記事一覧

ヤフー株計算が…

ヤフージャパンの株主であるソフトバンクが米通信大手スプリントを昔買って、米通信大手ベライゾンの競合となった。
そして、ソフトバンクがARMを買収した。
ベライゾンが米Yahooのインターネット事業を買収するということで、48憶ドル(約4800億円)で合意。
誰でも思うことだと思うんだけど、米Yahooからインターネット事業を取ったら何が残るのか?と疑問が湧いたのだ。
ソフトバンクへのけん制かと思ったけど、米Yahooのインターネット事業買収というのにヤフージャパンと特許は入ってないらしい。
(アリババも入ってないとみられる)
(ここからは全部大よその数値で一ドル100円前提)
米Yahooの時価総額は368億ドル
引くことの
インターネット事業48億ドル
特許ポートフォリオ10億ドル
アリババ持ち分310億ドル
ヤフージャパン83億ドル

で、あまりがマイナス83億ドルという時価総額になっているのだ(・・;
アリババ投資の繰り延べ税金負債126億ドルを合わせると、43億ドル分くらいの価値は残る計算になるんだけど。
そのうち、15億ドルは固定資産(機材とか不動産)だから、米Yahooの将来の事業価値はおおよそ28億ドル分くらいが残っている計算になる。
(あくまで、どんぶり勘定ですよ)
米Yahooってインターネット事業と特許とアリババとヤフージャパン抜いたら、空っぽな会社になっちゃうはずなんだけど、この28億ドルは何なんだろう?とか思っちゃうんだよね。
私的には、米Yahooは、ネット事業、特許、アリババ、ヤフージャパン抜いたらバリューゼロだという前提で見てたので、この謎の28億ドルのバリューが気になって仕方がない。(よくあるのは、見落としによる計算間違いだが(・・;)
あと、もう一つ気になることがある。
このベライゾンのYahooインターネット事業買収劇の裏には、米国内で中国政府傀儡と評されたソフトバンクのARM買収に脅威を感じた米国経済界がベライゾンのYahooネット事業買収を歓迎しているという業界の噂だ。ビジネスで儲かるなら大歓迎のアメリカ経済界も、そろそろ中国牽制の動きを始めたようだ。
中国大好きな米国だったが、最近は反中の動きにもなっている。
ファーウェイをせっかく米国から追い出したのに、中共はソフトバンクを使ってスプリントを買ったりしてウットオシイと思っていたところに、車の通信チップであるARMを買収するというもっと頭が痛い展開になったのだ。
ソフトバンク経由でARMとファーウェイが連携して、自動車の通信チップにバックドアを仕込まれて自動車として米国内を走り始めたら基地局を抑えられる以上の国家安全保障問題になる。
アメリカ側は、米Yahooから主要事業を剥がして、中共べったりのアリババとヤフージャパンを残してどうするつもりなんだろうか。
ここからソフトバンクを追い込む施策でも考えているんだろうか。
なんてことをYahooファイナンスのコラムで書くから、ヤフージャパンからアカウントを凍結されるということになるんだろうけどね。
まあ、ヤフージャパンが反日で本物日本人の株コメントを締めだして、情報操作し続けたいという気持ちもあるんだろうけどね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ