記事一覧

削除された記事5 第五回戦

これも削除された記事です。
何故か、裁判官と弁護士の癒着を描くと消されたようです。


第五回戦 梶原利之と裁判官癒着の謎
(2014年1月頃の話)

裁判構成は下記となりました。

保全事件 アルファアイティ → マイケル銀行口座差押 (第四回戦の話。実際は深田名義の口座)
異議申立 深田会社 → アルファアイティ  (第五回戦)
本訴   アルファアイティ → 深田会社  (第五回)
逆訴訟  深田会社 → アルファアイティ (場外戦で2015年11月25日に証人尋問)
別訴   マイケル&エリ → 藤井一良(クリプトロッカー事件)
国賠   深田会社 → 国&遠田真嗣  (第五回戦)

いわゆる泥沼化です。

三菱東京UFJ銀行新宿中央支店の支店長田中靖士が引き出した私のお金を取り戻すべく、差押異議申し立てを行った。

代理人は森川紀代弁護士。

【保全事件敗戦】
異議申し立ては法廷では無くて民事九部にある審尋用の小さな部屋で行われるのだが、この森川弁護士が裁判官い対して何も言わずに黙って俯きなので、深田が自分で自己弁護する始末に。

「裁判官、この証拠見てください!」

そう言って、棚橋知子裁判官の眼前に証拠を指し出したら、棚橋はおもむろに顔をそむけて「貴女の証拠は見ません!」と言った。

チラと見ると、書記官戸谷多恵は中国語でメモを取っている。

『ヤバい・・・、この裁判、なんかヤバいぞ・・・」

深田は、嫌な予感がした。

初めての裁判所だが、直感的に異常な雰囲気が流れてるのが分かった。

棚橋は最後まで梶原弁護士にヘイコラして去り、梶原利之はボサボサに伸びた髪の間から勝ち誇った瞳を見せ、「おい、深田。ちゃんと書類くらい確認しろ!」と悪態をついて出ていった。


【本訴敗戦濃厚】

民事48部で開かれている本訴も同様、裁判官が奇妙な雰囲気だった。

深田が遠田真嗣裁判官に証拠提出を申し出ると、

「深田さん、証拠はこれ以上出さなくていいです!」

と遠田は言った。

「なぜですか?」

「証拠を出すと不利になるから出さないほうがいい!」
と遠田は深田の証拠提出を頑なに拒んだ。

もしや、と、思い訴訟記録を取り寄せると、やはり、提出したはずの上申書が記録から抹消されている。

期日が始まる前に記録閲覧を申し出た時(2013年12月26日)も、鈴木鉄治書記官が記録を破り取ったことを思い出した。

『ヤバい。どんなにアルファアイティーが悪いという証拠を出しても、裁判官と書記官に握りつぶされている』

その日から、裁判所に提出する書類は二部用意して割り印した上で受領印をもらうようにしてから上申書の消失事件は収まった。裁判所を信用してはならないのだ。

ある日、某情報筋からアルファアイティーシステムがうちに10億円の請求をしようとしているという連絡が深田に入った。遠田真嗣は中共から派遣された工作員で10億円の損害賠償の判決準備をしているとの話だ。

「もう、我慢ならん。国家損害賠償請求で、遠田を成敗する!」

深田は、国家賠償法に基づいて「遠田さんが1000万円の訴訟で、10億円の損害賠償請求を認めようとしている」と国に賠償請求を求める訴状を提出した一時間後にある電話が入った。

「深田さん、10億円ってなんで知ってるの?」

中国で知り合った中国共産党員から突然連絡が入った。

「え、10億円?」

「だから、裁判官が10億円の判決出そうとしてるって国賠起こしたでしょ、誰に聞いたの?」

「なんで知ってるんだよ!」

そう言って深田は国際電話を切った。

『三時間ほど前に提出した訴状の内容を、何故中国にいる中国共産党員が知ってるんだ?』

すぐに深田は東京地裁に電話して「国賠の書記官お願いします!」と頼むと、「あ、すみません。深田さんの訴状、まだ受付にあってこの部署に届いてないから週明けにしてもらえます?」と担当書記官は応えた。

ヤバい。


訴訟受付から部署にすら届いていない訴状が、既に中共幹部の手元には届いている。

東京地方裁判所の書類は殆ど紙媒体なので、ネット経由でハッキングしても訴状の内容までは読み取れない。

ということは、東京地裁の内部にリアル工作員がうじゃうじゃいるってことか!
そういえば、週刊現代ではおかしな裁判官特集が売れてるらしい。

「マイケル、ヤバい」

「なんだ?」

マイケルは設計中か、面倒臭そうに深田を振り返る。

「東京地裁は中共スパイがかなり紛れ込んでる」

「なんだ、深田。そんなの見分けるの簡単だ」

「え?どうやるの?」

「針で刺して『イタッ』と言ったら日本人、『アイヤッ』と言えば中国人だ」

深田は、マイケルの腕にボールペンをプスっと指すとマイケルは「アイヤ」と言って痛がった。
因みにマイケルは元台湾人だ。

社民党党首と組んだ弁護士に中共スパイ裁判官か。

しかも、うじゃうじゃいる。

ヤバいぞ、深田。

深田の運命やいかに・・・

続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ