仮想通貨は匿名性を保てない!? - 深田萌絵 本人公式
FC2ブログ

記事一覧

仮想通貨は匿名性を保てない!?

ビットコインを利用して、ダークウェブで取引していた犯罪集団の一味が17カ国に散らばっているにも関わらず36名も逮捕されました。
⬇️ニュースソース
https://jp.cointelegraph.com/news/russian-national-arrested-for-cyber-crime-in-bangkok-allegedly-had-82-mln-in-btc

実は、大ブームのビットコインですが、ブームの始まりは匿名性の高さからドラッグディーラーや地下取引に利用されて来たのは周知の事実ですが。
実は、匿名性がそこまで担保されてないという矛盾が出てきたようです。

仮想通貨は「アドレス」と呼ばれる口座番号みたいなのだけでやり取りするのですが、過去の取引を全て遡って調べられるけど「誰」かはわからないということですが。
実は、鈴木さんと佐藤さんが仮想通貨で取引した時にアドレスだけで取引しても、鈴木さんと佐藤さんは自分たちが何の為に誰と取引したのはお互いに分かっているケースがあります。
そうなると、おとり捜査で取引の流れに入って取引履歴の中の「一人だけ」相手が分かれば、捜査機関の力を使って一人ずつ遡っていけば分かります。
鈴木さんを捕まえてアドレスBの取引内容を吐かせれば、鈴木さんと佐藤さんの取引だと分かり、佐藤さんを捕まえてアドレスCとの取引を吐かせれば、アドレスCは吉田さんのものだと分かり…を繰り返していけばいいだけです。
他にもある解析方法で犯罪取引らしき取引履歴を炙り出せる方法もありますが、アメリカが好きそうな解析方法なので捜査の邪魔にならないようにしばらく書かないようにしておきます(・_・;
その他にも、月刊誌WILL4月号に書きましたので、良かったらご高覧くださいませ(=´∀`)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(40歳)
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
4位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター