NSAから技術を盗んだ「wanna cry」 の犯人はたぶん台湾人な件 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

NSAから技術を盗んだ「wanna cry」 の犯人はたぶん台湾人な件

世間をお騒がせさせたウイルス「wanna cry」ですが、犯人像がかなり絞り込めてきたみたいです。

マイケルがずっと前から「犯人は青幇だ」と言っていましたが、確かに台湾人ポイ証拠がいくつか上がっています。

連合新聞のニュース (左クリック)ネット版からです(^▽^)/
   「wanna cry のハッカーは中国人の可能性!」
という衝撃的なのか、「やっぱり?」的な見出しから始まります。(笑)

 アメリカの「Flashpoint」によると、wannacryのサイトにつながると変な英語が表示されるそうです。下の画像をご高覧ください。
「but you have not so enough time」
が文法的におかしな英語になっています。
それを言うなら「you don't have enough time」でしょうが、こういう〆切設定されている場合はネイティブはこういう表現はしないかもしれませんね。


単語はともかく、文法を中国語版と英語版のウェブサイトで比べると、
英「but you have not so enough time」 サイトから
中(但你沒有這麼充裕的時間)サイトから
日(ただし、君、ない、その十分な、時間)深田説明用単語
語順が中国語になっています。(笑)


 
さらには、フラッシュポイント的には、「これは国家的ハッキング活動の特徴を有さず、サイバー犯罪活動の特徴がある」となっています。

このワナクライのソースコードはNSAから盗まれたものなんですが、「国家スパイ」ではないというところがミソですwww


フラッシュポイント記事を見ると、もっと面白いことが書いています。
「韓国語の翻訳が最悪で、絶対に犯人は韓国人ではない!」
と。(笑)
韓国が外れただけでなく、「精鋭ハッカー軍団保有」の北朝鮮も容疑者から外れたようですね。おめでとうございます。
そして、
「中国語だけど、ネイティブではない」
とも書かれています。
アメリカ人的な発想で言われる中国語は、中国共産党が作った簡易中国語で現在標準語として使われている「普通話」(プートンファ)のことです。

ということは、大陸のハッカーではないので、「人民解放軍」も容疑者から外れる可能性が高まります。(笑)


wannacry.jpg 
(https://threatpost.com/wannacry-ransom-note-written-by-chinese-english-speaking-authors/125906/ から画像を引用)

そして、中国語文中の単語に注目。
シンガポールの「海峡時報」の調査によると、上記画像の赤線のところ、「礼拝」となっていますが、南方中国、香港、台湾、シンガポールで利用される方言で「週間」という意味です
現代中国語では「星期」が用いられます。

それだけでなく、幇助を打ち間違えて幇組と打っているあたりから、このウェブサイトの原文は中国語版ではないかと推測され、中国語版をグーグル翻訳に当てはめてみると、やはり誤訳のパターンがグーグル翻訳に沿っているようでした。( ´艸`)クス

ということは、犯人は、
「国家ではなく、ハッカーとしての訓練を受けていて、南方訛りの中華系民族でかつNSAにアクセス可能な集団」
であり、このハッキングの目的であるはずの「ビットコイン」も換金されていないことから、「金目当てではない」と考えられる。
隠された目的は、おそらく、「ランサムウェアのふりをして各国の公的文書や企業秘密を集めている」というポイントであり、このあたりが「クリプトロッカー」とは異なります。

ただし、クリプトロッカーの犯人も厦門あたりの人なので、南方中国人の部類に入ります。

ポイントは「南方訛りの中華系でかつ、NSAにアクセスできる」人物が、台湾人である可能性が高いということ。台湾政府は米国諜報機関に協力していたので、主にそのアクセスは台湾国民党系であること、台湾国民党はほぼ青幇(チンパン)というマフィアであるということです。

青幇は、戦前から諜報活動で財を成し、中国共産党、日本軍に嘘と本当の情報をごちゃまぜにして売っていた集団です。

まあ、NSAにアクセスできる南方中国人、青幇。
青幇は厦門にも拠点があるので、まあ、意外と外れていないかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
22位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター