中国人が鹿島建設を強制労働で訴訟は合法か? - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

中国人が鹿島建設を強制労働で訴訟は合法か?

趣味訴訟の深田です(・_・;

藤井一良もそうですが、中国共産党は日本国内に大量の同志弁護士と洗脳済み同志裁判官、買収済み裁判官を抱えているので、「えー?こんな昔のことで訴訟していいの?」みたいなのが後を絶ちません。
訴訟はデタラメでも訴状は提出できます。裁判官が「訴えそのものが不適法」と判断すれば、第一回期日が開かれずに棄却されてしまうこともあります。
訴状の内容が分からないですが、パッと見た感じだと訴訟の争点は、まず「時効」。そして、もう一つはこの訴訟を起こした人が本当に原告となって鹿島建設を訴えていいのかという「当事者適格」を争う事になるのかなぁ(・_・;
本物遺族なら、いちおう当事者適格になるのか。
スポンサーサイト

コメント

No title

そのような訴訟の乱用は断じて許されたらあきまへんね(呆)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いて本チャンになりました。
宜しくお願いします。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士3級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
23位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター