FC2ブログ

フランクファーネスの図書館

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100526160452.jpg

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100526160528.jpg

☆★深田萌絵 公式ブログ★☆-20100526160053.jpg

ペンシルベニア大学の図書館です。




アメリカンクラシックなステンドグラスがしびれるぅ!




ガラスの厚みだけで、無色展開!ブラヴォー!




マッキントッシュのグラスゴーアートカレッジの図書館もよろめいたけどなぁ。
スポンサーサイト



コメント

kaori

1. いいないいな☆
外国の図書館とか考えたことなかったけど、建物凝ってますね~!

前から思ってたけど外国の本て、紙もあまり質がよくないしペラペラで薄いですよね?(本屋で見かける英字の本はほとんどそれ)
アメリカの図書館の本もそんな感じでしたか?
(変な質問ですみません笑)

深田萌絵

2. 無題
>kaoriさん

向こうは本が安いんだよね。日本の書籍の紙が厚いのは単なる販売戦略で、アホらしい理由です。
印刷は日本のインクはなかなかいいと思いますよ。高いけど。

ちなみにノートは日本が安いよ

kaori

3. へぇ~!
>深田萌絵さん
向こうは本が安いのか~!
落書き帳みたいな薄い紙の輸入本しか普段見かけないから、ちょっと謎だったんですよねー(笑)
非公開コメント

fukadamoe

深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。