ヒラリークリントンの独占インタビュー - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

ヒラリークリントンの独占インタビュー

ヒラリークリントンが昨日、米国ペニンシュラホテルにて、台湾メディア商業週刊に対する独占インタビューを開きました。


恐らく、本日台湾に中国共産党中央台湾オフィス(中国にとって台湾は一地方の取り扱いとなっている為)の張志軍が台湾を訪問することに対するけん制でしょう。台湾政府が張志軍を受け入れたということは、台湾政府は暗に中華人民共和国の一地方だと認めたという意味になります。(中国特有の玉虫色ディール)


票田が中国のオバマは知らんぷりですが、ヒラリーはこれはヤバいと思ったみたいですね。


ヒラリーは台湾に対して特別に警告したようです。(アップルデイリーより)


台湾が中国への依存を深めることは、近い将来台湾を脆弱な国家に変える。


台湾が決めなければならないことは、中国に対して台湾どの程度まで開放するのかが問題である。それは、経済的な独立を失うだけではなく、台湾の政治的な独立や自主性にまで影響を及ぼすだろう。


台湾と中国がバランスを失えば台湾の未来はより難しいものになっていくだろうし、中国の要求もより大きいものになっていくだろう。


台湾が中国との協定を決定するたび、無論、サービス貿易協定及び航空協議(中国が台湾の領空を自由に飛ぶ協定。軍用機も含む)も含め、慎重に事を進めなければ予期せぬ結果となるだろう。


台湾が中国に対して経済開放するならば、これ以上超えてはいけないというボトムラインを決めるべきである。


米国は、中国と台湾の間の平和を求めているが、台湾の自主性が脅かされること、破壊されることは望んでいない。


仮に中国と台湾の間で何か問題が生じても、米国は一切関与しない。


とコメントしたようです。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター