記事一覧

内藤陽介先生の「朝鮮戦争」

今朝はだいぶ前に買った内藤陽介先生の「朝鮮戦争」読みました。


まだ、冒頭だけですが。
面白いので忘備録として、簡単にまとめます。

戦中に「キムイルソン将軍」という伝説の抗日家が居たそうで、幾人かが戦費調達の為に「キムイルソン」を名乗ったそうです。

そのなかの金成柱という人もその一人で、普天堡で警察を襲って武器弾薬を盗み、小学校と商店を襲って大金盗んで満州へ逃げたそうです。
これが「抗日パルチザン戦争」の功績だそうですが、「ただの強盗では…(・_・;」という気もします。

その後、更にソ連に逃げて、抗日戦争に参加したいとソ連軍極東司令官にお願いしたけど、断られ、戦おうと戦地に赴くも司令部に怒られて、結局戦いに参加してないようです。

ソ連は戦後に衛星国建国に忙しくて、金成柱さんを「伝説のキムイルソン将軍」にしたてあげようとして、1945年10月14日に将軍歓迎大会を開催してキムイルソンとしてデビューさせた。

その時に、本物の金日成は1920年代から抗日戦争家として名を馳せてたので、33歳のソ連のスーツ着た青年な訳ないと気が付いた人たちが「ニセモノ!!」と抗議したようですが、ソ連兵士に弾圧されて終わったそうです。

なんか、ビックリな話ですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
建国の過程からニセモノとか、らしいといえばらしいけど。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ