日本に必要なセキュリティクリアランス制度(3) - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

日本に必要なセキュリティクリアランス制度(3)

多摩大の國分俊史教授が「日本にセキュリティクリアランス制度が無いことは、日本製IOT製品に『脆弱』の烙印を押す」と警鐘を鳴らしている。


その通りだ。


アメリカでの取引先は『セキュリティクリアランス』を受けているビジネスパーソンも多く、米国政府の重要なコンピュータ構築の仕事を受けている。


このセキュリティクリアランスか無いと、まず人間として「信用できるかどうか?」の判断基準すら無い状態なので、相手にされないこともある。


重工系企業に外国人が入り、ラインで働いているが米国政府からしたら「それ、情報管理大丈夫ですか?」となりますね。


セキュリティクリアランス制度が無いから、重要情報へのアクセスが容易く、日本は色んなところで情報盗まれ放題だ。


それだけでなく日本はセキュリティクリアランス制度が無いので、米国のセキュリティクリアランス上のIOT製品の脆弱性情報にアクセスできない。



スパイ防止法が無いだけでなく、セキュリティクリアランス制度すら無いなんて、日米安全保障上の対等なパートナーとして重要情報の意見を交換することすら失格だと思われかねない。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター