私の子供連れ去られ事件 - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

私の子供連れ去られ事件

こないだ、プログラマブルチップが流出しそうな事件がありました。


プログラマブルチップって普通のASICとは違って、中の設計を盗むことができます。中の設計は普通に使えばスパコン仕様、でも悪い人が使えば軍事技術になるというデュアルユースものなので取り扱いは制限されています。


NY州弁護士から「深田萌絵どの。軍事転用可能技術が不当なルートで流出するのは国際協定違反であり、米国法の管轄において裁かれるべきことである。一技術に対し、100万ドルの罰金及び10年以下の懲役刑である為、自分は犯人でない報告書を作成しなければいけません」とアドバイスを受けて、生まれて初めて国際協定の条文を読み、日米間での管轄移管の合意も行われていることを知る今日この頃でした。


とりあえず、私は被害者であるという報告書を作成中。。。


ついでに夏風邪までひいて、夏のバカンスは台無しになっているのだ。


自分が国際協定の条文を読むのは、フランスにバカンスに行ったら金髪美青年と恋に落ちて子供ができた時に日本に子供を連れ去る時だけだと思っていた。あ、ハーグ条約ね。


日本人女性が勘違いすることって、日本では夫が子供に無関心だから、子供連れて実家に帰ったりしますよね。もちろん、日本でも男性に親権ありますが、なんとなく慣習的に嫁が子供を連れて実家に帰っても事件にはならない。これって、欧米諸国でやると、なんとお母さんは自分の子供を連れ去らった誘拐犯になってしまいます。


国際的に見ると、日本人女性は理想の妻像として海外男性から熱い眼差しを向けられているんですが、我儘し放題でも怒られないから日本人女性は最高だと思い込んでいる一方で起こるのが、黙って怒りが爆発する日本人女性の特性です。ある日、外国人夫が家に帰ると離婚届の紙切れにサインだけがされていて妻と子供がいない。


「WHY!?嫁さんが子供を連れ去った!!」


みたいなことになっちゃうのです。


女性からすると、我慢が爆発して

「実家に帰らせていただきます」

状態ですし、日本人男性は話し合いしないのが普通なので、どうせ話しても無駄だわ的になって子供を連れて帰るのですが、それが海外では誘拐に該当してしまいます。


通報されて空港で逮捕された女性もいました。


外国人夫にすると空港で逮捕できたらラッキーですが、日本に帰られてしまうと法律の管轄が変わるので泣き寝入り。そこで、日本に加盟するように圧力をかけたのがハーグ条約です。こうなると、子供を連れ去って日本に帰っても、国際協定の下で女性は裁かれてしまいます。


文化の違いなんですけどね。


話が戻ると、ちょっとした小遣い稼ぎくらいの気持ちでプログラマブルチップを横流しするというのは、普通のICチップを横流しするのとは違って、回路を盗むことが可能になり、その回路設計が軍事デュアルユースだと国際条約的にはアウト。


管轄は米国に移管し、その会社の社長は米国法において裁かれてしまうということになります。



スポンサーサイト



コメント

1. 無題

日本の場合家父長制が伝統的文化だから
子供を実家に連れ帰るっていうのは
大変な反逆行為といえるでしょうね


逆に言えばそれだけ奥さんが怒っているってことだし
それだけ家長は責任が思いって言う事でもあるしw


因にというか差し支えなければ
問題の協定ってGSOMIA?

2. 外為法違反?

日本では軍事転用できる物の輸出は法律で規制
されています。その根拠は規制外国為替法や外国貿易法。具体的にはリスト規制、 キャッチオール規制等です。
それにしてもアメリカの法で裁かれるとは??

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター