FC2ブログ

スパイ被害に遭った深田萌絵は何故中国企業と取引するのか (81) 

なんでスパイ被害に遭いながら、中国なんか行くんですか?
どうして中国批判しながら、中国企業と取引するんですか?

というコメントを頂いたので回答します。

いやー、これ、普通、疑問に思うよね。
私も、実は半分以上迷いつつという感じです。
とはいっても、さすがに中国に行きにくくなってきました。

まずは、前半の回答から。

深田萌絵の会社は「グローバル企業」です。
世界中の企業と日々、やり取りしています。
取引しているのは中国企業だけでなく、日本企業、インド企業、米企業、シンガポール企業、イスラエル企業、イギリス企業、多岐に渡っています。5人しかいないのに、グローバル企業だとかいうのは、岡本太郎が「俺はピカソを超えた」といった瞬間に超えたからだという彼の言葉から学んで、「うちはグローバル企業」だというようにしています。目指しちゃだめなんです。目指した時点でそこがゴールになり、自分という人間が縮こまってしまう。

私はEカップのおっぱいに夢をいっぱい詰め込んだ可愛い女子なので、起業したころは、日本で製品を作って日本製品を世界で売ろうと野心を燃やしていました。うちのチップで世界市場を一気に席巻するという野望に燃えていました。

が、

日本のモノづくりの現場でいくつかハードルがあると気が付きました。

1.エレクトロニクス企業が儲かってなくて、営業、エンジニア共にモチベーションが低い。
2.モチベーションの低い理由は開発した知的財産権を中国に盗まれ、売り上げにつなげることができないので新規開発費用がない。
3.開発費用がない中で、仕方がないので大手が下請けから技術を盗む。
4.そして、大企業は「僕たちが日本の下請けの技術を盗んで製品化しなければ、いずれかは中国に盗まれて製品化すらできないでしょ」と正当化している。

いつしか、エンジニアは少年の心を失い、夢を見失った・・・
 開発って本来楽しいはずなのに。

というハードルです(;'∀')
開けてびっくり玉手箱。
裏にファーウェイの存在を感じることもありますが、ビジネスとは弱肉強食の世界で、うちみたいな零細企業は苛められまくっているんです。

これも中国からの妨害でしょうが、宛先の異なる仮差押え命令で、三菱UFJ銀行は「名義が違うから振り出せない」としながら、私の旧法人の口座を差し押さえてしまいました。宛先の異なる仮差押え命令で強制執行してしまったのです。

そこから、うちは更にどこからも相手にされなくなります。
取引先の半分以上は外国企業です。外注先も含めて。
日本でのモノづくりを目指していましたが、ほぼ毎回妨害工作が入り、発注したものを破壊されたり、納品されなかったり、嫌がらせが続いています。日本国内のファーウェイの工作員ネットワークは殆どの人の理解を超えています。超えているからこそ、米国は強硬策に出たんですよ。米国企業も米国内のファーウェイネットワークの被害に遭っています。

日本でこれだけ嫌がらせを受けていても被害の届け先もなく、警察は被害届の受け取り拒否、政権にお手紙を何度か書きましたが無視。対応してくれるのは、米国政府だけです。

これ、何か覚えがありませんか?
日本は拉致被害者がこれだけいるのに、みんな泣き寝入りですよね。
ビジネスの現場でも同じことが起こっているんです。
私たちの技術、私たちの大企業が拉致されて被害に遭って泣き寝入りしてきているんですよ!

そして、これはパラドックスですが、中国のスパイ活動が激しいのは、日本とアメリカで中国国内はちょっとマシという矛盾。結局、ファーウェイが強い立場でいられるのは外国だけで、中国国内に戻ると競争に晒されてプレゼンスが低いわけです。中国では裏からファーウェイの妨害が入った場合は中国人がすぐに「ファーウェイが来たよー」と教えてくれますが、日本人はファーウェイにやとわれた工作員から深田萌絵の悪口吹き込まれたら、コロッと騙されて「あの女は実は日中ダブルスパイでハニトラらしい」とかアホみたいな話を信じるわけです。日本に諜報機関がないから、スパイになれるわけないのに、そういう論理思考を失った陰謀論者は信じてしまうわけです。

逆にいうと、日本に諜報機関があったら、私の被害を通報する先があったはずなんです。

それに、女性蔑視。
日本が女性蔑視の酷い国だとは思っていませんが、ビジネスの現場ではまだまだです。
結局、私が二十代に投資で財産を築いて、そのお金で会社を経営してロクに給料も取らずに経営しているわけですが、事情を知らない女性に多少の頭脳があることを信じられない方に「深田萌絵は愛人業」とか悪口言われるわけです。

銀行から金借りるのも、財務諸表から自分の会社から給料取っているのを見ているくせに銀行員や信用調査のおじさんに
「どうやって生活しているんですか?男に養われているんですか?」
と聞かれるわけです。否定したら、
「じゃあ、離婚で慰謝料いくらとったんですか?」
と失礼なことを言われるんです。私は離婚するときに、夫に感謝をしていて記念に彼がフェルトペンで名前を書いた「数学コメンタール」を一冊貰っただけです。それなのに、男を騙して生きているんだろうという前提で侮蔑の言葉を銀行員から投げつけられるんですよ。それは、ビジネスの現場でも同じです。

私の顔を見た瞬間に「全額前金でないと、お前みたいな会社とは取引しない」なんてしょっちゅう言われるわけです。そんな取引で資金繰りがどれだけ苦しいか。それでも、まともな日本人の企業の方は一度取引すると、信頼してくださり、サポートもしてくれますが、見下した顔で「お前は部品ないと製品作れないんだろ」と、弊社に来る商社の人間もいるわけです。

どれだけ自分がアプリやサービス系の会社だったらよかったのにと思ったか。
うちはウェブサービスやアプリの会社ではないので、物を作らないとやっていけないわけです。

日本では多くの個人の方が応援してくださっていますし心から感謝しています。
でも、企業対企業での取引は少ないです。(最近、やっと日本企業との取引で希望が見えてきました)
うちを支えてくれていた米チップ大手企業が「日本の企業は全く決断もできないし、ビジネスにならないから話にならない。中国に売り込もう」と開発費用なんかも出してくれていたので中国に行ったわけです。

ところがです。

道半ばで、その米チップメーカーの担当者が保守だったためにクビになり、開発費用は半分以上支払われないままです。新しい担当者は日本人ですが、催促しても払わないという日々が続いています。そして、米国での訴訟費用は日本と桁が違うので現在泣き寝入りです。

それでも、米チップメーカーのお墨付きがあるので、諸外国企業との交渉も進んでいましたが、今度はなんと取引先の社内にファーウェイの社員活動家がうちと取引しないようにロビー活動を始めました。社長命令でうちとの取引を続けるように動いてくれようとしていたのに、社長は突然辞任に追い込まれます。社長はトランプサポーターだったからです。

シリコンバレーでは多くの保守派の社長が辞任に追い込まれました。
弊社を支援してくれていた企業社長らもです。

日本国内でも、多くの保守派の社長が経営する企業が大手から取引を切られたりして追い込まれています。

いま、日本企業の大手とも共同でお仕事をしていますが、やはり、多くの企業は中国を向いています。チップ系のソリューションはボリュームが命で、ボリュームゾーンの見込めないビジネスでは大手企業に相手にしてもらえないという現実が待っているのです。

質問の後半に入ります。
「なぜ、中国の悪口しながら中国企業と付き合うのか?」
と中国人から聞かれましたが、私は自分が体験したことを語っているに過ぎなくて特に悪口を言っているわけではありません。

グローバルビジネスの世界は日本国内でのお取引がお花畑に感じるくらい凄惨です。
右手で握手して左手で殴り合いという言葉に現れているように、アップルとサムスンは取引しながら訴訟しあって潰しあっています。日本企業同士のように「お互い特許侵害しているから、黙って仲良くしようね」という世界はありません。

私が最も批判しているのは、日本政府の対応です。
他人は変えられないけど。自分は変えられる。
今回のジャパニズム最新号にも書きました。

製品輸出なしに、日本の経済成長はありません。
ところが、技術を盗まれているのに日本政府の弱腰の対応を見ましたか?
企業の弱体化、敵対的買収で日本から産業が消えようとしているのに、日本政府の無関心を見ましたか?

こういった事態に対する米国の対応を知っていますか?
米国政府のリーダーシップもすごいですが、
米国では、政権が変わって親中だろうが媚中だろうが反中だろうが、複数の機関やシンクタンクが産業の動向をウォッチしていて、中国政府バックからの買収を阻止したり、盗まれた技術で作られた製品の販売を止めるシステムがあるんです。

何故、日本でそれができない!?

民主党政権ならあきらめていた。ところが、
日本を取り戻すとか言っている我が国の首相がいるわけですよ。
「安倍さん!!早く日本を取り戻して!金融経済だけでなく、実体経済についても政策をお願いします!!」
と叫びたいわけです。会ったこともない雲の上のお方なので、一生懸命にこの国の産業の現場で何が起こっているのか記事を書いて、いつか目に留まればと願っているわけです。私は外国の悪口言っても仕方ないと思うんですよ。

律しないといけないのは、私たち自身です。

四年前、ファーウェイの工作に百人以上が裏工作に加担してうちの会社はつぶれました。
元彼もハニトラで奪われて別れて何年も経っていたのに、潰れかかったうちの会社を買収しようと突然現れました。アナログ経営者のくせに急に人工知能チップが欲しいとか嘘つけと思うわけです。

倒産から暫く、日本で独りぼっちで話し相手もなしに仕事をしていました。株アイドルだったので、パーティーでよく遊んでいたはずの友達は私の元を離れました。いや、自分から離れたのかもしれない。私の友達でいると彼女らはメディアの仕事を干されるからです。

家族にも友達にも絶対に理解できない事件なので話すこともなく、孤独な時間を過ごしました。
「財務で雇われたから」と自分に言い訳して技術的な知識背景なしに経営してきた自分を反省し、仕事の後は勉強するようになりました。

そして、もしかしたら、同じスパイ被害に遭った人がいるかもしれないと思いついてブログを書き始めたんです。すぐに「統合失調症だ」と悪口を言われました。

会社を経営して華やかな生活を送っていると思われて、「愛人業」と悪口を言われていますが、私の生活の実態は、普通に朝9時から夕方6時まで仕事して、食事して、夜8時から0時頃まで執筆です。疲れている日は早めに寝て、早朝3時とか4時に起きてまた執筆か調査を始めます。

技術知識がないから取引してもらえないのかもと思い、月に数日は講習会で勉強しています。講習会は平日が多いので仕事にしわ寄せがくる分、土日でカバーしています。彼氏はいないし、作っても美女を送り込まれて破局するのでもう作りません。

臥薪嘗胆
という言葉が頭を木霊するような生活を送ってきました。

このスパイネットワークを根こそぎやるまで、私は採算抜きでやる。
フロントの工作員も訴訟で訴えまくっています。
敗訴しても、また、新しい訴訟で戦います。
訴訟経済で考えるとマイナスですが、スパイに加担したことを後悔するまで訴訟してやるつもりです。

CTOからは、そんなことより、ビジネスに集中したほうがいいと言われますが、このスパイを根こそぎやらずしてビジネスに集中できますか?できないでしょ。少なくとも放っておけば、いつしか国ごと奪われるのは目に見えているわけです。

国滅びて、企業あり?そんなはずはない。
金融経済的に言うと、企業のバリューはカントリーリスクでマイナスされるんです。この国からスパイを一掃して、カントリーリスクを減らすことが皆にとっていいこと、いわゆるパレート最適なわけです。

皆さんは、ファーウェイのスパイネットワークの凄まじさを軽く考えないほうがいいです。貴方の会社を破壊し、貴方の財産を奪い、家庭、恋人、友達という心の支えまで完全に潰しにくるわけです。家族を巻き込みたくないと思い、ロクに実家にも帰らなくなりました。それでも、私の家族を彼らは狙ってくるわけです。

でも、そんな私にも一筋の光明が見えました。

中国産業スパイに親事業者を潰された、潰されそうになっている中小企業の経営者たちと一緒にビジネスを始めることになりそうです!!

何人かの経営者が、中国の言いなりになる親事業者から仕事を切られ、中国に仕事を移管され、雇われ社長が接待で媚中になることに苛立ちを感じ、私の話を聞きに来てくれるようになりました。そのうち、一緒にビジネスを始める話も持ち上がりました。

これに参加しないなんてもったいねー。

日本男児たちよ!
中国が怖くて逃げだすのか?
君たちは戦わないのか?
既に見えない戦争は始まっていて、スパイ網が張り巡らされている。
産業戦争、技術戦争での敗戦はそこに見えていて、これまで圧倒的に強かった日本のモノづくりを自分たちの手で過去のモノにするつもりなのか?

逆襲のモエ、頑張ります。

そして、NASDAQに上場する夢をまだ捨ててません(^▽^)/
日本の新興市場で20億円程度で上場しろみたいな、肝の小さいベンチャーキャピタルはこっちから願い下げじゃ!
私は夢見る夢子なのだ~

そんな私とファーウェイの戦いがこの度、書籍になりました。

日本ITが中国に盗まれてる 深田萌絵 


発売は来年1月17日です。皆様予約をお願いします!!(^▽^)/
応援はクリックから!

スポンサーサイト



コメント

maruyama naoki

No title
頑張ってみんなで戦いましょう!!
戦わないといけないことを深田さんから教わりました。

猫招き

以前は
誇大妄想狂かと思ってました。
こちらが無知でした。すみませんでした。
罪滅ぼしに予約しました。
開戦までは 日本政府の品にやられたふり作戦は続くのかなという気がしないでもなかったり。

萌え

No title
い、Eカップ…?!

「ニャー」

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鼠宰相

ずしんときました
あつい魂をおもちとお見受けしました。百田尚樹先生の作品でたとえると、影法師の磯貝彦四朗が、ブログ主さんであるものと評しました。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

No title
くららでさりげなく度肝を抜くコメントをされていた時は臨場感とすごい経験があるとは考えたけどまさかここまでとは思ってませんでした。
今月号のwillは購入します。これは予約します

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

候補者13番

祝!書籍化
>(FBIの)ジョンが、深田のFacebook友達が5000人居る事に、
>異常に反応したことが、フッと頭を過ぎった。
>FBIと言っても一捜査官。
>Facebook上で、5000人がこの事件を見ている。
>10年前に始まったJSF技術流出事件。
>FBIは全貌を知っているのに、一向に犯人が逮捕されないのは、
>中国に抱き込まれて隠ぺいを計っていたからでは?
>だから、SNSで5000人が見てると知って驚いたのか。

深田萌絵公式ブログより
【番外戦13】FBIの謎
2016/03/12 08:57
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3497.html


・・・多くの方が、深田さんの発信を、見ているだけでも、良いみたいですね。

読者待望の書籍化、本当に、おめでとうございます!
4年前から書籍化希望でした。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。