中国五千年の物語 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

中国五千年の物語

この本、最近読んだ本で一番面白い( ^∀^)

古代中国に現れた神様と、神様と漢民族(たぶん)の間に産まれた子孫の話です。
中国にも神様の子孫が国を統治している時代があったのですね。(実話か神話かはナゾのまま)
私が嬉しいのは!
三皇の後の五帝時代の黄帝が統治に悩んだ後に老子の教えに感銘を受けたフシがあるところですね。
親近が無いので疎遠もない。
愛も憎もない。
自然のまま。
中国にも神様を信じて尊敬していた時代があった。
現代中国人が聞いたら驚くかな^_^
私が老子が好きだというと「迷信で呪術師だ」と台湾人が言った事があるけど、老子の本の内容は韻の踏み方も美しいし、内容も面白いよ。
毎年何度か読みたくなるくらい。
でも、翻訳は満足してないから、いつかは自分で訳本を出したい。目下勉強中^_^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター