藤井一良完全犯罪のトリックについて - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

藤井一良完全犯罪のトリックについて

昨日は四人目の支援者から、「藤井氏より刑事告訴と民事訴訟するとの連絡が来た」とありました。

脅迫とも取れる彼の無法者ぶりには呆れます。
果たして、彼に刑事告訴を起こす要件を満たしているのかといえば、甚だ疑問です。

私は、最近藤井一良氏と訴訟する時は彼の本当の名前の「呉思国」という名前を並行で表記するようにしています。

それには理由があって、「藤井一良」という戸籍は公正証書不実記載によって取得された戸籍であって、戸籍法上において存在してはならない戸籍なのです。
「藤井一良」が架空の名前、架空の人物だとすれば、存在しませんとなればどうなるのか。仕方ないので、私は彼の本名も表記して訴訟しています。

というのも、民事訴訟法では「当事者」として適格であるかどうかが訴訟要件の一つでもあるので、戸籍法違反で取得された「藤井一良」という戸籍を原告とすることは、訴訟要件を満たさないというそもそもの問題が発生するのです。
なので、仮に私が勝訴したら、彼は「僕は藤井一良ではありませんよ」と言って、呉思国に戻ってしまって倍賞支払いや責任逃れが出来てしまいます。

呉思国なら間違いなく原告適格ですし、当事者としても認められるアイデンティティです。
私が彼から訴訟された時には、その事を知りませんでしたので、訴訟を受けてしまったというのがそもそもの間違いだったというわけです。現在は、彼に当事者能力が無い事を確認したいという訴訟が進行中です。

民事訴訟法において、何故、当事者適格であるかどうかをまず訴訟要件とするかというと、端的に言って「成りすましによる不正受給」を防ぐ為です。

生活保護を申請するのに、要件を満たしていない、或いは戸籍を偽っていたとしたらそれは当事者不適格で不正受給となり「詐欺罪」に該当するでしょう。それと同じです。

あと、信用毀損罪についてです。

信用毀損罪(刑法)と名誉毀損(民法)のそもそもの違いは、信用毀損罪では事実であれば信用毀損に当たりません。深田萌絵の本名が「浅田麻衣子38歳のBBA」である事を誰かが書いていても、私はその人を信用毀損罪で訴えることはできません。「深田萌絵の本名は浅田麻衣子」は紛れも無い事実で、「ぐじという魚は甘鯛です」という事実を言ってるのと何も変わらないからです。
また、私はこのブログで証拠を提示しながら、証拠から導き出せる相当であろう事実を書いています。

櫻井よしこさんは薬害エイズの記事で名誉毀損訴訟を提起されましたが、判決は「事実だと信じるに足りる証拠がある」として櫻井さんの勝訴でした。それは彼女が用意した証拠に「相当性」が認められたからです。

私は、彼の戸籍が怪しいと足る証拠は既に提示しています。

それに。

昨日まで、「山口県生まれの日中ハーフでITの天才少年」だったのが、今日は「廈門生まれの日中クォーターでバイオの天才少年」という方がおかしいのではないでしょうか。天才を名乗るなら、もう少し辻褄を合わせる等の配慮が必要でしょう。

信用毀損罪として刑事告訴で争うなら、検察相手に弁護士付けずに受けて立ちましょう。私は藤井一良氏の渡航履歴の開示請求を出します。彼が実在するのか、徹底的に争いましょう。

彼が名誉毀損で訴訟提起してきたとしたら、中身の審議の前に私は彼に当事者能力があるか否かをまずは徹底的に争います。

藤井氏のように完全犯罪を試みる人はたくさんいるでしょう。藤井氏もそうです。

藤井氏の完全犯罪とは、同名デラウェア法人の銀行口座を日本に解説し売上隠しを行い、IMJのサイトのソースをコピー、科学技術振興機構のデータを中国に移管、弊社のソースコードを持ち逃げ、更には弊社の実印を元副社長小林英里に盗むように持ち掛ける等の数々の犯罪行為です。

そのような犯罪行為を行なっても彼が平気な顔をしていられるのは、彼は民事訴訟されても弁護士を通じて裁判所を買収すればいいと考えているのに加えて、刑事事件にまでなれば「藤井一良」という名前を捨てて当事者であることを辞めればいいからです。

しかし、この世に完全犯罪というものはありません。ミステリー小説を読むと分かりますが、完全犯罪は必ず盲点を付いてきます。人間が見落としてしまう盲点にこそ、犯罪のトリックがあるのです。

彼の完全犯罪の盲点は、「藤井一良が存在しない人物であるということ」です。

まさか、高校や大学で隣に座っていた学生が存在しないとは思いもしないでしょう。

それが、このミステリーの盲点だったということです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター