デラウェア法人の怪 - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

デラウェア法人の怪

調べれば調べるほど、たかだか売上数億円程度の会社がデラウェアに法人を持つ税制上のメリットがあんまりない気がしてきました。

SP500に採用されるような大企業ならともかく、数億程度の売上だと、デラウェア法人だったら税金が他の州よりも逆に高くなるケースがあるみたいです。

デラウェア法人を持つメリットは、裁判に陪審員がいないということ、そして裁判官は選挙で選ばれるということ、人口が少ないので下手すれば数千票程度で裁判官になれるということです。

どういうことかというと、陪審員がいないので一般常識的な解釈が差し挟まれる余地がないという事、裁判官の心証に判決が偏ってしまうということです。

そして、裁判官は少ない票で選出される…

デラウェア州に法人を設立する小企業は、麻薬密売やマフィア組織、スパイ組織が多いそうです。

そして、スパイ組織というのは、特に中国人スパイ組織が多いそうです。

ということは?

そもそもなんで、デラウェア法人なんか持つ必要あるんですかね?

公安警察のスパイだったら、領収書無しのキャッシュでしょう?

なんか、でっち上げ感がありますよね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
6位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター