FC2ブログ

【中国、遂に一般市民大量に消える】P2P詐欺


http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2511306

自由時報ニュースからの雑感

P2P。


自由時報雑感20180807 

人から人へ。の金貸業に博打が付いた中国特有の金貸プラットフォームP2Pで騙されて金だけとられた中国人たちが北京に集まってデモ。

北京行きのフライトの多くがキャンセルされ、北京に行けない人が続出。いや、いけない方が良かったのだろう。

辿り着いた人が見たものは。


デモ集合場所を取り囲む警察官。
交差点毎に100人以上の警察官。
駅ごとに50人の警察官。
集合場所から3キロ離れたところには収容用のバスが120台。


多くの中国人が理由すら告げられず、バスに乗せられた。
抗議の様子がネットにアップされる。
デモ参加者はバスごと消えた。
「黒牢」と呼ばれる活動家を弾圧するための刑務所に輸送されたという話。


P2Pを提供しているのは、社会信用制度のプラットフォームを提供している大手企業だ。
大手企業が一般人に詐欺行為を働いて、それに対する抗議を政府は企業の為に排除する。

これは、中国という社会基盤をより一層揺るがしていくことになりそうだ。


中国では『神』は滅び、人々は『金』を信じている。


中国で金を稼ぐ自由を奪い、文句を言う自由すら奪えば、いつかは抑えきれない暴動に繋がるかもしれない。

墨汁事件もそうだが、報道に載ったということが、そもそもの驚きだ。

スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。