【女性蔑視と嫉妬】杉田水脈叩き、安倍降ろしという大義と国会議員枠(15) - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

【女性蔑視と嫉妬】杉田水脈叩き、安倍降ろしという大義と国会議員枠(15)


今回の杉田水脈叩きは、彼女の書いた記事の内容に対するもの以上の何かがある。

もともと彼女が嫌いな人だけではない。


彼女がかつて仲間だと思っていた人たちからのバッシングも酷くて、「杉田は男に媚びてる」とか、「過激発言で注目を浴びたがっている」なんてことまで言われるようになった。

杉田水脈さんの存在を私もこの一年ほど前に、仕事の関係で知っただけで、そもそも有名な人ではなかった。

この動きって、単なる「安倍憎し」だけじゃなく、「安倍愛し」も混じってるんだと最近は思う。

叩いている「杉田知人」の層が、主に野党で選挙が弱い人たち、或いは落選した、或いは、同じ論壇グループにいた時に「自分は杉田より上」と思ってたら憧れの与党国会議員というポジションを彼女が手に入れてしまった。

「アベガ-」とか「安倍さん大好き」とか言って、いつか与党に入りたいとい潜在的な願望に囚われている人たちにとっての事件から始まる。


ヨーイドンで、足の早い自分が先を走っていたのに、気が付いたら彼女が一番前だったみたいな?

去年、野党から安倍さんがリクルートした人たちの共通点は、愛国心があって私欲のない人(と思う)たちだと思うけど、彼女への風当たりは特に強い。


これって、他は男性だけど、杉田さんは女性だからなんだよね。

女性議員や女性社長って、目立つからすご〜く叩かれやすいんだよね。


杉田さんは実直だけど女性として華があるので、やっかんだ男性議員は叩くし、女性たちも狂ったように過去の杉田発言までひっくり返して叩く、半分ストーカーのように狂っている、昔話を適当に膨らませて週刊誌に流すなんかして、杉田を引き摺り降ろして自分と同じ立場以下くらいになれば「満足」できるという不毛な感情を持ってる。


なかには、「杉田辞任で自分に『国会議員枠』が貰えるかも」と期待している人もいる。


ネトサヨ女性蔑視評論家は、右から左まで女性議員の悪口だけ書いているけど、中身ない上に「女の悪口しか言えない情け無い奴感」が溢れ出てる。某男性議員も右から左まで女性議員と新人議員ばっかり叩いて、むしろ「自分より強い奴は絶対に叩かない」という信念すら感じる。


この手の男性がこれやるのは、コンプレックスで自分より給料高いとか、ポジションが上の女性とかに嫉妬する割には、嫁さんとか嫁父の人脈に生活頼っている。女性に頼って生きてるから女性を見下さないと精神が保てないのだろうか。


仮に杉田さんのお父さんが偉い人なら、絶対に叩かないと思うよ。現に、全ての女性の悪口言う人、ある大物の血縁論客の悪口だけは絶対に言わないのはそういう事だと業界の人に聞いた。


右も左も女性で杉田さんを叩いている人たちは、どこか「女性蔑視」なんです。女性なのに、女性の社会進出を祝福できないのは、女性による女性蔑視という複雑な構図があります。


「女だからどうせ男に可愛がられてきたんでしょう」 と思っているんです。

それはね、自分達がそうだから、そう思うんです。


自分程度の人間でも頑張れば頑張るほど、昔からの女性の知人が祝福でなく呪いの言葉で追いかけ回してくる、とにかく足を引っ張ろうと「あの子って誰とでも寝るのよ」とか言って回られているのに気が付いた時は驚いて泣きました。「勉強と仕事が好きな萌絵ちゃんが好き」って言ってくれてた人が、逆のことを言ってまわっていたのだ。


こういう現象は、女性がね、女性に能力があるって信じてないから起こると思う。

女性にも仕事ができるって、潜在意識で信じられない。

だから、努力していた人に幸運が舞い込むと、理解できなくて「あ、あの女は…ルックスで…」と妄想に走る。


こういう哀しい経験を何度かして、大人になってからの仲間作りって、多くの人が打算と嫉妬に塗れていて、単純な自分には人間関係って難しいなと思いました。

杉田さんに起こっていること、安倍降ろしという大きな流れもありますが、半分は『女性蔑視』と『嫉妬』が混ざっていると思う。杉田語りする人たちは特に。


嫉妬して、杉田さんのことを追い回す時間があれば、勉強して、良い論文書くなり、政策作るなりしたら、この国はきっと良くなる。

『国民の為になること』でなく、杉田さんの悪口だけを書いて満足する状態にいる自分を惨めだと思わないなら、その人たちは国民を見ていない。

「それでも杉田を叩かないといけない。何故ならば、杉田水脈は多くの人を傷付けたから」
という人もいますが。


ちょっと待ってください。


よく見て欲しいんですが、杉田記事を「マイノリティは死ねと言った」かのように、すり替えたのは尾辻かな子議員、彼女自身からです


マイノリティを傷付けたのは、言葉をねつ造した尾辻さん自身だと私は思います。
自分で傷付けて、「貴方たちは、傷付けられたのよ。助けてあげます」なんてことを平気で言う人、貴方は信じられますか?


尾辻さんは、話し方も落ち着いていて度胸があり、聡明な方なのに、そこがすごく残念だと思いました。


それに便乗してる人たちもね。

スポンサーサイト

コメント

No title

毎回、楽しみに読ませてもらっております。
今回の記事を読んで腑に落ちました。
百田尚樹氏が杉田氏が与党で立候補した時に何故杉田氏を叩くような事をしたのかを。
大きな事を言っても人間は素を隠せないものですね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(40歳)
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
1位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター