鴻海テリーゴウ「経産省安藤久佳は俺に逆らったから訴えてやる!!!」と恫喝。 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

鴻海テリーゴウ「経産省安藤久佳は俺に逆らったから訴えてやる!!!」と恫喝。

台湾ニュースで、鴻海テリーゴウが、

 「俺の東芝メモリ買収の妨害するヤツは、全部訴訟してやる!!」

 とのたまっています。

今回、ターゲットになったのは、東芝メモリのデュアルユース技術流出を防ぐ為、ひいては日本を守るために尽力してくださっているまじめな日本人安藤久佳氏です。

彼は、経済産業省商務情報政策局長(関東経済産業局長)として2015年に就任。


↑こんな方です。
 
彼は官僚として、国民の為に、国民が築いた東芝メモリの技術を日米関係の為に中国系企業には渡さないというスタンスでいるだけで、何も悪いことはしていません。

↓アップルニュース引用です。

テリーは「日本の経産省から妨害行為だ!!」と大騒ぎ。

さらには、
「民間企業間の交渉に日本政府がここまで介入してくるのは尋常じゃない。これは不公平だ!すぐに訴訟を提起してやる!!」
とまで言及している。

この記事では書かれていないけれど、テレビで見ていた台湾人の話によると、この安藤久佳さんについて下記のとおり語っていたそうです。

「東京地方裁判所で訴訟してやる」
「東京地裁の裁判官は俺(テリー)の言いなりだ」
「国際裁判所でも訴えてやる」
「俺に逆らった日本人は全員訴訟してやる!!」

超迷惑な人ですね。

日本の法律では、日本の公務員が公務で行なったことに関しては、個人に責務はなくて「国家賠償法」マターとなります。
それを安藤久佳さん個人を訴訟して、それを東京地方裁判所が速やかに棄却して行政訴訟に回さず、口頭弁論を開いたとしたら、それこそ東京地方裁判所が日本の法律を無視して中国の言いなりになっているという証拠ですね。

また、テリーは東京地裁は自分の部下みたいなものだから、安藤さんの個人資産を全部差し押さえてやるとも言っていたようなので、安藤さんが本当に訴訟されたとしたら大変ですね。

テリーは、台湾で、自分に逆らった人物をすべて訴訟で潰してのし上がってきた男なので、楽観視はできません。

もし、安藤久佳さんとお知り合いの方がいれば、弁護士を買収されないように気を付けてほしいとお伝えください。これは、国家賠償法マターであり、彼個人の責はありません。



http://m.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20170613/1138745
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
22位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター