女性の権利、女性の活躍 - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

女性の権利、女性の活躍

セクハラ問題やらフェミニズムについて書きましたが、ちょっと追記。

最近は女性の活躍や権利について語られていますが、「女性」って言っても色んな人がいるんです。

世代間で「女性像」「理想の女性像」も違うし、個々人でルックスや能力、それに付随する「人生観」も異なるので、全員同じ人生を歩めるかのような理想を追い求めるのは、リベラルが推進する多様性とちょっと矛盾するのでは?と思います。

家庭に入りたい人もいれば、家庭を持って時間通りに仕事したい人もいれば、独身で普通に仕事している人もいれば、時間通りでなくバリバリ仕事したい人もいるわけで色んなタイプの女性もいます。

起業したい人もいるし。

男性から熱心に口説かれないとなかなか恋愛に踏み切れない奥手な女性もいるし、

エロオーラが出過ぎてやたら痴漢やセクハラに遭う女性もいるし、

自分で口説きたい女性もいるし。

恋愛観も仕事観も家庭観も人生観もみんなバラバラなんだよね。

今の時代、ほっといても女性は活躍してますから、外国から言われて女性を持ち上げるのもちょっと変だと思いますよ。

出世したくない女性もいるんですよ。

私も、出世よりも最前線で営業や仕事しているのが好きでしたし、お金さえもらえたら出世には興味が無い人間です。だって、管理職とか言う調整役より、純粋に目の前の仕事している方が自分としては楽しいですからね。

ただ、結果が出てくると「こいつはライバルだ」とか勝手に思われて出世したい人から苛めやら追い打ちがかかってくる。そっちの方がめんどくさい。

「ヤレそうだ」と勝手に思い込まれて、「俺の女になれ」「え、違います。誤解です」「なんだと、俺を騙したな!!!」←単なる勘違いで、セクハラ事件に巻き込まれる。
純粋に仕事が好きなのに、見た目のせいでセクハラ被害に遭い、外から見ている女性に誤解されて「あの女はしょせん枕」とかあり得ないデマを流される。
仕事で結果が出てくると、望んでないのに社内政治に巻き込まれる。
仕事に集中したいのに、デマを流されて誤解を解くために行脚する。
そういうのめんどくさいから、自分で会社を始めたわけです。

グラスシーリング問題もあるとは思いますが、私は出世に興味ないのであまり気にしたことはありません。
男だって出世は大変なんだから、自分は能力があるから昇進する価値があるのに「〇〇だからできない」と思う人は、自分で会社起こせば良いと思う。いきなり社長になれるから。

私は企業勤めで、「お客様はコレが欲しいのに会社にはないから新しい製品作りたいのに会社は作らせてくれない」と不満でした。
意思決定も遅い。

そして、自分で会社始めてみると、意思決定は早くなります。
「うん、今の自分にはできない!」
みたいなwww

まあ、希望に満ち溢れて起業したわけではなく、生き延びるために副業をいくつかしていたのを取りまとめて会社にしているのと、マイケルの技術で原発事故処理ソリューションを創りたいから始めた会社です。

因みにうちの会社は殆ど女性です。

女性が多いと次は取引先にバカにされて、見積書でゼロ1個多いくらいのものを出されたり、デタラメの報告を受けたり、「男を出せ」と言われたり、色々ありますが。

まあ、それは、そのうち時代が変わっていくと思います。

そして、近い未来。

女性の活躍が推進され、女性の地位が向上すると、次は女性を狙ったジゴロトラップが出てきます。
特に仕事に集中して婚期を逃した女性に中国からジゴロトラップとか、産業スパイとか出てくるでしょう。

私のところにもいっぱいジゴロトラップが来ます(笑)
でも、それって対等になったという証拠というか、一部では認められたということでよしとしますか。

それでも、もっと女性の起業家が出てくれば良いと思いますけどね。

〆は、
「色んな女性がいるので、誰か一人やどこかの団体が女性を代表することはできない」
ということです。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(40歳)
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
4位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター