シャープ ScienBziP子会社の怪 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

シャープ ScienBziP子会社の怪


蓮舫事件と肺炎で暫く、シャープ放置していました。
サッとおさらいすると、鴻海が出資金を支払いせずにシャープを倒産に追い込んで民事再生で100%株を取得しようとしているような動きがありました。

それを阻止すべく、独禁法違反で日公取委に申告し、日本公取委が無視するので米司法省に申告しというところまで書いていましたね。

8月5日 米司法省から「鴻海の件、専門家に任せます」と連絡。

8月12日 鴻海が慌ててシャープに出資金払い込み。

8月25日 米司法省から「鴻海の件、クローズしました」との連絡。
※当時、肺炎でメール見落としました。

ここから予測できるのは、米司法省は本気で鴻海を調べ始めたのでしょうね。そこで、鴻海は慌てて出資して、「米司法省に問題ありませんでしょ?」と報告して手打ちになったと推測されます。

シャープは延命されたのですが、肝心の知的財産権がヤバいです。
知財管理を半分鴻海出資の会社に任せるという発表。

それ、鴻海に株渡してまで子会社作る必要あるの?シャープ株主の利益ないよね?って感じです。

シャープの知的財産権を管理するScienBziPジャパンという会社が設立されたのですが、実は株主が一部不明。
ScienBziPは鴻海が間接的に51%保有する、これまたケイマン諸島の会社で略してSBPと呼びますが、SBPジャパンの株主が開示されていないのが気になります。

500万円の資本金で始まったSBPジャパンという知的財産権管理会社ですが、シャープ役員が株主になっているのにそれが誰なのかという発表が為されていない。

また、500万円の会社にシャープの莫大な知的財産権を管理させれば、収益は管理会社に入る。管理会社は低コストで運営できるので、内部留保が貯まる。内部留保が配当されたら、役員丸儲けになりますよね。

知的財産権を取得する時のコストはシャープ本体で、利益は鴻海とシャープの役員(と言っても鴻海の人)に流れる構造になりませんかね。そもそもケイマンの会社を通す理由が分からない。

シャープ子会社開示情報サイエンBジップ


だいたい、「株主は当該会社の役員」って表記、まずくないですか?
そして、当該会社の役員のうち8名はシャープからでしょ。
役員が株主なのに、名前を表記しないのは何故?
(全部鴻海の人だったと仮定したら、この会社は実質49%鴻海支配下だよ)


だからこそ、開示するべきだと思うんですよ。
もし、シャープが透明性の高い会社に生まれ変わろうとしているなら。

開示義務のない範囲で保有されているのでしょうが、明らかに価値の高い会社の株式を、価値よりも安い価格で株式発行しているならシャープ株主との利益相反になるでしょうし。

役員は内部情報を持っていて、この管理会社がどれくらい儲かるか分かっているわけで、売買はできないにしろ配当がいくらくらい貰えるとか、それくらいは分かるわけです。

合法なんだけど、不適切。
そんな感じに見えちゃうわけです。

日本の法の網目をくぐってやられちゃっているわけですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
23位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター