自動車メーカの動向や技術に自然にアクセスできる関係のハズ。これから進む自動運転のことだけ考えても大問題だけど、そもそもデジタル地図の会社が中国資本になってしまうのは安全保障面からアリエナイ観満載。

No title

地図情報はゼンリンでパイオニアではないでしょう。
欲しいのはナビ技術でしょうね。
中国はGPS衛生網を独自に作ろうとしてますから。

No title

すいません。
ジャパンディスプレイには有機ELはありません。
パイオニアが強みを持っていたのはカーオーディオ+ナビですが、今は据え置き型ナビはほとんど売れなくなっています。
それを踏まえたご意見をお聞きしてみたいです。

海航集団、ドイツ銀行株を売却へ 米紙報道

>ドイツが噛んでる時点で、裏で中国動いているんじゃないのと思いますが、
>買収先が去年出来たばかりのペーパーカンパニーで、
>しかもその会社がいきなり1000億円近いお金を出すとか。


・・・果たして、ドイツは、中国マネーと縁切りできたのでしょうか?



海航集団、ドイツ銀行株を売却へ 米紙報道
日本経済新聞【ウィーン】2018/9/7 19:13
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3511446007092018FFN000/

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)報道
中国複合企業、海航集団(HNAグループ)が、保有するドイツ銀行の株式を、売却する方向で検討。
海航集団は、ドイツ銀行の株式の7.6%を握る大株主。
積極的に海外投資を進めてきたが、経営の悪化で資産売却を急いでいる。
今後1年半をかけて段階的に処分していく。

海航集団は、今年、米ヒルトン系列会社の持ち株や不動産などを売却。
傘下の航空機リース大手アボロン・ホールディングス(アイルランド)の株式の約3割を、オリックスに譲渡。
相次いで資産を手放している。

海航集団 共同創業者 董事長 王健氏が、7月、出張先のフランスで急死。
混乱が続く。

中国当局、借金に依存する同社の経営戦略を問題視。
経営の急速な悪化を懸念。

7日、フランクフルト株式市場で、ドイツ銀の株価は朝方、大きく値下がり
ドイツ銀は3年連続の最終赤字
業績の不振。
投資銀行部門の縮小、リストラを急いでいる。
海航集団による株式の売却が、直接、業績に影響する可能性は低いとみられるが、
当面は低迷する株価の重荷になりかねない状況。

ドイツ、中国に警戒、日本と連携方針

>ドイツが噛んでる時点で、裏で中国動いているんじゃないのと思いますが、
>買収先が去年出来たばかりのペーパーカンパニーで、
>しかもその会社がいきなり1000億円近いお金を出すとか。


・・・ドイツは、中国(マネー)と親密にしてきましたが、どうやら、チャイナリスクよりも、日本との連携を考え始めた様です。
「日本ほど法の支配を実践する国は、(アジアで)他に無い。」と評価。(中国と比較して?)

歴史的に「ドイツが入ったチームが負ける」という法則、が有るので、個人的には、ドイツと組むのは、微妙です。
(ちなみに、歴史的に「朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。」という法則も有ります??)


独メルケル首相 きょう3年ぶり訪日
NHK 2019年2月4日 4時52分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190204/k10011802351000.html

今回の訪問にはドイツ企業のトップらが同行、
経済面での関係強化を図る
大手電機メーカーの最先端技術を視察
国際競争が激しくなっているAI=人工知能などのデジタル分野での日本との協力を確認。

ドイツはこれまで、中国との関係を重視する傾向。
近年、先端技術の流出などへの懸念が高まる。
今回の訪問で、日本と中国との間でバランスを取りたい思惑も。

中国に警戒感の一方 日本との連携に期待
貿易立国ドイツ、近年、巨大市場の中国との関係を強化
貿易面での中国への依存も進む
ドイツ、フォルクスワーゲンは、世界販売台数の約4割が中国。

ここ数年、中国企業によるドイツ企業の買収が急増
先端技術の流出、安全保障への影響に対する懸念高まる。

ドイツ政府は去年12月、中国企業による買収を念頭に、投資を認める審査を強化。

ドイツ経済団体「ドイツ産業連盟」、先月公表の提言書:EUやドイツ政府に対し、知的財産権や技術の保護で中国に対抗するための対策を求めた。

ここへ来て、ドイツ、日本との連携に期待。

今月1日、EU=ヨーロッパ連合と日本「EPA=経済連携協定」発効。

メルケル首相の側近、知日派フォルカー・カウダー連邦議会議員
「日本とドイツの協力は密接だ。EPAでさらに推進する」
「日本との関係は貿易や経済にとどまらない。アジアで、日本ほど法の支配や民主主義が実践されている国はない」
・「価値観を共有するパートナー」として、日本との関係が重要との認識を示す。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター