トランプとパテントビジネスとFBI - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

トランプとパテントビジネスとFBI

アメリカ人とお喋りしてたよ。
トランプが警察を含む行政が個人法人を問わずにある人格に利益をもたらす為にその権力を濫用した際には『収賄とみなす』との規定を作ったらしいですが。
その背景にFBIの汚職があるみたいで(・_・;
深田萌絵と中国スパイのF35事件の時もそうでしたが、FBIが汚職してるのかのような振る舞いするんだよね。どう考えても、調べても、一般市民の深田を中国のスパイに仕立て上げようとしてFBIが米大使館職員から冷たい目で見られる事件があったんだけども(・_・;
(その後、FBIのジョンデビッドソンがどうなったかは知らない。事件当初はあんなに『ファーウェイのアイウェイがウロついてるなんてあり得ん!!イミグレで止めない日本政府は気が狂ってるから古屋圭司に言いつけてやる』と言って、キャロラインケネディも出て来て古屋圭司と日米重大犯罪なんたら協定みたいなのやってたのだが、いつの間にか中国に、抱き込まれていたようだ。別にFBIが脆弱というよりかは、中国人の人心を揺るがす能力の高さには眼を見張るものがある(・_・;))
まあ、FBIの汚職が米国本土でも酷いみたいで(・_・;
アメリカ人も薄々気が付いてたみたいだけど。
それと、パテントビジネスの何が関係あるのかというと、最近は特許で遺伝子の配列も申請できるようになったらしく。
「遺伝子の配列特許」
なる特許は、なんだか神への冒涜な気もするんだけど、そういう悪魔のビジネスに手を染め始めた会社がありまして(・_・;
何が悪魔なのかというと。
遺伝子組み替え作物って、御存知だと思うんですが、それが疫病に強く、虫にも食われないから、種が飛んでくとよその遺伝子組み替えでない作物を作ってる畑を荒らしちゃうんだよね。
まあ、荒らすというよりかは、勝手によく生えちゃうんだけど。
そうすると、遺伝子の配列特許取ってる会社がたまに作物の遺伝子検査を近隣の畑で隠れてやって、風で種が飛んでった畑のオーナーを「うちの作物の遺伝子配列を盗んだ!」と言って訴訟するらしいんです。
その時に警察に被害届けも出して、FBIが取り調べに加担して、何も知らない農家のおじさんがわたふたしてるうちに弁護士使って滅多打ちにして零細農家から賠償と称して土地を奪うというビジネスモデルを作り上げて、そこにFBIを利用していたような雰囲気?(・_・;だったんだけど。
トランプが、新しい規定を作って、警察という国家権力をある一定の個人法人に使ったら『収賄』になるとしたので、今後企業がFBI使えば、FBI担当捜査官もお縄になるという仕組みに作り変えたみたいね。それが、どの条例なのかとか、分からないけど、後で調べてみよっかな。
一昨日は、オバマサポーターという噂のシカゴマフィア本気でぶっ潰す宣言してるし、トランプってやっぱり金持ちだけあって、賢くて行動力あって、法にも精通してるんだなと思いました。
アパホテルのオーナーもやっぱり賢いんだろな(・_・;
スポンサーサイト

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
22位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター