FC2ブログ

第20回戦追記 ファーウェイパワー全開な件



うちが共同研究しようとしてた先の三機関全てに現れ、
サーキットに働きかけてかうちの設計仕様を持ち逃げして製品作らず、
取引先の基板メーカーへの絶大なる影響力を持ち、
うちが国家研究所(仮名)に納品しようとしていた製品ソックリなのを作り、
うちの元請け会社ち持って現れたファーウェイ。

因みにファーウェイは通信の会社であって画像の会社じゃないのに、光学研究のうちの共同研究先に現れたり、国家研究所の動画伝送衛星実験で突然現れたのかは説明がつかない。技術的に全く異なる分野だ。

ファーウェイに関するネガティヴな報道を行なった出版社には、すぐに内容証明などで抗議したり、訪問して圧力をかけ、逆に良いことをかけば莫大な広告費を払うと持ちかける飴と鞭戦略に日本のメディアはとことん翻弄されてる。

仕方ないのだ、ファーウェイの創始者任正非は解放軍時代、国家中央軍事委員会主席の鄧小平の発案で華為を始めた。鄧小平は、その他に解放軍に三社創立させたが2社倒産し、残ったのは華為と中興のみとなった。

アメリカでは元CIA長官マイケルヘイデンがファーウェイはスパイだと議会で名指しで劇ギレし、政府調達でファーウェイ製品を使うのは自粛することになった。

日本でのファーウェイ浸透力は圧巻で、既に携帯基地局の過半をファーウェイが占めたところだ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。