【場外戦2】 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

【場外戦2】

 

2015 11 26

【場外戦2】昨日の裁判官の質問

ストレスで顔のパーツがおかしくなったので、エステで調整中。

 

昨日、証人尋問で裁判官から質問がありました。

 

「創立の経緯を教えてください」

 

でした。
私の答えは、

 

「2011年3月11日に原発事故があり、発電所内のカメラのチップが放射線で壊れて動かなくなりました。それを解決する為に、以前から知っていたマイケル(仮名)の技術を使えば、耐放射線チップで遠隔で発電所内を監視できるカメラを作ることができると思ったからです」(ホントはもっとシドロモドロだったと思う´д` ;けど、言いたい事はこんなこと)

 

なんで。こんな変な会社始めちゃったのかな。
それはみんなが思う疑問だよね。

 

2011年、バークレイズを辞めて2年ほど、FXやったりしてた。バークレイズの時は投資銀行部門だったので、辞めてから1年間は疑われない為に株からわざと離れてた。

 

でも、原発事故が多くの人の運命を変えたし、私の運命も変えたのだと思う。

 

原発内部の様子が分からないということが、最大の課題だと思ったよ。

 

その時、ふっと脳裏に浮上したのが、変なチップの開発者。彼が米軍向けに耐放射線チップを設計していたこと、動画をリアルタイムで無線伝送する技術を持っていることを思い出した。

 

そうだ、リアルタイムに原発内部と津波を監視するシステムがあれば、最悪の事態は避けられるかもしれない、そう思った。

 

それで、マイケルに連絡した。
知り合ってから、半年ほど経ってのことだ。

 

最初、マイケルに一緒に会社やろうと誘って断られた。
当時は国内中堅商社とマイケルはジョイントベンチャーを経営してたからだ。

 

でも、粘った。
給料無しで仕事した。
中堅商社の人より多くの資料を翻訳し、英語苦手だが通訳もした。

 

数ヶ月して、マイケルはようやく私と会社を一緒に始めることにした。

 

原発事故や地震被害で、自分に何ができるだろう?そう思った人はたくさんいるし、いたと思う。

 

自分に何ができるんだろう?

 

そう思ったところから始めたのがこの会社。
だったかな。

 


スポンサーサイト

コメント

頑張ってください

頑張って、勝ってくださいね。
妻の実家は、⒊11で、津波と原発で無くなりました。
悔しい思いは、想像を絶するものです。
あなたの企業は、勇気をもらえます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いて本チャンになりました。
宜しくお願いします。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEI890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士3級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
24位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター