FC2ブログ

【言論統制かハニトラか】(33)

さっき台湾人とラーメン食べてたら、隣の女子二人が北京語訛りの中国語で大声で話し始めた。

あまりの下品な内容に、耐えかねた台湾人がコッソリと内容を教えてくれた。

女①「FB監視の仕事楽勝。簡単すぎる。日本政府は無能だから言論統制もできない」
女②「そうなんだー」

最初は、噂のFacebookの言論監視員かと思った。

女①「そうよ。言論だけじゃなくて、あとは日本人と中国人女性を結婚させるのが仕事だから、FBを監視して独身で女にもてなさそうな大企業のオッサンを探しているの。中国で犯罪を犯して収監された女性に、『出してやるから日本人の爺と結婚しろ』って言えば、どんな若い女でも爺と結婚したいって言うわよ。だって、日本人の男ってちょろいもん。30人は送り込んだわよ」
女②「へー!すごい!」
女①「法務局の人間が手伝ってくれるから、一人で二つ戸籍作れちゃう。犯罪したら一個戸籍捨てれば良いだけ」
女②「日本人ってテキトーねー」

話を聞いていると、日本の大企業の女慣れしていないオッサンはいちころらしくて、給料もいいし、女の言いなりになって中国人を養子として取り放題だから、使えると言っていた。

それに加担しているのが司法書士とか弁護士とか、法務局の役人らしい。

最初はFBの言論監視員なのかと思ったけど、この人たちが、なんなのかなんだかよく分からなくなった。

スポンサーサイト



ウイグル、法輪功の臓器売買と台湾  (32)

こないだ中国に行った時に、色んな人に会ったのでウイグルの事とか臓器売買の事を聞いてみた。

ウイグル自治区出身の普通の漢民族のサラリーマンに、
「最近、ウイグル族を収容して臓器売買しているんでしょ?」
と聞いたら、
「あれは職業訓練所です。そんなのするわけないじゃん!」
と本気で応えた。ウイグルは寒いので数年帰っていないと言っていたので、たぶん知らないようだ。

展示会で中国共産党の偉い人の息子がいたので、
「ウイグルの臓器売買、誰がやってるの?」
と聞いたら、
「あんなの中国人の医者は関わりたくないから仕事を断わっているよ。全部台湾人。台湾人の医者が400人は臓器売買の為に中国に来ているよ」
と答えた。

ドヒャ!!

※ここまでは、世間話レベルですので、裏は取ってません。

イーサン・ガットマン博士が出した本「屠殺」によると、台北市長の柯文哲が内蔵売買のディーラーをやっているらしい。確かに、柯文哲は元々名医として名を馳せていて、庶民の味方だと思われていたのだが台北市長になった瞬間に馬英九と仲良しの姿を見せて台湾国民を仰天させた。私も仰天した。

ガットマンによると、柯文哲が捌いていたのは法輪功の臓器だったのだが。
法輪功も殆どいなくなったので、、次は、、という可能性は高いし、ウイグルの空港に人体機関専用通路があるとして台湾でも報道されていた。

ガットマン博士による柯文哲への批判は、台湾内でガットマン博士に対する批判を引き起こした。

馬英九や蔡英文はもちろん、李登輝から台湾独立派まで柯文哲擁護に回っているところから見ると、ちょっと台湾っていう国がよく分からなくなる。
李登輝と柯文哲の会合

しかし、庶民の為にほぼタダ働きの貧乏な医者という触れ込みだった柯文哲の選挙資金はどうなっていたのだろうと以前から不思議に思っていたが、臓器売買リッチなら「なるほど」という気もします。

そして、柯文哲の選挙資金に一部日本人の資金も流れていたみたいですね。
柯文哲の選挙資金パーティ

柯文哲が親日というのはウソじゃないにしても、それ以上に臓器供給減である中国を向いている。
蔡英文が親日というのはウソじゃないにしても、慰安婦活動を支持している。

台湾庶民の気持ちとは裏腹に、台湾が親日国になる日は遠いのではないだろうか。

【事件サマリー再開戦2】 台湾政府からの通報          (31)

先日チラリと書いたが、シンガポール空港から香港へのフライトへ乗ろうかという際に、うちで雇っている税務弁護士のケティから連絡があった。

2015年から始まったIRS(米税務署)の税務監査の件だ。

「DOJへ移送されたわ」
という話の詳細を聞く暇もなく搭乗時間となった。

税金の件は一切聞かれず、「誰と会ったのか?」、「設計情報をくれ」、「特許情報を出せ」等のスパイ行為をずーっと受けていたのが、今年の5月に裁判となり裁判は引き分け状態。

裁判官「お金に関する質問以外は禁止。そして、納税者が犯罪をしたと言うならIRSよ証拠を出しなさい」となった。
そして判決後の審尋で、IRSが法廷に現れずに逃げ出すという始末。
ウソとねつ造で「犯罪だ」騒ぎ、証拠出せと言われたら逃げ出すなんて日本の左翼みたいだ(-_-;)

【番外戦19】IRS(米歳入庁)との訴訟

あれから5カ月ほど過ぎて、この十月、うちが大手との契約を結ぼうとしている時にIRSが慌てて飛び出してきた。この人たち(IRSに限らない、藤井の絡む何らかの犯罪組織のネットワーク)と何年も付き合っていると、情報網はかなり広くて綿密だ。

先日、批判を浴びて活動できなくなったジャーナリストに会った時に、「自分も仕事上で色んな妨害があり、陰謀論者と思われたくないので記事に書いたことはないが超国家的な動きだった」と言っていた。「中国でしょ?」と聞いたけど、「そんな単純なものではない」という回答。

国境を超えても企業経済から政治まであらゆる分野にネットワークが根差しているところを見ると超国家的と言われてみれば、そんな気もする。

なんてことを考えているうちにフライトは香港へ到着し、ケティへまた連絡をした。

「DOJ(米司法省)へ、今回の告発の開示を求めたところ、告発してきたのは台湾調査局、台湾政府です」
「は、はあ!?台湾とか関係無いし!」
「告発者はWinbondCEO焦佑鈞、1998年、99年にF35技術流出事件に関わったとして、台湾調査局への通報を基に米司法省に告発したと司法省から説明を受けました」
「F35技術流出事件はうちは被害者でマイケルはFBI保護プログラムに入ったし、犯人は焦佑鈞でしょ」
「記録によると、マイク・ホンダ議員が焦佑鈞、呉思国、そのほか複数名に対して公益者保護プログラムでの保護を行ない、IRSに対して本件の調査をするように許可を与えたようです」
「マ、マ、マイク・ホンダ!?」

米司法省からマイク・ホンダの名前が出るとは。
3年前、IRSのジョエイ・キャンベル担当官が「マイク・ホンダのお墨付きよ。7月20日までにF35の設計を出さなければ差押えで身ぐるみはいでやる」という脅しを受け、マイクホンダの件について米国政府関係者宛に数十通の手紙を送り、マイクホンダが倫理局からの御咎めが出て二カ月ほど監査が止まったことがあった。
これなら、慰安婦繋がりの福島瑞穂が日本での台湾人中国人スパイ活動に絡んでいるのもよく分かる。
    詳しくは⇒ 中国スパイ事件サマリー

やれやれ、ねつ造された深田萌絵F35技術盗難脱税事件の告発者は台湾政府だった。
自分のような一般人に戦う術はあるのだろうか。

そして、長らく停止していた藤井一良(呉思国)との裁判が再開する。

続く・・・

中国の展示会🇨🇳に出たら新聞沙汰に📰(30)

中国の展示会に出ました(・∀・)
入ったら出国できないかもと心配だったので、レスキューチームを持ってる米大手企業の人と一緒に行きました。
深田「なんでレスキューチームがいるの?」
米国人「アフリカとか危険地帯での仕事もあるからね」
深田「じゃあ安心だね(・∀・)」
米国人「レスキューチームがいても、電話取られたら終わりだけどねー」
深田「ムギャア!」
みたいな感じでした。
ともあれ、中国の世界VR展に無事出場。
けっこう日本人もいました。
すごい入場者の数で賑わっていて、警備システムは鳴りまくり。
うちの技術も大人気でした(・∀・)
日本でもうちの技術は人気なんだけど、毎回、ファーウェイとか藤井スパイ一味が裏工作して商談潰すんだよね。
そして、ファーウェイの人が来て、
「良い技術ですね。今度、オタクの東京オフィスに遊びに行っていい?」
と聞かれて、
「いやー、ファーウェイさんは、既にうちにスパイいっぱい来てますよ(・∀・)」
と返したら、
「友達にそんなことしなくていいよな。社員に言っとくよ」
と余裕の笑みで返された。(笑
中国人って明るいよなー。
そして、集合写真の呼びかけがあり、
「皆さん、集まってー」
と言われて皆んな遠慮してるけど洒落だと思って壇上に登ってパシャリ。
次の日には、中国の新聞に載ってた📰

この白シャツの大和撫子が深田です。
中国台湾ダブルスパイ藤井一良君は、ママの勤める地方新聞にしか掲載📰されたことがないのに、深田が先に中国でメジャーデビューしてザマアミロという気分です(・∀・)
そして、夜は藤井の隠れオフィスを探して南昌の街を彷徨ったけど、あいつ、アルファアイティシステム中国のウェブサイト閉鎖して移転してやがった!尻尾掴みに行くから、待っとけ!
そして、次の日、さっそくファーウェイの手下の日本人が情報クレクレ言ってきた。
スパイやめるんちゃうんかい!
チャンチャン!

アリババのジャックマーを見た(・∀・)(29)

フェイスブックにジャックマーのこと投稿したら、見えたり消えたりしたのでブログに書きます。
一昨日から南昌のVR展に行ったんだけど、アリババのジャックマー生きてたよ(・∀・)

南昌といえば、共産党の本拠地。
我らがスパイマスター藤井一良、本名呉思国の中国オフィスがあるところです(・∀・)
藤井君を探しに行こうと思ったけど、
http://www.alpha-it.cn/alpha-it/
ウェブサイトが消えてる!!
なんか、最近、また藤井からの攻撃が始まったので、良からぬことを企んで姿を隠したようですね。
詳しくは別途書きます。

ヒラリー、尾辻かな子シンパの呼び掛ける暴力革命(28)

米民主党支持者が共和党政治家に襲いかかるという事件が多発してるそうだ。
ヒラリーは講演で、
「我われの信じていることを破壊するような政党に対して礼節を守る必要はない。我われが政権を取り戻すことが出来たら、その時に礼節を最出発させられる」
と言って暴力を煽っている。
共和党のコリンズ上院議員に猛毒の粉を送りつけたり、共和党の候補者がレストランで食事をしていたら罵詈雑言を浴びせかけたりとひどい事態なようだ。
トランプが大統領選挙に出た時も、「トランプを殺せ」と言って、トランプ人形の生首が出たけど、あれも暴力革命の呼び掛けだ。
これを見て、尾辻かな子議員が集会でシンパに、「アメリカではLGBTの権利獲得のために、怒りを爆発させボトルを警察に投げ付けて闘って権利を勝ち取った。私たちもそうあるべきだ」と暴力革命を呼び掛けさせたことを思い出したよ。
そんな左翼の暴力革命にLGBTの人たちを煽動したら、彼らに罪を犯させてしまうよ。
暴力革命を呼び掛けた政治家は罪を犯した支持者を救うことはない。
シールズのように若者を使い捨てにして、あとは就職できなくても知らんぷりするあれを繰り返すだろう。

【事件サマリー 再開戦1】 IRSからトランプロシアゲートに深田が絡んでると(27)

IRSがうちの米弁護士に連絡してきた。

 ロシアゲートとの絡みがあるから、この税務監査事件をDOJ(司法省)に移送すると言い始めた。 

私が八年前からトランプが大統領になるのを理解していて、トランプの選挙の為にロシアに協力したと主張し始めた。

 アメリカのモリカケ事件に自分が巻き込まれるとは、、という感じです(・_・;
アホらしいなぁ。

中国「米国債売ってやる!」、米財務長官「お好きにどうぞ(^▽^)」の巻 (26)

米中貿易戦争で中国が「米国債を売る」かもしれないというニュースが、中国忖度メディアから流れています。

米財務長官ムニューシンは、「米国債には多くの買い手がおり」、中国は「自由に自らがしたいように行動できる」と回答してる。By ブルンバーグ

これ、予想通りかな。
別に、アメリカ困らないんだよね。
金融の世界では、お金ってたくさん貸した方の負けなんです。

数カ月前に書いたけど↓実務をやっていると、お金を刷れるプレイヤーの発行した債券を皆買うのは、「最後は自分で金刷って返してくれるんでしょ」と考える捻くれた金融の人はいます。

↓前のブログ
中国が米国債を売却して、米国債が暴落したらアメリカが大儲けする理由

最近のニュースを見ると、「中国は米国債を少しずつ売っているから、長期金利上がっているぞー!」と騒いでますが、そもそもアメリカは政策金利も上げてるんだし、私からしたら

「これ、10年以上前にグリーンスパンが零した長期金利低下のコナンドラム(謎)が解けただけ」
でしょ(^▽^)と思いまーす。

だって、ずーっと前から「目標とする長期金利を上げても上げても、長期金利が下がるのは何故じゃー」とグリーンスパン元FRB議長が言ってたけど、中国の金が余り過ぎていたのか、いっぱい米国債を買って運用する必要があったから買いまくっていただけですよね。

あの時に積み上げた玉(長期債券)を売っとるだけやろー。
とモエモエ思ってしまいます(^▽^)

いま、中国にキャッシュが足りないから債券売って現金化しているだけだと思われます。

で、ここでポイントですが。

中国が
「一気に米債を売らずに、少しずつ売っている」
理由が分かりますか?

一気に売ったら、自分の売り注文で米国債が暴落して、自分の保有する米国債資産の評価額も暴落するからでーす(^▽^)

債券の評価額が大幅に下がると、その債券を担保にとんでもなく複雑な金融派生商品を作っているので、それが爆発しちゃうので、一気には売れないのです。

だから、中国は恥ずかしそうに黙って「ちょびちょび」売ってる。
恫喝外交国家が「米債売るぞ、ゴルァ!」と言わない。

まあ、だから記者に小遣いでもやって、「中国が米国債売ったらどうするの?」とかやらせたのかもしれないですね。

日刊ゲンダイが、
==引用
「トランプ大統領は米国債の暴落を食い止めるため、裏で日本に買い支えを要請してくるでしょう。安倍首相が拒否できるとは思いません」
 米中貿易戦争の最終局面でババを引くのは日本かもしれない。
===
とか書いてるけど、別に「ババ」ではないでしょ。(しかも、聞いた専門家的な人が「株のテクニカル分析」で債券関係無いし。普通はメガバンの債券調査部かマクロエコノミストに聞くでしょ)

私なら投資先としておススメしちゃう(^▽^)

米国債みたいに、世界一の国家が保証しているボンドが暴落して安かったら全力で買っても、儲かるか世界の終わりに破綻するだけです。
だって、米国が債券償還できない時は、宇宙戦争でも起こって地球が終わる時でしょ。そのリスクなら取って投資してもいいけどな。(笑)
100で発行された米債が暴落して、80でも、50でも買えたら、償還日が来るのを待てば100で返ってくるわけです。

米国政府が存在する限り。

グリーンスパンも、「コナンドラム」とかカッコつけずに、「なんで俺が長期金利上げるといってるのに無視して買うやついるんだよ」と正直に語ればよかったのにね。マエストロと呼ばれた見栄だったのでしょうか。

しかし、私が学生の時に騒がれたネタが、まだ続いているとは歴史は面白いなー。

中国が進める電力監視&インフラテロシステム (25)

台湾の中共御用達新聞中国時報が「台湾の電力システムを中国に合わせる110V⇒220Vという画期的な計画」を報じました。

スマートグリッドで各家庭の電力を管理しながら仕えて省エネだし、電気は中国から送られてくるので台湾は発電所が要らなくなって中国様様ですねという話だが。



台湾送電 各家庭に工事をするとか、電力監視のスマートグリッド導入とか言ってますが、110Vから220Vにわざわざ交換する意味がよく分かりません。

そもそも送電する時は高い電圧で送って、途中で変圧するわけですから220Vに合わせなくてもいいわけです。

というか、中国に飲み込まれないよう米国に守ってもらう立場にある台湾が、生命線であるインフラを中国に繋ぐとかおかしい話です。

最近、スーパーマイクロのサーバーからマイクロチップが出てきましたが、あれはハッキングが電源経由で行われている可能性を示唆するものであり、そのリスクはまだ拭いきれていないわけです。

中国のホテルについている電源ケーブルで充電すると、ケーブル経由でハッキングされるという被害もあります。

ファーウェイに変わる通信監視システムは送電線から来るかもしれません。

台湾はこれを画期的なシステムだから、日本も使うべきだと報道しているようですが、そんなものを受け入れるのか?と思いつつも、ちょっと待て。

そういえば、数カ月前にソフトバンクがモンゴルから送電線を引くと言ってたような・・・

ソフトバンク送電

これも怪しいですよね。
砂漠の砂を被ると太陽光パネルは発電効率が落ちるし、中国の風力発電は中国人の友達と見に行きましたが「風力発電のプロペラ回す為にすごい電力が必要なんだ」と語るに落ちてたのが気になります。(笑) 

ホンマにエコな発電か?みたいな。

さらに怪しいのが長距離送電は送電ロスがあるから「もったいない」ということです。

しかも、この送電技術、そもそも日本のUHV技術ではないでしょうか・・・
と思いましたけど。

日本の電力は日本国内で賄うのが安全保障上当然だし、中国の電力すら足りてなくて停電しているのに、その中国通過したら電力泥棒に余裕で遭うんじゃないんですか。昔、鉄鋼の価格が上昇した時は、鉄塔を切り倒して盗む窃盗団が現れた国ですよ。

しかも、ゴビ砂漠って解放軍の秘密基地があるとか噂の変な場所(-_-;)

・長距離は送電損失が大きい
・中国は電力足りてない

そして、送電線敷設コストはいくらなのか?
回収できるのか?

等の謎を残すニュースです。
リニアは採算が見込まれているのに「赤字になる」と報道されている一方で、これこそ採算に合うの?とは報じないのは謎ですね。

送電線経由、スマートグリッド経由での各家庭の監視やハッキングが可能になるインフラともなりえます。
そして、監視だけならいいですが、有事にインフラテロに使われたら大変ですよね。

今後の動向に注意です。

『生産性』、悲しい現実と優しい未来のパラドックス②  (24)

労働投入量の議論につづきます。※想定されるものね。


尾辻かな子議員が「生産性」を「生きる価値がない」にすり替えたために、「生産性」を語ることにすら「炎上したらめんどくさい」と思う雰囲気が漂ってます。

 

しかし、国を運営する国会議員が「生産性」を議論しにくい雰囲気を作るのは、「社会福祉の財源となる財源形成の為の生産性の否定」になりかねません。

 

それどころか、尾辻かな子議員のツイートは「『弱者は生きる価値がないと言った』かのような議論のすり替え」で、それこそ生産性のない感情論に持ち込んでます。

 

立憲民主党からすれば、「日本人が子供を作らなくても、移民を労働者として受け入れ、或いは同性パートナーシップで移民を受け入れれば『労働投入量が増える』」という反論があるかもしれません。

 

しかし、現実はそう簡単でもありません。

賃金の安い単純労働の外国人が増えると、一人当たりが生み出す付加価値は下がります。

 

それだけでなく、


移民の流入量=労働投入量 にならないリスクもあります。

 

私も何度か就職しましたが、どんな単純労働でも仕事は大変で続かないことも多々あります。仕事がなくなって失業手当を受け取る、生活保護を利用して労働投入とならないケースも想定しないといけません。

 

一人当たりGDPGDP÷人口です。

この人口に外国人は入らないそうです。

 

ただ、国籍を取得しなくても日本は健康保険や社会保障が『国民並み』に受けられるので、「日本の社会保障=日本人の国富」へのアクセス権があるという観点からは、社会保障の財源を語るときは移民も「人口」として計算するべきだと私は考えます。

 

(社会保障使わないなら、入れなくていいと思う)

 

そうなると、GDPが成長せずに移民で人口が増えると一人当たりGDPが減ることになるので、社会保障の質が下がるリスクが潜在的に発生します。

 

一人当たりGDPが小さくなると、それだけではないです。

 

一人当たりGDPが小さい国は犯罪率が高く、乳幼児の死亡率も高い傾向にあります。それは、治安維持や社会保障にかけられる費用が減るからです。

 

単純労働の生産性を高め、一人当たりGDPを高める工夫をせずに、移民受け入れで全てが解決するかというとそんなにスムーズにはいかないと思います。

 

そこで考えられるのが「限られた財をどこに投資するのか」という議論です。

 

杉田議員は、地方公務員として児童福祉に力を入れてきて、社会福祉を充実させるためには「少子化対策」を優先すべきだという前提で、財の配分の投資先を将来の労働力となる子供であるべきだとしました。

 

それも大事だと賛成します。

 

ただ、私の考えは、

経済成長=労働投入量と資本投入量と全要素生産性

ならば、

 

イノベーションによって全要素生産性を向上させることが経済成長に繋がると思っています。それが、少子化が進行する日本において、残された社会福祉の手厚い国へとなれる道なのかと。そして、それは杉田さんの少子化対策に打ち込みたいという考え=一人当たりGDPの維持或いは成長による福祉の充実という考えと矛盾しません。

それは、経済成長式の中で、杉田論は労働投入量の増加、深田節は全要素生産性の向上で別のパラメーターだからです。

※「深田理論」とせずに「深田節」としたのは、理論としては未熟だから遠慮しました。

 

私は、トランプやピーターナバロのように、まずは「技術泥棒から技術を守る」というそれだけでも経済成長のマイナス要因はかなり抑制できると思っています。与党は、政策において知的財産も言及していますが、国家として私企業の知的財産を守る体制すらなっていないのに予算投入で開発した技術が盗難に遭うばかりでは、投資は回収できないと考えています。

 

だから、私は、技術流出の問題について、ここ数年書き続けているわけです。

 

10月2日の尾辻議員の集会でパネリストが「野党が弱すぎる」とおっしゃっていましたが、私たち国民は無支持、与党支持層含めて「まともな野党」を待ち望んでいます。

 

国民負担増を唱えるだけでなく、たまには「消費税増税反対」とでも言って、国民が与党にやめて欲しい事を大々的に唱えてくれるような、与党の政策に活を入れてくれる野党の出現をお待ち申し上げております。


財源について議論せずに、「救済」と言われても国民負担が増えるだけですし、現に増え続けています。社会保障を外国人に「フリーライド」させる仕組みを作ったのは旧民主党です。


社会福祉を充実させるために「生産性」向上で財源を確保しようという、真っ当な議論ができる野党を切望しています。、

 


 

プロフィール

fukadamoe

Author:fukadamoe
深田萌絵(41歳)本名 浅田麻衣子
IT企業経営の傍ら、ITビジネスアナリストとして雑誌へ寄稿。

チップソリューション、自動車向けLidar代替ソリューション、3D認識システム、リアルタイムAIソリューション提供。
深田萌絵取材・講演依頼→moe.fukadaあっとまーくyahoo.com
開発・技術相談→infoあっとまーくrevatron.com


美術短大現代絵画科準学士、早稲田大学u政治経済学部国際政治経済学科卒。

TOEIC890、HSK5級、証券外務員一級、内部監査員、陸上特殊無線技士2級、航空特殊無線技士、マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
8位
アクセスランキングを見る>>