FC2ブログ

やっぱり三菱UFJ銀行が北朝鮮向けマネロンの犯人 (50)

反日活動で台湾や中国の言いなりになってきた三菱UFJ銀行ですが、平野信行以下支店長の田中靖士が私の金を横領しておいて怪しいと思っていました。

北朝鮮向けの資金を洗浄していたので捜査されているという情報しか出ていません。

中国から北朝鮮に資金を流す時に身元確認をしていなかったそうです。

以前から、何度か書いたかもしれませんが、資金洗浄の取り締まりに窓口で取引規制しても無駄です。

資金洗浄は、ほとんど銀行内部の人間の犯行だからです。
台湾メガバンク銀行のマネロンも内部犯行だと言われています。

資金洗浄しているのは銀行員なのに、仕事で海外送金する人間に「資金はテロ関係ありませんか?」とかしゃらくさいことを聞くのは止めろ!犯人はお前だろ!

といつも言ってやりたいと思っています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112101305&g=prk

スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

候補者13番

米司法省、(噂の)三菱UFJに金融制裁の可能性は・・・??
>(銀行員)「資金はテロ関係ありませんか?」
>とか、しゃらくさいことを聞くのは止めろ!
>犯人はお前だろ!


思わず笑ってしまいました!

・・・こんなの有りました。
前例です。



(仏大手銀行)「BNPパリバに罰金89億ドル 米司法省、ドル決済も1年禁止」
日本経済新聞2014/7/1付
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0100O_R00C14A7EAF000/

容疑:
・パリバは米国が「金融制裁の対象」としたスーダンやイランとの間でドル送金などの「金融取引」を続け、その事実を隠していた。

BNPパリバへの制裁:
・約9千億円の罰金
・1年間のドル決済禁止。


・・・きれいに、今回の三菱UFJにも、当てはまりますね。

候補者13番

三菱UFJの米国金融取引違反、無罪??
>北朝鮮向けの資金を洗浄していたので捜査されているという情報しか出ていません。
>中国から北朝鮮に資金を流す時に身元確認をしていなかったそうです。


・・・今回の、三菱UFJの「イラン制裁破り」の件は、「違法性は無かった」という結果になった様です??
米通貨監督庁と、『合意』したそうです。


「米検察、三菱UFJを捜査か=北朝鮮に絡む資金洗浄の疑い-NY紙」
時事ドットコム(2018/11/21-22:53)
ニューヨーク時事
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112101305&g=prk
容疑:
・国際的な制裁リストに掲載された企業や個人を、除外するための内部システムを「意図的」に無視
・北朝鮮と中国の国境付近で、事業を営む一部の中国人顧客に関し、身元確認のためのシステム導入を怠っていた疑い





三菱UFJ銀のマネロン対策は不十分、米通貨監督庁が指摘
ロイターFebruary 22, 2019 / 7:13 PM / 2 days ago
https://jp.reuters.com/article/usa-occ-mufg-idJPKCN1QB2A6
[ワシントン 22日 ロイター] - 三菱UFJ銀行は22日、米通貨監督庁(OCC)から資金洗浄(マネーロンダリング)対策に関する内部管理態勢が不十分との指摘を受けたとした上で、改善措置を講じることで『合意』したと明らかにした。
同行は声明で「内部管理およびコンプライアンス管理態勢について、引き続き不断の改善に努める」とした。



三菱UFJ銀に米が改善要請 マネロン対策「不十分」
朝日新聞デジタル 2019年2月26日16時25分
https://www.asahi.com/articles/ASM2Q5JDZM2QULFA021.html
処理:米国通貨監督庁(OCC)からの、「改善措置の要請」のみ。
・違法取引はなかった。
・制裁金支払いなし。
対象:三菱UFJ銀の「ニューヨーク」、「ロサンゼルス」、「シカゴ」の3支店。
・不適切な人員配置なども問題視された。
・北朝鮮など米国の経済制裁対象国との違法取引への関与はなかった。
過去の事件:2002~07年、米制裁対象の「イラン」への送金規制違反
当時の調査機関:ニューヨーク州金融サービス局(DFS)
現在の調査機関:17年から「DFS」に代わり「OCC」が調査、監督。これまでの経緯を含めて検査していた。

候補者13番

三菱東京UFJ銀行は、2012年、既に米国から制裁されていた
・・・実は、三菱東京 UFJ時代(現在の三菱UFJ)、金融取引違反で、米国に罰金払ってましたね。
三菱UFJのホームページに載っていました。
全く知りませんでした。
当時、TVメディアでの報道は、あったのでしょうか?




株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ (ホームページより)
2013年6月21日
三菱東京 UFJ 銀行による米国金融当局との和解について
https://www.mufg.jp/pressrelease/2013/pressrelease-20130621-001.html

対象:株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(取締役社長 平野 信行)
子会社 株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 平野 信行)
容疑:2002~2007年に同行が取り扱った「イラン」関連の米ドル建決済取引における適切性を欠いた事務処理があった等
和解相手:ニューヨーク州金融サービス局DFS(New York State Department of Financial Services)
和解金:250百万米ドルの支払
処理:同行の経済制裁対応に関する現状の内部管理態勢について同行が第三者機関に検証を委託すること等で合意した

候補者13番

三菱東京UFJ、金融取引違反で、米国に3回罰金を支払っていた
三菱東京UFJは、
2002年~2007年スーダン・ミャンマー・キューバ・イランとの金融取引で違反し、
・2012年 米財務省に857万ドル(約7億円)
・2013年 ニューヨーク州金融サービス局に2億5000万ドル(約245億円)
・2014年 ニューヨーク州金融サービス局に3億1500万ドル(約370億円)
の和解金を支払っていました。
計34億857万ドル(622億円)の罰金です。
(まるで、カモにされてるかの様です??)
認識不足で、相手が、取引禁止国か?いわゆるテロ支援国家か?などの確認が甘かった様です。
にしても、制裁国との金融取引違反は、大問題です。
過去に、TVニュースになってましたっけ??





三菱UFJ銀、米当局に和解金「7億円」支払いで合意 制裁対象国に違法送金
日経新聞2012/12/13付
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC13003_T11C12A2EB2000/

対象:三菱東京UFJ銀行
発表日:(2012年12月)13日、
容疑:米国の制裁対象国に絡むドル建ての資金決済を巡り違法な送金。
処理:米財務省に857万ドル(約7億円)の和解金を支払うことで合意。
民事上の和解が成立。

米国は安全保障を脅かす国との金融取引に幅広く網をかけている。

世界の金融取引違反
英スタンダードチャータード:イランとの不正取引で3億2700万ドル(約270億円)、
英HSBC:マネーロンダリング(資金洗浄)対策の不備で19億ドル(約1560億円)
の罰金で米当局と合意。
・悪質性が高ければ、米司法省が刑事処分を科すこともある。

三菱UFJで問題となった取引
2006~07年の97件で、合計590万ドル。
当時の制裁対象:スーダンとミャンマー向けが8割、キューバやイラン向けもあった。
三菱UFJの社内調査で発覚し、08年に当局へ報告していた。

三菱UFJ側の理由:
米国の規制に対する理解不足。
すでに再発防止策をとり、米財務省も「顕著な改善措置を講じている」としている。
米財務省以外の関係当局にも報告。



三菱東京UFJ和解金「245億円」 NY州とイラン決済で
日経新聞2013/6/21
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2001N_Q3A620C1EE8000/

対象:三菱東京UFJ銀行
発表日:(2013年6月)20日
容疑:2002~07年のイラン関連のドル建て決済を巡り、適切性を欠いた事務処理があった。
処理:ニューヨーク州金融サービス局に2億5000万ドル(約245億円)の和解金を支払うことで合意。
事前処理:米財務省に857万ドルの和解金支払いで合意済み。
対象となった取引:
米国とイランを除く国から、第三国のイラン企業の口座などへの送金。
合計2万8000件、1000億ドルに上る。
米銀を経由して決済する際、イラン企業向けとの情報を伝えていなかった。
経緯:07年の三菱UFJの社内調査で発覚し、関連当局へ報告。



三菱UFJ、米当局に「370億円 追加」支払い 違法取引問題
日経新聞2014/11/19付
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC19H02_Z11C14A1EAF000/

対象:三菱東京UFJ銀行
発表日:(2014年11月)19日
容疑:米国の制裁対象国向け送金を巡り、「コンサルティング会社に不適切な指示をしていた」
処理:ニューヨーク州金融サービス局に3億1500万ドル(約370億円)の「追加」和解金を支払うことで合意。
事前処理:昨年(2013年)イラン関連の不正送金で、同局に2億5000万ドルを支払い済み。

容疑詳細
依頼主:三菱UFJ
依頼期間:2007~08年
依頼受け社:米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)
依頼内容:米当局向けの報告書の作成。
PwCから三菱UFJへの指摘:制裁国向け送金に関する件
問題となった件:三菱UFJが「文言の修正や削除」を求めた件。←不適切と指摘。

三菱UFJはこの報告書を08年に自主的に提出し、12年に米財務省、13年にニューヨーク州に和解金を支払った。

今回の和解内容:米国の「資金洗浄(マネーロンダリング)対策」機能の一部を日本からニューヨークに移し、「当時の関係者を関連する業務に就かせない」ことも盛り込んだ。

米当局はイランなど制裁国への不正送金に厳しい態度で臨んでおり、
・英スタンダードチャータードには約6億ドル、
・仏BNPパリバには89億ドル
の支払いを命じている。

三菱UFJコメント:「法令順守や内部管理の態勢について不断の改善に努めていく」。
・14年4~9月期決算には和解金の支払いに備えて、344億円の引当金を計上。
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。