【番外戦19】IRS(米歳入庁)との訴訟 - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

【番外戦19】IRS(米歳入庁)との訴訟

暫く、色々あったのでIRSとのことを書いていなかったので、アップデートします。

IRSとは、内国歳入庁のことで、いわば国税局。
国税局がマイケルのFBI保護プログラムに入る前の名前を調べ上げ、マイケルが既に清算した台湾の会社の監査、深田の日本法人R社の監査、マイケル個人の監査等を1992年から2030年(未来)に渡っての監査を行うと宣言して散々嫌がらせされた。

弁護士もビックリの嫌がらせを受けて、最終的に、私たちはアメリカでもIRSを相手取り訴訟をしたのだ。

裁判を起こすときは、最初に原告・被告共に希望の判決を裁判官に提示する。

こちらの求める判決は「理不尽な召喚を行なわないこと」だった。

理不尽な召喚の理由はやまほどあって、IRS側が全て違法。
1)税務申告はきちんと行なっている。(当然)
2)過去五年の監査しかできないのに、1984年のマイケル個人の収入も証明を求められ(違法)
3)法人と個人を混同され(違法)
4)海外法人まで監査を求められ(違法)
5)第三者まで同意なく調べられ(違法)
6)監査期間は6カ月を超え(違法)
7)同意なく監査を延長され(違法)
8)刑事事件としての監査には脱税の証拠が必要なのに出していない(違法)
9)財務諸表以外に設計情報や日本政府との人的な関わりの開示まで求められた
と主張した。

IRS側は、「これは刑事事件、何十億ドルもの脱税をした重犯罪だから、どんな監査も許される」と主張した。※何十億ドルも脱税した金があったら、深田がこんなにあくせく働いているわけないでしょ。オランダとかスイスに逃亡するわ(-_-;)

で、五月に判決が出たんだけど、
「財務に関すること以外の質問は禁止。IRSは原告が脱税犯である証拠を8月1日(実質7月24日)までに提出せよ」
というものだった。

これ以来、IRSは静かになった。
そりゃそうだよね。財務に興味もなく、単に情報を収集していただけですから。
そして、この判決がよっぽど面白かったらしく、向こうの判例集みたいな雑誌に掲載されてしまった(;'∀')

そして、昨日、また弁護士から連絡があった。
「IRSが審尋に現れませんでした」
と。

なんと、IRSは法廷であれだけ「あいつは何十億ドルもの脱税犯で重犯罪者だから、緊急を要する監査が必要だったのだ~」と騒いだのに、証拠を一つも提出せずに法廷から逃げ出したのだ。

中国工作員の雑な工作活動。
無論、FBI側も中国に買収されて、これに加担しているので揉み消したくて躍起になっている。

この「犯罪者だー!」と騒ぐだけ騒いで、証拠何も示せずに最後逃げ出す姿って、なんか見たことあるよな(笑)
スポンサーサイト

コメント

No title

下村です。
なんだったんでしょうね。
これも中国?
中国に乗っ取られるとこういう感じになるのですね。
日本では、どれくらい乗っ取られているのかな。
凄い不安。
中国領日本自治区になるのかな。
話はそれましたが、結局それで終わりになったのですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(40歳)
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター