FC2ブログ

曹操の漢詩


昨日の三国志、曹操の短歌行続きです。




日本語に直すのに肩が懲りました。





対酒当歌    酒に対して当に歌え、

人生幾何    人生は幾何、 (幾何=幾許 いくばく)
譬如朝露    譬えば朝露の如く

去日苦多    去りし日は苦だ多く (苦だ=はなはだ)

慨当以慷    慨して当に以って慷す (慨慷こうがい=憤慨ふんがい)  

幽思難忘    幽思忘れ難く
何以解憂    何を以って憂いを解く  

唯有杜康    唯、杜康有り   (杜康=お酒の神様)

青青子衿    青々たる子の衿  

悠悠我心    悠々たる我が心
但為君故    但し君が為ゆえ  

沈吟至今    沈吟今に至る

呦呦鹿鳴    呦呦と鹿は鳴く      

食野之苹    野の蓬を食す。   (蓬=よもぎ) 
我有嘉賓    我が嘉賓有らば  (嘉賓=かひん 珍しい客)  

鼓瑟吹笙    瑟を鼓し、笙を吹かん (琴瑟=きんしつ お琴、笙=笛を束ねたみたいな楽器)

明明如月    明明たる月の如く  

何時可採    何時れか採るをも可
憂従中來    憂いは中従り来たりて  

不可断絶    断絶できず

越陌度阡    百を超え、千を度り  

枉用相存    枉げて用いて相存す
契闊談讌    契闊、談讌し  (契闊=久闊 久々に語り合う、談讌=誼を暖める)

心念旧恩    心で旧恩を念ず

月明星稀    月明るく、星も稀れ  

烏鵲南飛    烏鵲南へ飛ぶ     (烏鵲=うじゃく、カササギ)
繞樹三匝    樹を巡ること三そう  

何枝可依    何れの枝に依らんか

山不厭高    山、高きを厭わず  

海不厭深    海、深きを厭わぬ
周公吐哺    周公、哺を吐きて  

天下帰心    天下の心に帰す



周公哺を吐きて

周公は魯の開祖で、優秀な人材を得るために、食事のときに、口の中にあるもの(哺)を吐いて、話をしたという逸話から来ています。




この詩をレッドクリフで見てください、聞いてください。


感動しますから!



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。