FC2ブログ

社民党 佐藤あずさ市議会議員の不出馬表明と女性の悩み (54) 辛くても頑張って。

佐藤あずさ議員の不出馬表明のSNS投稿が話題となりました。

 
男性支持者や活動家からの付きまといで、心身ともに疲弊してしまい今後選挙には出ないことにされたそうです。




投稿の中に、「リベラル」男性からの執拗な付きまといであって、保守ではなかったと記したところから右派政党から出るのかという問い合わせも殺到したようですが、それはないそうです。




彼女の投稿を読むと、同じ女性として似たような苦悩があったことを思います。




二十代は付きまといに遭い、それが小さな企業や団体でも上の人間であればあるほど、文句の言いようがないという現実に悩み、職を転々としました。フリーランスになっても同じです。




そんななかで、

「美人はいいね。仕事貰えて」

と男性から嫌味言われたり、

「そんなに男に付きまとわれるのが嫌なら、汚い格好でもすれば?」

と女性から嫌味言われたり、




いったい誰に相談したらいいの?


と思いました。



自分以外に産まれようないし!

みたいな悩みです。




付きまといに遭いやすい女性は、「女性誌で活躍できるくらい気の強いスクールカーストtier1美人」ではなくて、男性目線で「俺でも手が届きそうスクールカーストtier2普通の真面目女子」と思われがちなタイプです。

これが一番微妙で男子からして「押せばなんとなかなる」と思われて付きまとわれ、女子からして「可愛くないのに調子乗るな!」と思われて相談も乗って貰えず孤立するパターンです。

ルックスで上の人に気に入られるって、男性からしたら「うまくやって羨ましい」と思うのかもしれないけど、まじめに仕事したい女性にとっては苦悩の一つです。それが、いつしか、性的な関係を求められるようになり、断ったら全てが終わりというところまで追い込まれるからです。




そして、断って、多くの仕事を失ってきました。


それが嫌で、収入を分散する形で仕事をしているのかもしれません。


セックスワーカーを差別するわけではありませんが、多くの女性の身体は売り物ではないので、求められても応じようがないからです。




25歳の時、ジャーナリストになりたくて大学に入って出版社を巡った暁に「株アイドル」になってました。その時、自分自身に落胆しましたよ。学歴があっても、自分に来る仕事って、こんなバカみたいな仕事なのか?って。




それでも、一生懸命やりました。


でも、心のどこかで自分をバカにしてたし、「アイドル」の仕事も自分の心のなかでバカにしてました。


嫌がらせも多かったし、仕事を通じて知り合った人からは圧力を掛けられ、「そもそもやりたかった仕事じゃないや」と思って辞めて就職しました。




そして、就職しても同じ。

やっと、色んな試験、面接を乗り越えて外資金融で職を得て、

やっと能力が認められたと思いました。

「アイドルやっていたんだから、枕営業くらいできるだろ?」

それが外資金融で務めた際の上司の言葉で、私は絶望しました。




会社を辞めた時は、「何のために勉強したのだろう?」と毎日泣きました。

二年間近く、11時ごろまで泣いて、それから仕事をしていました。




好きでこの顔に産まれたんじゃないと何度も思いました。


望んでないのに、声も高い。


母みたいに、女性として生まれたことを何故か自分は楽しめない。

シンプルに仕事がしたかっただけなのに、それができないんです。



そんなことを思っては泣いてました。


32歳くらいまで。




そして、いい子を辞めました!!


付きまといたがる人を「寄せ付けない」、

仕事のうち合わせのフリしてデート気分の人は「お断り」、

してます。




女性をバカにするような発言の度が過ぎるようであれば、

「それはおかしくないですか?」

とハッキリいいます。




佐藤さんが私とは思想が異なる方だとは存じておりますが、疲弊した心身が回復されましたら、また頑張って欲しいと同じ女性として思います。

女性の活躍を願う女性であるならば、自分が挫けてはいけない。
こういった現象が単なる女性蔑視というわけではなく、男同士ではもっと熾烈な戦いになるので、挫けたら舐められます。

でも、心の休養も大事なので、暫くゆっくりなさってくださいませ。




スポンサーサイト



コメント

川田

分別
いつもお世話になっております。
人の心を慮れない、言葉の薄っぺらい人が
リヤカー一杯居ます。ただ、そうではない
人も居ます。絶望的な世の中ですが、未来
への投資(言葉は悪いか)として御自身の
遺伝子を残される選択肢も御検討いただき
たいです。
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。