FC2ブログ

最新型: 顔認識、認識AIへのサイバー攻撃が始まった!!!

最近、米国政府が頭を悩ましているサイバー攻撃が始まりました。

対象認識、対象分類、顔認識等の機能を有する人工知能、ニューラルネットワークに対するサイバー攻撃が構築されて、米国に対する脅威となっています。

まあ、この問題は社会信用度スコアシステムを導入した中国でも同じなんですけどね。

この認識システムを崩壊させる攻撃ステッカ―の存在は世界最先端のセキュリティ業界を震撼させました。(そして、遅れているところは、脆弱性の存在すら気が付いてないww)

下記のヘンテコなステッカ―が『攻撃ステッカ―』と呼ばれるものです。

4種のパッチ 

え、どうして、攻撃か?

このステッカーを張ると、なんと!!!

攻撃ステッカーとばなな認識 上記が攻撃ステッカ―無し、下記が攻撃ステッカーありの結果です。
アホな話ですが、人間の目で一目瞭然。ここにあるバナナがAIから見えなくなってしまうというwww

これをこうやって顔に貼ると、アーラ不思議。

顔面攻撃ステッカ―


肉眼で見れば「なんじゃ、この変な人?」と悪目立ちしそうですが
AIの顔認識ではこの人が誰か分からなくなってしまうんです。

このままだと、顔認識システムでセキュリティを高めようとしている米国政府の思惑は崩れ去ってしまいます。

まあ、こんなヘンテコステッカ―を顔面に貼っていたら、目立ってしょうがないけど。

攻撃眼鏡 

こういう眼鏡だったら、どうですか?

このヘンテコ模様の眼鏡。

これをかけるだけで、顔認識AIは有名人も有名人と認識できなくなるという無能っぷりです。

ここで、R社の経営陣は何を市場に投入するかで激論を交わしています。(笑)

マイケル案「攻撃ステッカ―を見破るカメラの設計。サンプルは出来上がっている」

深田案 「あらゆる国の顔認識ソフトウェアを解析して、絶対に顔が分からなくなる認識攻撃眼鏡や認識攻撃スカーフを販売する。低コスト」

で激論となりました。(笑)

絶対に中国で売れると思うけど、まあ、これ作って中国で売ったら、あっという間に逮捕されそうだからやめとこうかなww

しかしさ、中国側はこういう認識ソフトの脆弱性をとっくの昔に理解していて、オリンピック向けに顔認識機能付きテロリスト発見監視システムなんかに目くらましする対策練っているのに、なんにも知らないで呑気な国ですよ。

放置国家ジャパン。
オリンピックどーすんだよ!
スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。