FC2ブログ

フェミニズム運動とおっぱいのパラドックス (44)

おっぱいは万物の母である。

美大で裸婦像をデッサンしていると、女性でも女性美の虜になることは避けて通れない道だ。
今時の女性が嫌がる鳩胸は『豊かなデコルテ』、
下腹が出ているのも、『ふくよかさはエロティシズム』、
大きなお尻も全てが女性美の象徴であることを教わる。

ついでに言うと、全ての女性は美しい。

絵を描いていると全ての女性に美しさを感じるようになる。
顔の左右のアンバランスさ、歪みが、神から与えられた自然美であることにいつか気が付く日が来る。

芸能人が整形でエラを小さくしたら魅力が消えたり、鼻ぺちゃを高くしたら変な顔になったりするのだけど、たいていは女性が自分自身で「自分の顔の欠点はコレ」だと思っている部分が他人から見たら美しい部分なのだ。

自分を「不美人」だ勝手に思い込み、天から与えられた自分を大事にせずに、女性であることを楽しんでいる人を攻撃する精神を持っている人が本物の「不美人」である。

本来なら女性であることを楽しめるようにしようというのがフェミニズムであるべきなのに、「女性だから損している」と主張する流れに変わってきている。

ブリジット・バルドーのように、女性美にひれ伏して口説いてきた男性をオシャレにかわすのは女性としての知性の表れだとした彼女の意見は否定しがたい部分もある。(上下関係を利用したパワハラは論外だが)

最近、フェミニズムも分裂の様相を見せている。

フェミニズム運動が進行して、F1でレースクィーンが「性差別の対象」として廃止されたことには衝撃を受けた。「若くて美しい」というのがそうでない人に対する差別だというのだ。

産まれながらにしてスタイルも顔立ちも整っている人もいるけれど、ビクトリアシークレットのエンジェル同様、モデルとしてお金を得ている人たちはスタイルを維持するのに食事制限に筋トレ、肌と髪への手入れに金と時間をかけていますよ。

商用の美は、才能以上に努力のたまものなんです。
モデルではなく、レースクィーンだけ狙うというのも、なんだか変な話ですけどね。

女性美を否定している割には、フェミニズム運動では、女性美の象徴である「おっぱい」丸出しの女性がマーチしている。

おっぱいは女性の象徴だということは認めるけど、それを美しいと認めるのは差別だという、
おっぱいのパラドックスに陥っている。

女性を尊敬して欲しいけど、女性美は認めたくない。

キャリアウーマンは尊敬するけど、専業主婦は見下す。

おっぱいは男だけが楽しむものではないという時代から、おっぱいは美人だけが楽しむものではないという時代に移り変わりつつある。

フェミニズム運動が男女差の闘いから、フェミニズム運動台頭の頃から孕んでいた女性内格差の拡大の闘いに向かっている。


スポンサーサイト



コメント

遊歩猫

美人とは
鳩胸や豊胸は確かに美人の要素の一つでしょう。
その関連テーマですが、しかるに世の中ではなぜかダイエットが流行り、如何に体重を減らすか、ウェストを細くするかの方法論の広告が目立ちます。
これは特に若い層の女性が美人=細い・モデル体型、と誤解してるからと想像します。しかしヴィーナス像が典型ですが、古今東西の女性(美人)像の絵画・彫刻などの女性はほぼ全て豊満な体形の女性です。
ツイッギー(古い!)とまでは行かなくともオードリーヘプバーンレベルの細さの女性は描かれてません。美を追求する芸術の対象ではないとみなされたからと思われます。
細い・モデル体型は単に職業上の条件で、健康な美人の要素ではないという啓蒙が必要ではないでしょうか。

オズ

今年流行ったme too運動に逆らって、カトリーヌ・ドヌーヴが異言を述べたのは素晴らしいと思いました。10000年前から男は男、女は女、の生物学的な存在意義や習性を意識した発言で、根源的で人為的でない所に共鳴しました。
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。