FC2ブログ

台湾が握る米中戦争の鍵。TSMCがF35設計を握るナゾ

【シェアお願い】台湾が握る米中戦争の鍵。

TSMCがF35向けフライトコントローラー/ディスプレイシステムの供給を握っており、台湾が米中戦争において米国が勝つか中国が勝つかのカギを握るというプロパガンダが今朝から流れている。


一箭穿心とは、一刺しでとどめを刺すということ。

F35やJ31がどんなに素晴らしくとも、TSMCのチップ供給が止まれば米国も中国も兵器を完成させられない。米中戦争の行方は台湾様が握っているという自慢話だ。

TSMCの社長はモリスチャン、しかし、3割は焦佑鈞様が実質的に支配している。

そして、TSMCは単なる半導体ファウンドリ(製造工場)。
では、F35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの設計はどこから来たの?

そういえば、2003年にカイザーエレクトロニクスが陳水扁元台湾総統に対して、台湾で製造するはずのマイロジック社のチップサンプル製造工程で不適切な妨害が入って製品製造が遅れているから、適切な対応をして欲しいとお願いをされていましたね。

kaiser.png

そして、陳水扁元総統は、青幇を恐れて介入しなかった。

それどころか、台湾調査局に、中山科学院とマイロジック社のF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステム設計を捜査で押収して、そのまま設計資料は全て行方不明になった。

マイロジックで設計をしていたのは弊社のCTO。

CTOが米マイロジックで設計したF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの設計情報は台湾で消え、その後、FBIの保護に入ったCTOも消えた。

設計に関わる全てが消えたはずなのに、いまやTSMCがF35のフライトコントローラー/ディスプレイシステムの重要サプライヤー?

そして、焦佑鈞は未だにCTOと私たちを追いまわす。

なにか、不思議なモノを感じますね。





スポンサーサイト



新唐科技の焦佑鈞、解放軍の総司令部顧問へと出世

殺害予告と警察

今朝、警察に行き長い長い事情を資料と共に説明した。最初は意味が分からないような顔をされたが、最後には「S登録」と呼ばれる110すれば情報共有してもらえるシステムに登録してくれた。

国家レベルのことは分からないから申し訳ない。S登録がその刑事さんにとってできる最大のことだと頭を下げてくださったことに恐縮と感謝を抱いた。


私の懸念は、この一週間、日本の弁護士とのメールが9割届かなかったということ、CTOや警察に電話しても電話が鳴らないということが何度も有ったという不気味な事実だ。日本の弁護士とは、電話しながらメールを送りあい、スパムにもどこにも届かないことを確認した。メールが単にどこかで『消える』という現象だ。


LINEやFaceTimeは盗聴リスクが高いので、携帯に直接かけても掛からないということを、CTOと何度も隣り合わせで確認した。

S登録して頂いたことに感謝してる。
でも、私の心配は、アンテナが四本立っているスマホで電話が鳴ることすらない瞬間だ。


私たちのスマホが、どの基地局の電波を掴んでいるかなんてユーザーに分かりようがない。ファーウェイ基地局かもしれない。
私たち日本国民がテロを目にして電話しても、テロの背後が中国がならば電話が鳴らない可能性が残っているということだ。


数日前、パナソニック半導体を買収する焦佑鈞が中国国籍を隠し持っていないか調べる為に、中国の弁護士に調べてもらうよう頼んでいた。

弁護士の回答は、焦佑鈞はパナソニック半導体買収成功で中国共産党内で昇進し、戸籍取得は無理だと断られた。


解放軍は米軍を上回るレーダーシステムの開発を始めている。

解放軍の総司令部顧問になった焦佑鈞の中国国家公務員等級は一級。台湾人であるはずの焦が中国国家公務員で李克強と同等で、序列下位の弁護士たちがアクセスできない存在となってしまったと彼らは教えてくれた。

台湾人が解放軍総司令官顧問って、なんだか、あれだな。戦中、青幇トップの杜月笙が国民党軍の陸海軍総司令部顧問になったあれと同じ現象だ。杜月笙は共産党の情報を売り、国民党の情報を日本軍に売り、中国人を虐殺し、杜月笙が国民党や共産党を裏切っていることを通報しようとした中国人を千人単位で『漢奸罪』で殺害した。彼らは上海で警察も担っていたからだ。


中国共産党は、焦佑鈞がパナソニック半導体を手に入れたことで、世界中の通信チップ、殆どの半導体は彼らのものになったと浮かれているがそれはどうだろう。

中国の半導体、主要プロセッサはSMICとTSMCしか生産能力がない。焦はSMICの元株主、元社長は焦の右腕、組織内部は殆ど焦の部下だ。そして、TSMCのモリス・チャンも青幇。

監視カメラのチップ、コンピュータデバイス、IOT向け通信チップ、ARMチップも全て青幇が牛耳っている。


中国共産党は気が付かないのか。


あれだけ大枚を叩いてメディアを買収しているのに中国、習近平への批判は止まらない。逆に台湾を悪くいうメディアはない。


青幇に関する事件を報じた記者の多くは殺された。


そう、世界の監視システムを牛耳っているのは中国共産党ではなくて、監視システムのチップを生産する台湾青幇なのだ。


私はスマホを持っている。
S登録はしていただいた。
最後、万が一の瞬間に私のスマホが鳴るかどうか。

それは、別の問題だ。

言論弾圧と殺害予告


『中国を害する浅田麻衣子は三日後に牛棚署に入れば、神に召されて、再度出てくることはない。ZF』


藤井支持者のなかにそういう名乗る人がいた。


「深田萌絵が新唐科技のパナソニック買収を阻止するのを潰せ」という指示が藤井から出ている。

数か月前から藤井が焦祐鈞と一緒に浅田麻衣子を刑事告訴したと聞いていた。以前から投稿しているが、焦は先日台湾で、「警察幹部とのコネも公安調査庁幹部とのコネもある」と自慢していたそうだ。そして、焦が会長を務める新唐科技が香港在住の香港人エンジニアに電話して「浅田を国際犯罪集団の詐欺師で刑事告訴した。巻き込まれたくなかったら、浅田に協力するのは止めろ」と脅迫してきたそうだ。


19日の朝、ある人から連絡があり、「警察に呼び出されてもいってはいけない。行けば、たまたま薬中が居合わせて、貴女はその場で殺される」と伝えられた。


その数時間後、牛込署から連絡があり、19日発売の記事がある人の名誉を棄損したということで「23日か24日の午前に署に来てください」と言われた。告訴人は藤井で組織犯罪対策課に私を国際犯罪集団の詐欺師だとして刑事告訴したようだ。


私は、エンジニア殺されかけて、ワンオペ状態の個人事業みたいな状態ですが、何の組織?
そして、19日の記事はパナソニック半導体事業を中心に、焦佑鈞のことしか書いていない。何故、藤井が焦の為に私を刑事告訴?


弁護士の予定を確認して折り返すと言って電話を切った。


香港人から連絡があり、匿名サイトで私に対する殺害予告らしきものを見つけたと言われた。見ると、自分の名前がそこにある。牛棚署ってなんだよって感じだが、行けば「神に召される」ってそういうこと?


24日の午後に、このパナソニック半導体事業売却を阻止できる数少ない政府要人に会う予定だ。もし、その前に自分に何かあれば?


台湾人に、「多くの台湾人が、『ちょっと話が聞きたい』と警察に呼び出されて、その場に居合わせた暴力団員や薬中に殺された。ラファイエット軍事技術移転事件では既に14人が殺されている。一人は日本で殺された」と忠告された。


日本はちゃんとした国だと思う。
でも、ネットストーキングも、脅迫も、私の被害届が受理されたことはない。


数か月にわたり、私は脅迫を受け、藤井に自分と家族の戸籍謄本をばら撒かれ、藤井の知人の山口組関係者に拉致監禁してやると脅され、殺害予告までされていると伝えたが牛込署は関係ないし、深田萌絵が脅迫されている事実は知らないと言った。


牛込署は、ネットで私の情報をZFや藤井のサイトから画像と「ウソの説明」を集めて、私が国際犯罪集団の詐欺師だと思ったようだ。


24日午後に要人と会わなければ、自衛隊と米軍の通信チップ、レーダーの設計情報が全て解放軍に渡り、自衛隊と米軍の情報は解放軍に筒抜けになる。警察はこの国を守らなければならないのに、守らないのか。


警察の答えは、「政府要人がなんだ。安倍首相だろうが官房長官だろうが、俺は信念を持って仕事をしているのに、警察に来れないのはお前がやましいからだろう!」だった。


いま、パナソニック半導体事業が解放軍に渡れば、国民の命を守るどころか自衛隊から全国民の命を危険に晒す。私は脅迫されて、命を狙われてもパナソニック半導体事業の件を陳情するのはその為だ。


今回は危ないかもしれない。

今月号のWiLLの深田萌絵の記事をコピーして、皆さんで国会議員や官僚の元へ陳情に回って欲しい。
私は潰される。
でも、皆で行けば、誰かの声は届くかもしれない。

これを止めるには人力分散処理しかない。
各自で、コピーを持って、色んな議員に話して欲しい。

宜しくお願いします。


深田萌絵 ー覚えておいて欲しい、私は、自殺しませんー より

パナソニック半導体買収の兵器ディーラー焦祐鈞が日本へ

スパイの存在を誰も信じない

 

2011年、Intel元社長の紹介でCTOと筆者は起業準備をしているころ、大学時代の旧友藤井一良氏から連絡があった。藤井氏は自称山口県生まれで日本国籍を持つ日中ハーフのIT起業家で、英語、中国語、日本語に堪能な優秀な人物だった。ちょうど筆者もITの仕事を始めるのでタイミングが良いと思い、彼をCTOに紹介した。


その後、彼から「ファーウェイに御社の技術をライセンスしたい」と提案されたのだ。断ると、藤井氏は輸出規制下にある弊社の暗号技術のソースコードを中国へ持ちだした。後の調べで、彼は『呉思国』という中国国籍を隠し持っていたことを知る。さらに藤井氏は、弊社に対して「技術がないから詐欺だ」として訴えてきたのは虹晶科技と手口が酷似している。


 そして、ファーウェイからの付きまといが始まる。弊社が共同開発を持ちかけた先に必ずと言っていいほどファーウェイが訪問してきていた。弊社の全ての取引先の情報を彼らはどこからともなく入手しているのだ。さらに弊社が受注した政府系機関での衛星実験ではファーウェイが妨害工作を行ない、衛星がハッキングされると日米安全保障問題となる為、FBIに通報した。2013年、FBI捜査官に証拠リストと共にファーウェイ社員の名刺を差し出すと、彼が「米国政府が最も探し求めていたスパイだ」と叫んだ。2013年の弊社からFBIへの通報で捜査が中断された理由の調査が行われ、ダイアン・ファインスタイン議員の周辺も洗われた。弊社CTOが報告を上げたファインスタイン議員の補佐官が中国スパイのラッセル・ロウ氏だったということを知り愕然とする。


 事件を闇に葬られまいと、深田は事件を各誌に持ち込んだ。ところが、一度は事件が報道されても直後に中国人が抗議に現れ潰されていく。早大政経時代の恩師が、中国スパイの実態を暴くために2014年8月29日に「盗まれた情報通信」という記事掲載に踏み切ったが、ファーウェイから「訴訟する」と脅された。どの雑誌でも二度目は無かった。やむを得ず、自分自身で「中国が軍事力強化のために日本でスパイ活動しており、台湾青幇がそれに加担している」とウェブサイトで書き始めるとDDOS攻撃でサーバーは潰された。遂に、本誌と出会い、紙面上で警鐘を鳴ら続けたが、ネットでは「スパイなんか存在しない」、「深田萌絵は精神病だ」と印象操作で記事の信ぴょう性を毀損されている。ネット上では藤井氏に煽動されたネット民が「#深田萌絵」を利用して筆者に関する誹謗中傷を流し、筆者の戸籍謄本をネット上で流出させ、果てには暴力団との関係を示唆しながら筆者の肉体に危害を加えると脅迫してきたのだ。藤井氏の影響力はそれだけではない。藤井氏は橋下徹氏に擁護させただけでなく、足立康史議員という我が国の国会議員をして「なんなりとお申し付けください」と言わせたほどの影響力は異常ではないか。


 米内国歳入庁からは、日本企業である弊社への資料開示を求められ、監査を行なう根拠について争うと通報者から得たという資料は焦祐鈞と藤井しか手に入れることができないはずの資料が提示された。そこで、この一見関係のない二人が繋がっていたことを知る。最近では、台湾のトークショーで焦祐鈞の側近が、5G通信の書籍を書いた日本の女性保守論客は日台関係離間策を弄する中国スパイ『M』だと話していたそうだが、それはどう考えても筆者のことだろう。焦祐鈞は、日本の警察に、藤井と共に「スパイM」を刑事告訴するので逮捕するように話を付けていると語っていたそうだが、

以前に外事警察の担当刑事がファーウェイによる接待で篭絡されたことをふと思い出した。



 

パナソニック半導体買収の兵器ディーラー焦祐鈞との因縁 #新唐科技 #焦佑鈞 #深田萌絵

半導体技術を巡る因縁

 

2006年4月6日、台湾唯一の反国民党週刊紙『新新聞』がF35のチップソリューションを設計していた台湾アトム社社長(弊社CTO)と当時TSMC子会社だった虹晶科技がアトム社の設計したステルス戦闘機(F35)の超小型チップのデュアルユース設計を巡っての係争について、裏で糸を引いているのはウィンボンドCEO焦祐鈞だと報道した。


アトム社の設計を受け取った後に虹晶科技は「アトム社には技術がなかったので納品できなかった」とアトム社を訴訟し、アトム社は「IBMの認証を受けた技術企業であったうえにサンプル生産では通常に動いていた」と1億ドルの賠償を求めて反訴したために虹晶科技は訴訟を取り下げた。虹晶科技はこの訴訟でIPOを断念し、鴻海精密工業の子会社となった。新新聞はその後、青幇一員の朱国栄に買収され、論調が親国民党へと一転した。


新唐科技米国支社長に台湾での商談に招かれたCTOを空港で待ち受けていたのは台北警察だった。焦がCTOを『詐欺』で刑事告訴し、理由なしの逮捕状でCTOは投獄された。焦は台湾調査局にアトム社の社内にある全ての設計資料を押収させ、それら資料は二度と返却されることはなかった。


焦は、台湾の司法機関から諜報機関まで影響力を持っていることで有名だった。CTOは獄中で暗殺されかけたところ、当時の行政院長王金平に救われて米当局の保護下に入った。


CTOがFBI捜査官やダイアン・ファインスタイン上院議員らに台湾半導体企業が中国の軍事力強化を図って米国デュアルユース技術を移転しているという報告を行なったが、誰もが「中国は金儲けにしか興味のない平和な国家だ。世界制覇なんて考えているはずがない」と首を横に振った。奇妙なことにインターネット上からCTOが被害に遭ったというニュースが次々と消えていき、FBIの捜査はほどなくして打ち切られた。

 

――そして、因縁は日本へやってきた。

 

【シェアお願い】パナソニック半導体(米防衛レーダー技術)を買収する新唐科技からの脅迫 #深田萌絵

先ほどもブログで書きましたが、

知人の香港人が新唐科技の中国子会社から脅迫されたと連絡がありました。


「深田萌絵を日本で刑事告訴して逮捕させる。日本の警察幹部にも話をしている。彼女に協力するのはやめろ。彼女は臭い釜の飯を食うことになる(的な表現だったらしい)」


新唐科技はパナソニック半導体事業を買収する台湾企業ですが、その親会社のトップは、八年以上深田に脅迫、嫌がらせ、技術泥棒を繰り返してきた焦佑鈞の会社ウィンボンドです。


2011年、藤井一良(呉思国)が中国国籍を隠して私たちにアプローチし、事業契約をしようと持ち掛けてきて中国人に教えてはいけない輸出管理規制技術を教えてしまったあとに藤井は中国へ飛びました。

※輸出管理規制で米国で設計されたものは、日本に来た後に更に誰かに「渡す」だけでなく「教える」だけで「みなし輸出」と見做され米再輸出規制違反となります。
ウィンボンドの特許を調べると、藤井に教えた技術がそのまま特許として申請されていました。

2013年に、弊社の技術を返さない藤井から訴訟され、技術は返したくないけど保証金は変換してくれという無茶な話です。
2014年、副社長の小林英里が銀行通帳印鑑発売前の新製品の全てを持って失踪しました。

いま、小林英里(岩沢エリ)は藤井と一緒にネット上で深田萌絵ハッシュタグを利用して「#深田萌絵は詐欺師」と自分が泥棒をした罪を隠すために誹謗中傷をして業務妨害を行なっています。

小林が消えた後、弊社の内部情報が取得できなくなったせいか、IRS(米歳入庁)が弊社に対して監査を要求し、深田萌絵が今までどこで誰に会ったのか、自衛隊、政治家、米政治家、米軍、DARPA関連、全て情報を開示しろと迫ってきました。

IRSと訴訟になりましたが、その結果、IRSが「通報者から得た証拠」として提出された資料のなかに、藤井しか持っていないはずの訴訟資料(訴訟資料は原告と被告しか謄写できない)と、焦祐鈞しかもっていないはずの資料が混ざっていました。

IRSを動かしていたのは、焦祐鈞なのかもしれないと私たちは考えていました。

そして、この一週間ほど、焦祐鈞と藤井が共同で私を刑事告訴していると脅して回っているところからして、今までの薄い線で繋がっていた二人の関係が実線として結ばれたと確信しました。

IRSからは340万ドルの罰金を科すと言われ、そんなお金がうちにあるはずもないと答えると知的財産権から特許用のノートの全てを出せと言われていました。

今日、罰金を科すと言っていたIRSのある部署から、「罰金4万ドルはありませんでした」と紙切れが届きました。IRSの中華系職員が勝手に行なった監査で、なぜこうなったのかよく分からないという雰囲気でした。

これも、全ては故ジョン・マケイン議員が私たちの「IRSが軍事技術を盗もうとしている」という訴えを真剣に聞いてくれて、IRSの上層部に事実関係の確認を求めてくれたからだと思います。

まだまだ戦いは続きます。

パナソニック半導体事業を買収するために新唐科技の階調として焦祐鈞が日本にやってきます。
彼の側近がは台湾で、日本の自民党青年局の大臣をやっている議員に会い、元国家公安委員長に会い、警察幹部に会って、日本の政治を正してやると豪語していたそうです。




【青幇焦祐鈞と呉思国が深田萌絵を告訴?】


香港人から連絡があった。


パナソニック半導体を買収する新唐科技子会社の人物から、
「深田萌絵を日本で刑事告訴して逮捕させる。日本の警察幹部にも話をしている。彼女に協力するのはやめろ」
と脅されたと教えてくれた。


新唐科技は私が何度も実名で報道している青幇トップ焦祐鈞が経営するウィンボンドの子会社。


数日前に、台湾のトークショーで焦祐鈞の側近が、スパイMを呉思国と共に刑事告訴すると話していたあれはどうやら事実だったようだ。


深田のFBもツイッターもいつまでもつか分かりません。


ブログをブックマークしておいて下さい。


誰か、深田萌絵ウェブサイトを作るのを協力してください。
サイバー攻撃も始まりますが、一緒に戦ってくれる仲間を求めています。


サーバー関連の技術がある仲間も募集。


そして、米国政府にも陳情するので英語力のある仲間も募集です。

【シェアお願い!】台湾暴力団「青幇」と軍事技術を巡る全面戦争へ #深田萌絵

【シェアお願い】
パナソニック半導体事業を台湾青幇トップ焦佑鈞の企業『新唐科技』に売却されるのを阻止する為に、シャープの時のようにネット上での言論戦に入ります。
シャープの時は、車のタイヤに釘を打たれ、サイバー攻撃でウェブサーバーも潰され、Facebookは凍結されました。
既に、パナソニック半導体事業売却の危険性を訴えたYouTube動画は推奨動画として上がらなくなってきているようで再生回数は伸びません。
今後、私のYouTube、Twitter、Facebookが凍結される可能性はかなり高いです。
シャープは奪われました。
パナソニック半導体は米軍向けレーダーチップを生産しており、これが台湾経由で中国に渡ると米中の軍事力バランスは崩れかねません。
それに加担してるのが台湾だけでなく、日本企業だというのは情け無いことではないですか。
私たちの国の企業が米中軍事バランスを崩す取引に加担することを止めるべきです。
外国政府は変えられませんが、この国のことは私たちにも異議を唱える権利があります。
あの時のように、皆さんの知恵と力を貸してください。
宜しくお願いします。m(_ _)m
深田萌絵

Amazonベストセラー 米中AI戦争の真実 #深田萌絵著

Amazonの情報 コンピュータ産業カテゴリで新刊「米中AI戦争の真実」がベストセラー一位になりました。(*'▽'*)

情報 コンピュータ産業カテゴリの三位🥉には「5G革命の真実」がランクインしてます!!

深田萌絵 展示と講演会に来てくれてありがとう!!

今日は5Gの講演会でした。
喋りすぎて、スライド消化できなかった!


いつも支えてくださってありがとうございます^ - ^
プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>