FC2ブログ

米中半導体戦争は逮捕者+死人+半導体装置ベンダー火事の三重苦 (69)

ファーウェイ創業者の娘逮捕が12月1日。
シリコンバレーの中国マスタースパイ的な人が不審死したのも12月1日。

おかしなことが一日で一気にあるなと思ったら、もう一つ見つけてしまった。

オランダの半導体製造装置大手ASMLは露光装置でいつの間にか世界最強になっていたのですが、そこのベンダーの一社であるプロドライブテクノロジーが12月1日に火事に遭ったようです。これも12月1日で午前四時という謎の時間(;´・ω・)

中国半導体に関連する人が、逮捕され、或いは死に、そして重要装置の会社が燃える。
12月1日にミッションインポッシブル「貿易戦争編」でも始まったのかよ!!

半導体って露光装置が絶対に必要で、ニコンやキャノンの露光装置をずーっと中国勢が買っていたはずなのですが、ASMLの露光装置も中国の爆買いが進んでいつの間にかシェアトップになっていました。

このASMLがEUV(極短紫外線)露光装置を販売しているのですが、半導体チップの性能を上げるのは微細化で、EUVだとより微細な回路が書けるようになります。それが中国の製造2025には必須だったわけです。

で。
このASMLはオランダの会社で、米中貿易戦争を回避して半導体露光装置を買うなら、ここしかないわけです。

ZTEは4月にアメリカから「アメリカはZTEに輸出してあげない」と言われて、その直後にSMICが慌ててASMLに半導体露光装置を発注しています。SMICは創業者が逮捕された猛晩舟の仲間のWINBOND社長アーサー・チャオ(台湾)の右腕だったリチャード・チャン(台湾)が立ち上げた会社です。ZTEへの制裁に何故かビビったみたいですね。自分たちが制裁を受ける前にサッサと導入しておこうみたいな?

こうやって慌てている様子を見ると、やっぱり中国は半導体の工場を作ってそこに機械を並べて作ることはできるけど、半導体装置の最先端までは国内で賄えない様子。

そこで、ASMLの主要ベンダーが火事になり、EUV露光装置の納品が遅れることになったのですが、穿った見方をしてこの火事が自然発生でないとするとASMLが狙われた理由は米中貿易戦争なんじゃないのかなと。

ASMLの広報担当者は、中国の顧客を含む世界の顧客を同等に扱い、中国の顧客にEUV機器を販売するワッセナー・アレンジメント(Wassenaar Arrangement)には制限がないとの日経アジアンレビューに回答しています。

半導体って、デュアルユース技術で、最先端技術は新ココムと呼ばれるワッセナーアレンジメントでコントロールされるべき技術です。だって、最先端技術をテロリストが持ったら、長距離ミサイルの弾道計算用のコンピュータの最先端チップも作れちゃうでしょ。

打つ側の軌道計算と迎撃する側の軌道計算で、打つ側と迎撃する側の軌道計算の演算力が同等になったら、パトリオットミサイルで迎撃間に合わなくなってしまいますからね。

それをASMLが「ワッセナー・アレンジメントに制限はない」とか回答しちゃうのは国際協定からするとかなり微妙なので、トランプは怒っちゃうかもしれないですね。

わー、ドキドキの半導体戦争だにゃん(*'▽')


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

何時もながら勉強になります。
この件、独仏でなく蘭というのが興味深いですね。
欧州大陸ではひとまず蘭が西側の同盟国という証左かな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
9位
アクセスランキングを見る>>