記事一覧

【隠されたシナリオ】シャープ買収中国公取委承認の背景

シャープ買収に中国承認が下り、明日にでも鴻海がシャープに金を払える段取りとなった。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6210789

数日前、シャープを退職した人物から連絡が入った。

「シャープ社内では、中国、日本、台湾、主要国の公取委の企業結合(買収)の承認が全て得られたので、高橋社長が8月第三週に鴻海から出資を受ける予定だと言っているようです。ところが、8月第三週って、夏休みで社員があんまりいないんですよ。だから、おかしな話だなって、社内でも言ってるらしいです」

あれ、?、と思った。

日本の公取委からは何の発表も出てないのだ。

しかも、米司法省から、鴻海の独占禁止法ガンジャンピング規制違反の件について法務の専門家チームで調査するというお手紙が、先週、私の手元に来たところだ。

台湾、米国の承認は出ていて、中国の承認は(8月10日時点で)無くて、日本の公取委もうんともすんとも言わない。

変だと思って、日本の公取委に電話して、下記やりとりがあった。
それが8月10日のこと。

===やり取り==(公取委担当者の名前は伏せておく)
深田「独禁法に基づきお手紙書いた深田ですが、その後、何の連絡も無いんですがどうなったのでしょうか?独禁法では書面で回答するとなっていたと思うのですが」

公 「独禁法では、結果のみを申告者に送付します。結果が出てないから、書面もありません」

深田「そうですか。(米司法省は、着手した連絡くらいくれるのに残念。国民に対する回答義務の無い日本の民主主義レベル低ッ!)。ところで、公取委は鴻海とシャープの企業結合の承認出したのですか?」

公 「発表していないことは、回答できません」

深田「どうして発表しないんですか?」

公 「結論が出てないのに発表できるはずがありません」

深田「買収の結論が出てないから、発表されてないということですか?発表されてないということは、買収の承認が下りてないということですね」

公 「そう解釈して頂いて結構です」

===電話でのやり取り引用終わり===

という感じだったのだ(・・;
公取委は、「シャープ買収承認してない」と、遠回しに認めたように私には見えたのだが、どういうことなんだろうか。

そして、日本のメディアは誰も全く日本の公取委の動向について、一切語らないのも何故だろうか。

そこから考えられる二つのシナリオがある。

===シナリオ①責任は全部日本人って言いながらシャープを倒産に追い込む===(※このシナリオは妄想です)

気になったのが、日本の公取委の回答。
承認が本当に降りていなかったら、出資できないはずなんだけど。
だったら、こういう事をテリーは言い出すのだろうか。

テリー(妄想です)「ホンハイは出資しようと思って、お金は用意しましたが、日本の公取委がNG切ってきたのでやっぱりお金は払うことができませんでした。何もかも仕事が遅い日本人のせいで、シャープは倒産しました。シャープが倒産したのは日本の公取委の責任です。全てに決断できない日本人が行政を行ない、企業経営を行なうからこんなことになります。倒産したシャープは、鴻海が責任をもって100%無料で取得し、それまでの株主には責任を取って出て行ってもらいましょう。チャプターイレブンだぁ!」
※チャプターイレブンは、民事再生法のこと。

これは既定路線で、無いとは言えない話だけど、台湾側も実は事情が変わったので、シナリオ②も考えた。

===シナリオ②シャープ出資します!え、夏休みで社員いない?怠け者め、お前がいないから預金は私が管理する!=(※このシナリオは妄想です)

ここでポイントになるのが中国当局の要望に鴻海が応えたので、承認許可が下りたということ。
鴻海からの出資を見た目分散せよという、独禁法上あり得ない指導が出たそうだが、そもそもシャープを買収するのは鴻海ではないのだ。

シャープ買収mapパナマ事件

以前にも話しましたが、シャープ買収のスキームは元々こうなっていて、これこそ独禁法逃れ、会計計上逃れのスキームにしか見えないわけですが、中国当局はこれを更に分散しろと要求したようです。
ただし、新株発行の引き受けは株主総会の承認事項なので、来週株式を発行するのには株主総会招集に2週間必要だったはずなので、間に合わない。(会社法第299条)

ということは、日本の当局に届けている上記図のスキームはそのままに、引受会社側の株の構成を弄ったということなんだろうが、外からは何が起こっているかは分からない。ブラックボックス化されたうえに、クラスタ処理された謎の出資なのだ。鴻海のパナマ企業のメインバンクが三菱東京UFJ銀行という異常事態のまま、事態は進行しているのに日本政府も金融庁もダンマリなのだ。

とにかく、中国当局は来年まで絶対に鴻海のシャープ買収を認めてやんないと言っていた割には、突然アッサリと承認した背景、パラメータがまだ一つ隠れていた。

鴻海は金が無いということだ。

金がなくなった背景は、台湾にある半導体シンジケート、青幇の主要な収入が絶たれたのだ。
民進党が議会を掌握し、国民党配下の青幇に流れた金を還流させるという案が120時間議会で可決したのだ。(台湾の民進党はエライのだ。名前をパクっただけの党とは違う)

民進党になってから、台湾の土地を無償で貰えなくなって、キレたテリーゴウが市町に怒りの電話を掛けるというニュースも以前に流れた。

そして、空港税やら石油税等の税金を収入源としていた青幇も、配下の国民党も、いまやピンチなのだ。

泣きっ面に蜂ではないが、こんなニュースも出た。
http://iphone-mania.jp/news-124088/
アップル様がサプライヤーに厳しいコストカットを要求しているという記事が7月頭に出ていた。

これで煽りを受けるのは、売上の大半がアップルで占められている鴻海だ。
国からの助成金は得られず、国民党も冷や飯、青幇も収入減も絶たれ、こうなったらシャープを潰して乗っ取るよりも、サッサとシャープを使ってみずほと三菱からシャープに金を入れてもらう方が得だと踏んだ。

ただし、ちょっとまずい事がある。

先にお金を振り込んでしまうと、違う銀行口座に振り替えられてしまっては、手も足も出なくなるのだ。
心配する理由は、シャープ社長は言いなりでも、社員からはかなり反感を食らっているからだろう。

そこで、妙案を思い付いたのだ。

シャープ社員がルンルンと休みを取って、シャープがもぬけの殻の休みの間にお金を振り込んで、そのお金を鴻海の管理下にある銀行口座に移管してしまおう。
そうすれば、シャープの財務諸表上はお金は入っていることになるし、シャープに出資したお金は鴻海が好きに使える。

そうだ!夏休みに出資しよう!
そうすれば、シャープ社員も出し抜けるぞ!
日本人は勤勉と言っても、わざわざ夏休みに出てきて、我々を監視するほど腹が据わっている奴はいない!
レッツゴーシャープ!
テリーゴーシャープ!
テリーゴー万歳(/・ω・)/
=====シナリオ②終わり

と、二つのシナリオが考えられるのだが、半年前と異なり、さらに資金繰りに困窮する鴻海の現状ではシナリオ②に移ったとみるべきではないだろうか。

シャープ社員の皆様。
夏休みの間に、会社が乗っ取られるかもしれないので、休まず会社に行ってくださいね。
特に、経理の皆様には是非、通帳をしっかりと握り締めて頂きたい。

中国では春節の間にひっくり返る会社はたくさんあります。
中国とはそういう国なのです。

私は、かなり中国が好きで留学までしていたのですが(・・;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ