記事一覧

元彼の話

昨日は小説を読んでくれている友達に会った。


「小説は終わっていないけど、ノリにノッテあとがきは書いた」

「本文は?」

「ついでに、授賞式の時のスピーチも書いた」

「何の授賞式よ」

「いや、ハリウッド映画化されて、レッドカーペットに呼ばれた時の英文スピーチのカッコいいやつ」

「深田萌絵、お前は相変わらずのおバカだな。君は、運だけで生きてきている。大学受かったのもたまたまだ。だから、もう少し堅実に生きなさい」

「そうですね。すみません。堅実と言えば、そろそろ東京のど真ん中から少し離れた静かな町に引っ越して、慎ましい生活をしながら執筆に集中しようかと思う」

都会の喧騒、集中できないんだよね。用事が多すぎて。

「それはいいと思う」

二作目、三作目も構想しながら書けとアドバイスを貰って、そうだな~とも思ったよ。

「恋愛小説も書け」

と言われたけど、恋愛小説はなあw

「何年も経ったのに、萌絵はまだあの人引きずってるんだね」

人生でたった一人、自分が手にしたもの全てを投げ出して追いかけた人がいた。

それだけの話。

「いい恋愛は宝物だから、心に取っておくといいよ」

彼女は物書きだけあって、いいこと言うな。

自分が本当に求めている物、20代で手に入れていたのに、分からなかったんだな。

猫と同じで、一度外の世界を見たら、「こっちも面白いかも」「こっちはどうなっているんだろう?」そう思って、気になる方向に歩いていっているうちに、迷子になって帰れなくなった。

よく見る夢で、旅行に出て楽しいんだけど、フッと「帰らなきゃ」って思う時が来る。そこから帰ろうと思って、地図を見ようと、電車を乗り継ごうと、絶対に私は家に帰れないのだ。

きっと、私の人生を暗示しているに違いない。
東京の郊外で慎ましい暮らしをしようと思ってるけど、気が付いたらLAあたりで子供産みながら英語で小説を書いているかもね。

死ぬ直前は台湾で古典翻訳とか。
スポンサーサイト

コメント

1. ふらりと寄りました

私ニートなんですけど、ニートって死語だよね。と最近友達に言われました。絶妙な言葉のチョイスがとっていいブログだと思いました。気になるニートの生活が垣間見れるブログを書いております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いています。
宜しくお願いします。
http://www.fukadamoe.info/
が公式です。ぼかすべきことをハッキリ言い過ぎてサイバー攻撃の集中砲火を浴びやすいですw

カテゴリ