ATM18億円不正出し子600人 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

ATM18億円不正出し子600人

手口が見事?
ATM十数億円引き出し事件

のニュースで警察官が、「いや、見事な手口です」と絶賛中のこの犯罪。

銀行カードに磁気テープ貼るって、そんなに技術要らない手口だと思うんだけど(・_・;

これは、不正アクセスと言えば不正アクセスだけど、グローバルネットワークではないので不正アクセス禁止法には該当しない。ただ、これは幸いにも、コンピュータを騙して財物の移転を行うのは、刑法246条二項の電子計算機使用詐欺罪に該当する。

===ウィキペディアより引用電子計算機使用詐欺罪について==
実行着手
虚偽の情報又は不正の指令を与える行為を開始した時点・虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供する行為を開始した時点
既遂時期
財産上不法の利益を得た時点
法定刑
10年以下の懲役
====

10年の懲役って、出し子に雇われた人たちは分かっていたのかしら(・_・;

この事件は争点はあまりないので、実行犯から遡って教唆犯、主犯を見つければ終わりだと警察は考えているでしょう。

しかし、この事件は、もっと複雑だ。

真犯人は日本のヤクザではない。

先日、台湾でATMに触れもせずに大量のお金が突然出てきて、それを持ち逃げしたロシア人の一味がいた。ロシア人は中国人から、基板の解読方法を学んだらしい。

ということは、ATMの基板に乗ってるFPGAの鍵システムが既に盗まれていたということだ。
FPGAとはプログラマブルなチップのことで、FPGAの鍵システムが盗まれるというのは、全ての認証システムをバイパスできるハードウェアのバックドアを手に入れたということだ。

その事を先月、警視庁に届けたのに、「購入した基板の鍵を壊して鍵システムを学ぶのは犯罪ではない」と言って私は門前払いを食らった。
ローカルエリアネットワーク経由の犯罪は歴史が長いが、このFPGA鍵を壊す犯罪は新しい手口だ。

ATMの基板を台湾の基板設計会社が設計し、中国で製造する。台湾人が設計情報を全て中国に渡し、中国で製造した基板を基に中国人がFPGA鍵をバイパスする方法を作り、ソフトウェア暗号の解読をロシア人が行う。

暗号技術に強いのは、ロシア、中国、ドイツ、アメリカくらいしかない。暗号技術開発にはスパコンが必須で、どこかの議員がスパコン二位でいいと言って日本のスパコン予算を削ったのだ。

お互いが得意分野の技術を持ち寄った犯罪に見えますね。

このATM犯罪、日本の暴力団すら実行犯にしかならないのだろうけど、日本の警察では真犯人は逮捕できないでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター