記事一覧

ワルシャワ紀行と社会主義

一人ぼっちのワルシャワだったけど、それなりに楽しめたよ( ´∀`)
安いからポーランドエア使ったけど、東京へのフライトが毎日出てないという事を見落としてイスラエルでの打ち合わせが伸びたのでフライト変更したら帰りが遅くなってしまった。
一人でワルシャワをプラプラするのも退屈なので今回は珍しくガイドさん雇ったけど、かなり気の強い女性で面白かった。

政治に関心の無い最後の王様のおかげでポーランド王国が滅んだ事に怒り、ポーランドを復活させた人物に感謝し、ドイツが攻め込んできた怒りよりもロシアの裏切りに怒り、戦後の初の選挙で選んだ民主主義の大統領が無能だった怒り、その次の社会主義党から選ばれた大統領は政治に精通していてので多少マシにはなったがそれでも社会主義は最悪で戦後復興の最中に金が途切れて社会主義風の建物は途中で建設が打ち切りになって良かったと安堵し、最後には大統領は居るけど意味があるのは首相の存在だとして締めくくった。

(ポーランドの中国共産党スパイ企業ファーウェイ)
ナチスドイツよりも共産党が嫌いだなんて、なかなかシュールなツアーガイドさんだ。ソビエト連邦から贈られたワルシャワで一番高い科学館からのパノラマビューはポーランド人には最高の眺めで、何よりも共産党が建てたビルからの眺めには共産党のビルが見えないのが最高だうだ。
ポーランド人は品格がある。
かつての敵国をdisる事なく自国の文化をルネッサンスして、「ポーランド素敵でしょう」と語る。信号の無い道を渡る時には、率先して車が信号無しで自発的に停車して歩行者を優先させるなんて、なんて教育レベルが高いのだと驚きました。

(美しい建物は全て戦時破壊されたけど、再建したそうです!)
色んな国に行きましたが、信号が無い道を渡るのは命懸けで左右をキョロキョロしながら中央線まで走って一時停止、そしてまたキョロキョロしながら走らなければならないのに、ポーランドではチラリと見るだけで渡れるのだ。子供たちも安心して渡ってるね。
 
(信号なくても、子供たち大丈夫)
タクシーは、ぼったくらないので、運転手とバトル必要もない。※物価の安い国でもボッタクられるのは気分良くない。
それとチンチン電車もある( ´∀`) 

この物価で、これだけ楽しめるのに、すごくオーガナイズされていて、人も優しくて丁寧なので感動した(・_・;
外国人が日本に来たら感動する理由もよく分かるけど、ポーランドも感動する。
最後に、フライトに乗るために空港でチェックインして、イミグレを終えて、ゲートでチケットを切って飛行機に乗った。
「お客様!この飛行機じゃないですよ!」
と怒られて、警備員に追い出された(・_・;
「えー、だって、飛行機までの渡橋こっちになってるんだけどな…」
と来た渡橋を戻り、東京行きの飛行機に乗り込もうとするお客さん達に「これじゃないらしいです」と伝えて、東京行きの飛行機が見えてる渡り廊下にまで戻ったが通行止めになっていた。
他の警備員が走って来て 
「犯人は俺じゃない!」
と言って、通行止めを解いて通してくれた。
みんなでホッとして、飛行機に乗り込んだけど、イヤイヤ、やっぱり通行止めの標識間違えて置いたのはさっきの彼だなと思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ