記事一覧

森瑤子

久しぶりに森瑤子を読んだ。
実に27年ぶり。


情事 (集英社文庫 143-A)/集英社

¥494
Amazon.co.jp

嫉妬 (集英社文庫)/集英社

¥463
Amazon.co.jp

10歳の私と35歳の母に多大なる影響を与えた女。

森瑤子。

オシャレな恋愛感性が素敵!!

と思っていたはずなんだが。

27年ぶりに読むと、彼女の女っぽさがやたら感じられるようになった。
たぶん、自分が相応の歳になったので、リアルに感じるようになったということだろうか。

この人の恋愛で沸き起こる感情は、私の百倍複雑なんだなと、ちょっとビビッて本を閉じた。

恋愛が、ここまで生々しくあっては疲れるなぁと。

その一方で似ている部分は、途方もなく誘惑に弱い一面。
美味しい物、買い物、美しい物、楽しいことからの誘惑に弱い。

勿論、愛の誘惑にも弱い。

最近は、愛の誘惑よりも面倒への恐怖が優っているだけなのだが。
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

あら 恐怖なんですの?

いつも誘惑しているのに~w

2. 無題

文学、小説は言葉を味わうもの。。なのね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ