文書毀棄罪で鈴木鉄治書記官を告訴 - 深田萌絵 本人公式

記事一覧

文書毀棄罪で鈴木鉄治書記官を告訴

昨日、私は、東京地方裁判所第48部鈴木鉄治書記官を文書毀棄罪で刑事告訴しました。

昨年、中国企業に製品を不正利用されたうえ、製品の権利関係を隠蔽するが如くの訴訟を受け、第一回口頭弁論が始まる前の12月25日に訴状に判決文が既に書き込まれているのを弊社の社員が発見致しました。

裁判が一回も始まってもいないのに、判決文が裁判所の保管記録に書き込まれているのを発見して、私たちは大変驚きました。

色んな方にご相談申し上げましたが、裁判が始まる前に判決が出ているなんて不公正な裁判は発展途上国でしか聞いたことのない人権無視行為だと誰もが口を揃えました。

12月27日に、私自身が東京地方裁判所第48部に保管記録の確認に行き、保管記録の閲覧を申し込んだところ、担当の鈴木鉄治書記官が、私の目前で、私達の訴訟保管記録から書類を抜き取り破棄隠蔽を行いました。

裁判の当事者は保管記録の閲覧権があります。そして、裁判所の保管記録は私文書も含めて公文書として扱われるので、彼は公衆の面前で公文書を毀棄するという、三ヶ月以上七年以下という重犯罪を行ったのです。

破棄された書類の内容を知らされぬまま、何ら説明のないままに数ヶ月以上が過ぎました。

このまま隠蔽された裁判所保管記録があるままに裁判が進行される不利益に甘んじることもできず、私としても刑法258条から259条に示される文書毀棄罪を見逃すこともできないので、しかるべき機関に相談したところ、刑事告訴に踏み切ることとなりました。

どのような力が働いて、鈴木鉄治書記官が神聖なる公文書を毀棄隠蔽することに至ったのかは分かりません。警察当局に捜査していただくしかありません。

私は、裁判が始まる前に判決文を書いた人物を特定すべく、筆跡鑑定も要求します。

日本国家の裁判所は日本国民に対して公正なる手続きをもって裁判を行うべきであり、公正なる手続きシステムを実現してこその民主主義国家です。
スポンサーサイト

コメント

1. もともと日本の司法はおかしいと思う

衆議院選挙のときに、どうじに、最高裁判所の裁判官の選挙があるでしょ。あれって、どこのだれだか、どういう人物か、国民はまったくわからないのに判断しろってことですから、あまりにおかしいです。国会議員の選挙とは、別々にやるべきですし、候補者の情報をしっかり公開すべきです。裁判の判決で、犯罪で殺人と貸しても罪が軽すぎます。二人くらい人を殺しても無期懲役です。殺された人は戻ってこないのですから、死刑にすべきです。遺族はいたたまれないのではないでしょうか。麻薬所持で死刑になる国もありますが、どのような犯罪でも日本は刑が軽すぎると思います。犯罪者からすれば、犯罪天国です。

2. だから日本は

民主主義国家ではなく 官主主義国家なのです。 昔から。

3. うーん、本当ですかねぇ。

破棄したのは単に書記官の手控えが記録に挟まれてたからそれを破棄したんじゃなくて?それとも、どの文書の何ページ目が破棄されたとかって特定できます?「何かわからないけど破棄された」、では、そもそもそれが公文書かどうかも判らないのに刑事告訴したってことですよね。。。

判決文とは仮差押の決定書のことですか?だとすると、口頭弁論開くまえに出来てるのが普通じゃないですかね。決定→異議→弁論ですから、弁論の前に決定書がなければそもそも異議が出されないわけで。それとも本案についての判決文?だとするとありえないし、なぜ判決文が出来上がってたと思われたのか、それがなぜ判決文だと判ったのか、気になるところです。

4. Re:うーん、本当ですかねぇ。

>kawakenさん
公務所に保管される文書は私文書を含めて公文書として扱われます。

5. Re:だから日本は

>akyoさん

本当に残念です。

6. Re:うーん、本当ですかねぇ。

>kawakenさん
kawakenさんのような変な人、いるんだよねえ。
別に、あっちの回し者ではないのでしょうが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 文書毀棄罪で鈴木鉄治書記官を告訴

本人訴訟です(=´∀`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵ブログが強制削除されることにより、FC2にバックアップを置いて本チャンになりました。
宜しくお願いします。

美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士3級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
21位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター