FBI元長官代行の司法取引とオバマ動画がAIで作れるとのニュース乱立について - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

FBI元長官代行の司法取引とオバマ動画がAIで作れるとのニュース乱立について

FBI元長官代行のマケイブが司法取引に応じて、ある犯罪に関わった人物の名前を暴露する『汚点証人』の役割を果たすことを約束したようだ。





それと同時に、「オバマのフェイク動画はAIで簡単に偽造できる」、

「うちでもできる」という企業が一斉に声を上げている。(映像は単なる事例で古いものです)





おかしいのは、その中に米孔子学院も混ざっているところだ。

孔子学院の仕事は中国文化や語学を教えることであって、AIは全然関係ない。


何故、孔子学院が飛び出してきちゃったのか、イヴァンカへの8700万ドルの献金のニュースがこのタイミングで出てきたのかを考えたら、やっぱりマケイブの司法取引を誤魔化そうとしているのかもしれないと思いついた。


マケイブの妻はヒラリーの選挙キャンペーン団体からお金を貰っていた。


そして、いきなりマケイブが昇進してヒラリーの私用メール事件の捜査にあたったのだ。

マケイブの上司は、言いがかりの可能性が高いロシアゲート事件でトランプを追ったコミー元長官。


その事件で、マケイブが『汚点証人になる』と言って、慌てて中国共産党が「誰でもAIでオバマのフェイク動画が作れるよ!」と言い出したのは、おかしいでしょ。

 



ヒラリーでもなく、トランプでもなく、オバマばかり?



ということは、証拠として、あの人の映像が撮られていて、発表される準備がある?


その時に「あんなのAIで作ったフェイクだ!!」と誤魔化すための準備なのかもしれない。


そして、トランプをロシアゲート事件で逮捕しようとし、ヒラリーの私用メール事件を握りつぶさせた真犯人は、、、!?ということなのか。



そういうストーリーが、ITニュースと政治のニュースの狭間から見えたのかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

FBI、米国「孔子学院」を捜査へ

>おかしいのは、その中に米「孔子学院」も混ざっているところだ。
>孔子学院の仕事は中国文化や語学を教えることであって、AIは全然関係ない。
>マケイブの妻はヒラリーの選挙キャンペーン団体からお金を貰っていた。
>ヒラリーの私用メール事件を握りつぶさせた真犯人は、、、!?ということなのか。


・・・米国は、ここまできましたね。
同盟国日本も、米国に追随して、閉鎖されていくといいですね。



「『孔子学院』が遂にFBI捜査の対象に」
ニューズウィーク2018年2月20日(火)17時30分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/fbi-34_2.php
・FBI(米連邦捜査局)が、孔子学院を「スパイ活動」や「プロパガンダ活動」容疑で捜査。
・アメリカ合衆国「大学教授協会」は、(孔子学院と)関係を絶つよう、各大学に勧告
・現在では、北米を中心に、孔子学院の閉鎖が相次いでいる。
・シカゴ大学、ペンシルベニア州立大学、カナダのマクマスター大学が閉鎖。
・(孔子学院は、)世界を「中国化」させて世界制覇を達成するのが目的

・現在日本には、立命館大学(2005年)、桜美林大学(2006年)、北陸大学(2006年)、愛知大学(2006年)、札幌大学(2007年)、大阪産業大学(2007年)、岡山商科大学(2007年)、神戸東洋医療学院(2007年)、早稲田大学(2007年)、工学院大学(2008年)、福山大学(2008年)、関西外国語大学(2009年)、兵庫医科大学(2012年)、武蔵野大学(2016年)......などにある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
1位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター