FC2ブログ

巨根 対 巨乳バトル、リベラル男はタマが小さい編  (78)

先日、京大の医学博士に会った。

その時、たまたま京大卒の動物学者竹内久美子さんの新刊「浮気を不倫と呼ぶな」を手に持っていた。



ちょっと見せて、と言われて本を手渡した。彼はパラパラと読み。

「プッ。深田さんの最近書いてる『巨根先生』は、竹内先生の説では『睾丸の小さい男』に分類されますね」

と、来た。

な、なんと!

たしかに、竹内先生によると、モテない男は、草食系イクメンの睾丸は小さいらしい。

「そうかもしれませんが、睾丸の計測以前に巨根先生とは根の計測方法について論争中で着地してません。根のスタート地点をどこにするか、モノサシを奥まで突き立てれば長めに測れるという根の深い問題がございまして…」

「まぁ、そういう男は大した男じゃないな。たぶん、セックスも下手に違いない。僕が支持した京大の先生は『性感帯の科学』を書いて、僕はその本で一生懸命勉強したからね」

「そうなんですね!でも、竹内先生の本でも東大出身者は意味不明なことを言って『どうだ、俺の頭良かろう』という『東大論法』なるものを開発して議論できないとご指摘ありますが、東大出身者とのセックスってそんな感じです。サンプル数は一つですけど」

「所詮、東大はね、リベラルのフリしながら、セックスでいかに女性をイカせるかという研究すらできない睾丸の小さいヤツらなんですよ」

なるほどなー、と思った。

そして、次の日、巨根先生(未計測)にメールして、「最近、SNSですっかり巨根先生って呼ばれてますよね」と連絡した。

「あれ、みんな坂東先生のことだと思ってますよ」
と返信が来た。

「えっ!?なんで!?」

「だって、あのタイミングで坂東先生髪切った」

たしかに、あの投稿を上げている頃、坂東先生が理容院と間違えて美容院に入り、カッコよくなって登場した写真をシェアしてしまった。

男根主義者とフェミニストと飽くなき戦い。

巨根 対 巨乳バトルの最初の犠牲者は、なんと、坂東先生だったのだ。

誤解を解かなければ、彼が講演会に登壇する度に聴講者の視線があらぬところに…
スポンサーサイト



コメント

オズ

因みに坂東先生って誰かな。小生の知らない人かな。もし差し支えなければ下の名前開示して下さい。
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。