中国「米国債売ってやる!」、米財務長官「お好きにどうぞ(^▽^)」の巻 (26) - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

中国「米国債売ってやる!」、米財務長官「お好きにどうぞ(^▽^)」の巻 (26)

米中貿易戦争で中国が「米国債を売る」かもしれないというニュースが、中国忖度メディアから流れています。

米財務長官ムニューシンは、「米国債には多くの買い手がおり」、中国は「自由に自らがしたいように行動できる」と回答してる。By ブルンバーグ

これ、予想通りかな。
別に、アメリカ困らないんだよね。
金融の世界では、お金ってたくさん貸した方の負けなんです。

数カ月前に書いたけど↓実務をやっていると、お金を刷れるプレイヤーの発行した債券を皆買うのは、「最後は自分で金刷って返してくれるんでしょ」と考える捻くれた金融の人はいます。

↓前のブログ

最近のニュースを見ると、「中国は米国債を少しずつ売っているから、長期金利上がっているぞー!」と騒いでますが、そもそもアメリカは政策金利も上げてるんだし、私からしたら

「これ、10年以上前にグリーンスパンが零した長期金利低下のコナンドラム(謎)が解けただけ」
でしょ(^▽^)と思いまーす。

だって、ずーっと前から「目標とする長期金利を上げても上げても、長期金利が下がるのは何故じゃー」とグリーンスパン元FRB議長が言ってたけど、中国の金が余り過ぎていたのか、いっぱい米国債を買って運用する必要があったから買いまくっていただけですよね。

あの時に積み上げた玉(長期債券)を売っとるだけやろー。
とモエモエ思ってしまいます(^▽^)

いま、中国にキャッシュが足りないから債券売って現金化しているだけだと思われます。

で、ここでポイントですが。

中国が
「一気に米債を売らずに、少しずつ売っている」
理由が分かりますか?

一気に売ったら、自分の売り注文で米国債が暴落して、自分の保有する米国債資産の評価額も暴落するからでーす(^▽^)

債券の評価額が大幅に下がると、その債券を担保にとんでもなく複雑な金融派生商品を作っているので、それが爆発しちゃうので、一気には売れないのです。

だから、中国は恥ずかしそうに黙って「ちょびちょび」売ってる。
恫喝外交国家が「米債売るぞ、ゴルァ!」と言わない。

まあ、だから記者に小遣いでもやって、「中国が米国債売ったらどうするの?」とかやらせたのかもしれないですね。

日刊ゲンダイが、
==引用
「トランプ大統領は米国債の暴落を食い止めるため、裏で日本に買い支えを要請してくるでしょう。安倍首相が拒否できるとは思いません」
 米中貿易戦争の最終局面でババを引くのは日本かもしれない。
===
とか書いてるけど、別に「ババ」ではないでしょ。(しかも、聞いた専門家的な人が「株のテクニカル分析」で債券関係無いし。普通はメガバンの債券調査部かマクロエコノミストに聞くでしょ)

私なら投資先としておススメしちゃう(^▽^)

米国債みたいに、世界一の国家が保証しているボンドが暴落して安かったら全力で買っても、儲かるか世界の終わりに破綻するだけです。
だって、米国が債券償還できない時は、宇宙戦争でも起こって地球が終わる時でしょ。そのリスクなら取って投資してもいいけどな。(笑)
100で発行された米債が暴落して、80でも、50でも買えたら、償還日が来るのを待てば100で返ってくるわけです。

米国政府が存在する限り。

グリーンスパンも、「コナンドラム」とかカッコつけずに、「なんで俺が長期金利上げるといってるのに無視して買うやついるんだよ」と正直に語ればよかったのにね。マエストロと呼ばれた見栄だったのでしょうか。

しかし、私が学生の時に騒がれたネタが、まだ続いているとは歴史は面白いなー。

スポンサーサイト



コメント

No title

深田先生の記事をいつも楽しく読ませていただいております。FBのいいねボタンですが、アカウントが停止されているのか、押せないのでコメントにて失礼いたします。
これからも深田先生の記事を楽しみにしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 中国「米国債売ってやる!」、米財務長官「お好きにどうぞ(^▽^)」の巻 (26)

ありがとう(・∀・)

「IEEPA法」アメリカ、中国内の米国債をボタン一つで無効に

>自分(中国)の売り注文で米国債が暴落して、自分(中国)の保有する米国債資産の評価額も暴落する


・・・なるほど~!確かにそうですね!
あと、アメリカの「最終手段」として、こんなのも有りました。

「人民元をいつでも紙くずにできるアメリカ」渡邉哲也/経済評論家
「Business Journal」2016.09.12
https://biz-journal.jp/2016/09/post_16606_2.html
アメリカには、「国際緊急経済権限法〈IEEPA〉」というものがある。
(有事の際)対象者の保有するアメリカ国債を無効にすることもできる。
アメリカ国債は、財務省に「デジタルデータ」があるにすぎない。
証券の現物がないため、「一度消してしまえば」再び流通する恐れがない。
もし、アメリカが中国に対して同法を発動した場合、中国が保有するアメリカ国債は無効となり、人民元および香港ドルは紙くず同然となる。
(発動は)議会の承認なしに「大統領令」でアメリカ国債を無効にできる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
9位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター