M資金詐欺 リバイバル - 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ
FC2ブログ

記事一覧

M資金詐欺 リバイバル


ニュースを見てたら、有名人がM資金詐欺にあったとあって驚きました。

このM資金というのは、戦後日本から持ち出されてどこかに消えたとか、隠されたとかいう噂の資金で、誰も見つけたことがありません。笑

こんな笑っちゃうような詐欺なんですが、歴史は古く、何十年も前から続いています。

今から十五年前にもそういう話を聞いたし、知人の勤める銀行にもM資金のスーツにスニーカーの詐欺師が現れたらしいし、五年前に知人が政治家の友人という人に呼び出されてM資金の金塊が海の底に眠ってるから発掘する費用を集めてるという相談を受けたと言ってました。

その時には、わざわざ金塊が海の底にあるという写真まで付いていて、写真で撮れるところにあるなら取れるだろって私は思ったのですが、話を聞いた当人は

「いやいや、この輝きは本物金だよ。この話は本物だ」

と言って、私の話は聞いてもらえませんでした。

たまに、投資詐欺に会う人を見かけますが、不思議なことに私が止めてもそういう人たちは絶対に私の話を聞きません。投資は金融商品取引法や出資法でガチガチに縛られているので、自由な投資っていうのは無いのです。

投資は証券会社を通して買いましょう。

最近は質が悪い中小の証券会社がファンド詐欺をやるケースもあり、預けた資金が信託銀行に保全されてないなんて事件もあります。
その後、計画倒産して、逃げられちゃうケースもあります。

上場してる証券会社はリスクが小さいです。万が一の時は訴訟で押さえる資産を持ってる企業と取引するのが大事です。

最近あったケースでは、FXファンド詐欺にあって裁判に買っても、相手が海外に資産を移していて国内に資産が無くて取り戻せないなんて悲惨な話もあります。

プライベートバンクで百万円から資産運用しますというのも、ほぼ偽物です。プライベートバンクは億以上の現金からしか受け付けてないです。そして、プライベートバンカーは日本人は土地持ちが多くて現金が少ないので、日本人を重視してません。

色んな詐欺があるので気を付けてくださいね。

M資金、あるかもしれないけど、そんな話は一般市民の私たちにはこない話だと思います(^o^)
スポンサーサイト



コメント

1. お久しぶり!

深田様
M資金、最近佐藤浩市主演で映画化されましたね。
人間の欲が、M資金の伝説を生み出してきているのでしょう。
ところで萌絵さん、先日「たけしのTVタックル」で拝見しました。
益々ご活躍のご様子、大変うれしい限りです。
10年やればこれだけになる、これも物事の原点発想ですね。
私も5年、10年を目標にやってきました。
今回は1年で病(12月で1年)を克服できそうです。
11月から完全社会復帰致しました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

2. Re:お久しぶり!

>いっちゃんさん

ありがとうございます(^o^)
益々のご活躍をお祈り申し上げます。

3. ブログつくりました

あなたのブログへコメントするには、アメーバの登録が必要で、登録したら、自動的に、あんようじおさむのぶろぐ、ができました。これとおなじなまえのブログはすでにつくっているので、やりかえて、こんなのつくってみました。
http://ameblo.jp/anyouziosamu/entry-11713500333.html
あなたは、日本は破綻するとおもわれますか。
本屋では、破綻するとうのと、破綻しないというが両方あり、ネットで見ても、評論家によって意見が分かれています。どうなるのでしょうか。やはり、どうなるかわからない、というのが正解なのでしょうかね。

4. 追伸 あんようじおさむ

日本財政破綻で検索したらこんなのがでました。読んでみてください。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20131015-00028940/
わたしは、現在の日本株は、世界同時金融緩和による、バブルだと思っています。個別株のPERをみても、40倍とか60倍とかになっているのをみるとあまりにも異常です。いずれバブルは崩壊するとみています。

5. いつのまにか

コメント欄復活してたね^^

6. Re:ブログつくりました

>日本財政破綻マニアさん

日本も中国もアメリカも会計上は借金まみれですが、破綻するか否かは借金の額よりも再ファンディングできる余力があるか否かだと思います。

7. あんようじおさむ

参考までに、わたしの投資方法をご紹介しましょう。
三つの条件をすべて満たす銘柄を買うことです。ひとつめは、業績の伸び率が、二十パーセント以上であること。ふたつめは、PERが10倍以下であること。みっつめは、配当利回りが5パーセント以上であること。これらについては、証券会社の口座で、スクーリングで探します。こういったのばかりに投資しておけば,たいていもうかります。唯一、損をするとすれば、業績の減額修正があったときです。ですから、三つの条件を見たいしていても、その個別名がについてしっかり調査することが必要です。今は、これに該当する銘柄がありませんから投資はお休みです。しかし、このやりかたで、2003年には、一年間で三千万円稼ぎました。買ってた銘柄が、みんな、三倍とか四倍になりました。とにかく、日経平均が安くて、割安に放置されている銘柄がたくさんある時がチャンスです。
もうひとつ、現在投資しているのは、企業買収をどんどんやってる銘柄です。いまは、ソフトバンク、アメリカのアップルとグーグルをほゆうしています。日本企業は、内部留保はあるのに、積極的な企業買収しません。同じ事業をやってほったらかしているだけなので、企業の寿命は、十年といわれるのです。アメリカやスイスの薬品会社なども、新しい薬をベンチャー企業がつくったらすぐに買収をします。バフェットひきいる、アメリカのパークシャーはザウェイなども、どんどん企業買収をしていますからいつまでも利益をのばすことができるわけです。
アメリカ企業は、そういうことをどんどんやっているので、ダウが史上最高値になっても、ダウのPERが低いので、まだこれからも買えるということになるのではないでしょうか。
日経は、すでに、PERが20倍ですから割高すぎて、もう、日本株は、買えません。

8. Re:あんようじおさむ

>日本財政破綻マニアさん

いい仕込みの条件ですね。
売り時はいつ決めるんですか?

9. とても勉強になるよい記事ですね

萌絵っこ殿の記事。とても勉強になりますね。

10. Re:Re:あんようじおさむ

>深田萌絵さん
売り時は、利益が出たらいつでもいいですけど。PERが20倍を超えたらそろそろ考えます。でも、日経がどんどんあがっているときだと、まだ、値上がりすることが多いです。わたしかこれまでやってて、PER100f倍になるまで持ち続けてた銘柄もあります。そういうのは、買値の10倍とかになりました。そういう例外的なのは、ヘッジファンドによる仕手株なのでしょうね。2004年ころでしたか、ヤフーとか、ワコムがPER100f倍のときに、10株単位で売買してたこともあるのですがこのときもこの銘柄は仕手株だと考えてやってました。やはり、日経が下がり始めると売るということで、私の場合は、日経が天井を打って値下がりに転じるのは、ヘッジファンドが、日本株を利益確定するときだと思うので、それを予測するのです。普通は、ファンドの決算の五月と十一月が多いです。今年も、五月でしたね。今年の場合もですが、日経のチャートが、値上がりトレンドで、たて一直線とかになったら危ないです。またあるときは、それまで、どんどん日経があがりつづけてたのに、急に下落トレンドになったときなどです。

11. 初めまして!

おじゃまします!記事読ませていただきました!空いた時間で色々見てまわっていたらたどり着きました!また訪問させてください!楽しみにしています!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

深田萌絵ブログカウンター